医局員コラム

9th World Congress on Itch
October 15-17, 2017
Wroclaw, Poland
大阪大学医学部皮膚科学教室
大学院博士課程
奥田 英右





ポーランドのヴロツワフで開催されました第9回世界かゆみ学会に参加させていただきました。今回海外の学会に初めて参加させていただいたのですが、Discussionも活発にされており、海外の学会の雰囲気に触れることができました。 阪大の新入生を対象にしたアトピー検診についてポスター発表をさせていただきました。
学会では、様々な発表がされており最近の知見に触れることができました。
▷アップルウオッチを用いたかゆみ研究では、計測された掻破時間とビデオを用いた実際の掻破時間の間には相関した関係がみられる。▷乾癬, アトピー性皮膚炎の病変部位において、透明化技術を用いて神経の数, フィラメントの長さを解析できる。
 学会開催前に皮膚科施設を訪問させていただき、皮膚科学の発展に貢献された先生方のお話について伺いました。 皮膚科施設では、外来診察室など様々なところを見学させていただきました。 ムラージュでは、様々な病気の描写がなされており、その精巧さに驚きました。
 今回のオープニングセレモニーの開催された博物館の横には、学会の表紙にもでてくる銅像がありました。オープニングセレモニーでは、plenary sessionのほかに、ピアノコンサート等のイベントもありました。合唱、アカペラもあり楽しい雰囲気でした。また、学会期間中に他大学の先生方と交流させていただくことができました。かゆみの研究内容について、意見を交わすことができ有意義な時間を過ごすことができました。




ヴロツワフの小人 Wroclaw University


奥田 英右
平成29(2017)年10月25日掲載