外来診察表  


阪大皮膚科・専門外来の紹介


アトピー外来 
  ●外用療法が不十分な患者さんに対しては、時間をかけて説明を行ない、悪化因子の検索、生活習慣の改善、服薬指導に努めています。
●外来治療でコントロール不良の方は可能な限り入院して頂き、外用指導、悪化因子の検討を行って頂いております。

●今後看護師、医療スタッフとの連携、患者教育プログラムの作成、病診連携を進めるとともに、新しい治療法の開発にも取り組んでいく予定です。
●学校でのシャワーの予防効果などの疫学的調査を基礎としたアレルギー疾患の予防も積極的に参入していきたいと考えております。
●安定期には紹介医の先生に治療して頂きます
   
膠原病外来
  ● 皮膚症状を主体とする膠原病疾患全般(皮膚のエリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン症候群、皮膚の血管炎など)を診療しております。
● 膠原病が疑われるが診断のつかない症例や皮膚症状のコントロール不良な症例を対象として診断、治療方針、経過観察指標などの結論を出す事を目標に診療しております。
●合併する疾患、症状には専門医の先生を紹介し、一緒に診療に当たらせて頂き、患者さんのトータルケアを目指して診療しております。
●安定期には紹介医の先生に治療して頂きます
   
接触皮膚炎・パッチテスト
  A「私市販の消毒、塗り薬、ゴムでかぶれるの」
B「サクラソウの植え替えをしていたら、手や顔が赤くなった」
C「最近お化粧品やシャンプーにかぶれちゃうの」(接触皮膚炎)
D「歯を治療してから唇や口の中の調子が悪いの。(扁平苔癬)」
E「手足のぶつぶつが治らなくって(掌蹠膿疱症)」
F「ネックレスにかぶれる(金属アレルギー)」
G「くすり飲んだら全身にぶつぶつでた(薬疹)」このような方々はぜひ当科にご相談を。アレルギーの原因物質と思われるものを希釈したものを背中に貼り付けるパッチテストを行っています。スタンダード(一般的にかぶれやすいもの)歯科金属、歯科材料、金属等を検査用に希釈したものを用意しているほか、持参品、薬剤についても検査致します。
   
脱毛症外来
  ホームページ 
   
特殊外来
  表皮水疱症の外来です。特に先天性表皮水疱症を中心に、生活指導や病因論からの治療法を説明しております。骨髄間葉系幹細胞を利用したの臨床研究も準備が進んでいます。
   
遺伝病外来
  結節性硬化症(ブーヌビーユ・プリングル病)、神経線維腫症などの遺伝性母斑症・神経皮膚症候群を中心とした遺伝病外来です。皮膚にできた腫瘍に対するレーザー治療による外科的治療の他にも、新規のラパマイシン外用薬を用いた治療(治験・臨床研究)などを行っております。
   
乾癬外来
  炎症性角化症を中心とした外来です。外用療法 (ビタミン D3 軟膏、ステロイド軟膏) 症状に応じて PUVA 療法、Narrow-band UVB療法、ビタミン A 誘導体 (レチノイド) や免疫抑制剤 (シクロスポリン) の内服、新規治療の生物学的製剤を適宜併用して治療しています。患者さん個々の背景を考え、ライフスタイルに合わせた治療選択を推進します。
紫外線治療では全身照射型の高出力のNarrow-band UVB(Waldmann社)で、短時間で高い効果を得られております。デルマレイ半身型の機器と、ターゲット型のエキシマランプも導入されて、光線治療も3本柱で治療に取り組んでおります。
   
白斑外来
  主に尋常性白斑の診療を行っています。色の抜ける色素異常症には先天性と後天性があり、それぞれ多くの疾患が含まれます。そこで、まずは疾患の鑑別を十分に行います。ちなみに、尋常性白斑は後天性の脱色素性疾患に属しています。治療については以下の手順で行います。

1) 疾患鑑別・関連疾患の有無を行う
2) 尋常性白斑と診断した症例に対して、発症時期・病型・年齢・部位・関連疾患の有無・治療歴などの情報を詳細に入手する
3) それらを総合的に考慮し、
@ ステロイド・ビタミンD3製剤・免疫抑制剤などの外用療法
A narrow-band UVB療法・エキシマライトを用いた紫外線療法
B @+A併用療法
C 難治例・分節型・安定期の白斑には水疱蓋表皮移植法・皮膚パンチ移植法などの外科的療法も積極的に行っています
ご紹介は月曜日もしくは水曜日午前中にお願い申し上げます。
   
腫瘍外来
  悪性黒色腫と皮膚リンパ腫を中心として、皮膚悪性腫瘍全般を取り扱っています。外科的治療を中心に、化学療法、放射線療法などを行っております。(種村・横見・田中(文)・山田)
皮膚腫瘍外来の紹介

●リンパ腫外来(谷)皮膚に発生するリンパ球(血球)の腫瘍を中心とした外来です。悪性腫瘍に含まれますが、病型によっては非常に緩徐に進行する病態で、治療に関しては外用療法、紫外線療法を中心に診療しております。皮膚から始まる血液腫瘍は当外来でマネージメントいたします。
   
フットケア外来
  フットケア外来では下肢静脈瘤の診断のほか、高周波超音波装置(エコー)を用いて皮膚皮下腫瘤の診断を行っています。
   
発汗外来
  発汗異常症(多汗、乏汗、無汗)の患者様に対しても随時ご相談を受け付けております。
特に限局性多汗症については日本皮膚科学会のガイドラインに基づいた検査、治療を行っております。



←診察表は変更されることがあります。附属病院HPで要確認