学会参加印象記

第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 横見明典

6/29~30、第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会「The Cutting Edge in Skin Cancer」に参加しました。札幌で涼しい印象で向かいましたが、大阪より湿度は低いですが夏日で大変暑い日でした。学会会場内も外の気温と同様に熱気こもる学会で大変勉強になりました。今回は主幹が北海道大学形成外科のため、形成外科の視点より皮膚悪性腫瘍に対する考えも学べ(基本的姿勢は同じですが)、今までになく新鮮でした。今回、大阪大学からは4演題報告させてもらい、私はPaget現象の演題を報告させてもらいました。同セッションでは形成外科医、皮膚科医共に活発な討論があり大変盛り上がりました。他のセッションでも多くの先生の発表を聞かしてもらい、皮膚悪性腫瘍に対する治療への情熱を伺うことができました。また、多くの先生方の今までの経歴、経験を聞かしてもらい、今ある自分自身、また今後目標とすべき悪性腫瘍専門医としての自分自身について考えることができた学会でした。学んだ多くのことを日常診療へフィードバックができるよう日々精進したいと思います。
(写真は札幌名物「スープカレー」)
 
2012年6月29~30日(札幌)
平成24(2012)年7月19日掲載