教授挨拶

 ご挨拶
大阪大学皮膚科教授
片山 一朗

 私は平成16年の3月1日付けにて吉川邦彦名誉教授の後任として、伝統ある大阪大学医学部皮膚科学講座を担当させて頂くことになりました。
 大阪大学皮膚科学教室は1903年櫻根孝之進初代教授による教室開講から数えまして私で7代目になる日本でも有数の伝統ある皮膚科学講座です。
 教授就任時に申し上げました今後の教室の方向性と私の皮膚科学に対する考え方を述べさせて頂きます。
 着任当初私自身はドイツ型の臨床を重視し、その中から阪大発の新しい治療を作っていくことを目標として挙げました。スーパーローテートシステムの導入で2年間のブランクが生じましたが、関係者各位のご尽力で、関連病院の専門性、特徴がはっきりして参りました。若い先生達にはそれぞれの病院をローテートすることで部長の専門分野を勉強して頂き、皮膚科医としての腕を磨き、その中から生まれた疑問点や新しい医療技術、治療法のヒントを大学で解決していく姿勢を持って頂きたいと思います。その中でより良い病診連携での役割分担や研究への活力が生まれてくると確信しております。開業、病院、大学の役割分担の中で、今後大阪大学皮膚科学教室の果たす役割としては基礎研究の推進と難治性疾患の治療を担って行くこと、そのための人材の教育と育成、そしてその成果を地域はもとより世界の医療に還元していくことにあるかと思います。
 私の専門は免疫、アレルギー学であり、研究の中心はアトピー性皮膚炎、膠原病などのアレルギー、自己免疫疾患になるかと思いますが、私の恩師である西岡清先生(東京医科歯科大学名誉教授、横浜市立みなと赤十字病院院長)の言葉「免疫学は非常にflexibleな学問で、何を研究しても良い」を折にふれ思い出します。私自身は東京医科歯科大学で現在臨床応用が進んでいるアトピー性皮膚炎に対するデコイSTAT6や強皮症に対するHGFを用いた遺伝子治療などの評価をするための動物モデルの作成に取り組んできましたが、治療としての方法論はメラノーマやリンパ腫などの悪性腫瘍、重症の乾癬、白斑、先天性皮膚疾患など皮膚科医が解決すべき難治性疾患の治療に広く応用していくことが可能と考えております。阪大には未来医療センターというまさに未来に向けた医療を開発することを目標とした素晴らしい施設があります。若い先生方には是非皮膚科学をしっかり学んで頂き、大阪大学という素晴らしい場所で新しい方法論により、世界に発信しうる大阪発の新しい治療を作って頂きたいと思います。
 着任時から3年の時間が経過し、医療政策改革による診療形態の大きな変化への対応、新研修制度開始による医療の再編と新しい医師教育システムの開始、立ち去り方サボタージュという流行語に代表される勤務医の職場離脱による診療、研究の活力低下など開業、病院勤務医、大学とそれぞれの立場で大変な時代になりつつありますが、皮膚疾患に苦しむ患者さんは多く、より有効な治療を常に求めて来院されます。全国の若い先生方の大阪大学皮膚科学教室への参加を期待する次第です。

○コラム 次世代の皮膚科医をどう育てるか?