大阪大学医学部皮膚科学教室論文業績集(1979〜2003年)

Immunological aspects of Clq in sera of a patients with cutaneous vasculitis and collagen diseases

Sano,S., Shinkai,H., Yonemasu,K.
Acta Dermotovenereol.
59:33
1979年(昭和54年)
 
Acidic glycosaminoglycans in skin and urine of a patient with wide-spreaded lichen sclerosus et atrophicus
Yoshima,H., Shinkai,H., Sano,S., Homma,M.
Arch.Derm.Res.
263:59
1979年(昭和54年)
 
Effect of antiandrogens on the binding of androgen to cytosol and nuclei of hamster sebaceous glands
Takayasu,S.
Arch.Dermatol.Res.
264:49
1979年(昭和54年)
 
Hydroxylysin linked glycosides of human coomplement subcomponent Clq and of various collagens
Shinkai,H., Yonemasu,K.
Biochem.J.
177:
1979年(昭和54年)
 
Gingival fibromatosis and multiple hyaline fibromas
Witkop,C,J., Drescher,E., Kitano,Y.
Birth Defect Compen-dium,2nd ed,Bergsma,D.Ed.(Alan R.Liss,Inc.,New York) 
463
1979年(昭和54年)
 
Brilliant Lake Red R as a cause of pigmented contact dermatitis
Kozuka,T., Tashiro,M., Sano,S., Fujimoto,K., Nakamura,Y., Hashimoto,S., Nakaminami,G.
Contact Dermatitis
5:297
1979年(昭和54年)
 
DNA repair and clinical characteristics of 96 xeroderma pigmentosum patients in Japan.
Takebe,H., Fujikawa,Y., Sasaki,M., Satoh,Y., Kozuka,T., Nikaido,O., Ishizaki,K., Arase,S., Ikenaga,M.
DNA Repair Mechanisms Hanawalt,P.C.et al.eds.(Academic Press)
617
1979年(昭和54年)
 
Keratinization of human epidermal cells in culture
Kitano,Y.
Int.J.Dermatol.
18:787
1979年(昭和54年)
 
Metabolism and actiom of androgen in the skin
Takayasu,S.
Int.J.Dermatol.
18:681
1979年(昭和54年)
 
A seroepidemiological study on varicella-zoster virus
Hata,S.
International Congress Series 'Dermatology'
451:473
1979年(昭和54年)
 
Epidermal cell membrane as the origin of pemphigus antigen
Nishioka,K., Hashimoto,K., Katayama,I., Kikkawa,A., Sano,S.
J.Derm.
5:149
1979年(昭和54年)
 
Complement fixing antibody to varicella-zoster virus in different age groups
Hata,S.
J.Dermatol.
6:197
1979年(昭和54年)
 
Activity of testosterone 5α-reductase in the hair follicles of women with polycystic ovaries
Miyazaki,M., Takayasu,S., Karakawa,T., Aono,T., Kurachi,K., Matsumoto,K.
J,Endocr.
78:445
1979年(昭和54年)
 
Angiogenic activity in culture supernatant of antigen-stimulated lymph node cells.
Nishioka,K., Katayama,I.
J.Pathology
126:63
1979年(昭和54年)
 
アルギー性接触皮膚炎について
西岡  清
J.SCCJ
12:5
1979年(昭和54年)
 
Androgen binding to cytosol and nuclei of hamster sebaceous glands
Takayasu,S.
J.Steroid Biochem.
9:181
1979年(昭和54年)
 
Two Japanese kindreds of familial hypercholesterolemia including homozygous cases:A report of cases,and studies on serum-lipoproteins and enzymes
Yamamoto,A., Endo,A., Kitano,Y., Okada,A., Ishikawa,K., Kuroshima,T., Kaneko,I.
Jap.J.Med.
17:230
1979年(昭和54年)
 
光線過敏症
西岡  清
Medicina
15:1620
1979年(昭和54年)
 
A sixth complementation group in xeroderma pigmentosum
Arase,S., Kozuka,T., Tanaka,K., Ikenaga,M., Takebe,H.
Mutation Research
59:143
1979年(昭和54年)
 
Endocrine and androgen-receptor studies in a patient with XY gonadal agenesis
Aono,T., Kurachi,H., Kinugawa,T., Takayasu,S., Matsumoto,K., Kurachi,K.
Obst.Gynecol.
54:762
1979年(昭和54年)
 
人皮脂腺の testosterone 5α-reductase
高安  進  脇本  博 (阪大癌研)   板見  智
Proc.C.Derm.Res.
3:45
1979年(昭和54年)
 
Cutaneous T cell lymphoma の1例
井上 佳子  橋本 公二  西岡  清
Proc.C.Derm.Res.
4:47
1979年(昭和54年)
 
Androgen binding to nuclei of hamster sebaceous glands
Takayasu,S.
Procedings of the XV International Congress of Dermatology Gonzales-Ochoa,A.et al,eds,(Excerpta Medica) 
306
1979年(昭和54年)
 
Acne-aid 石鹸, oilatum 石鹸の皮膚刺激性について (第2報)
西岡  清
基礎と臨床
12:285
1979年(昭和54年)
 
ステロイド外用剤“トリシノロンクリーム”の使用経験について−湿疹・皮膚炎の症例を中心として−
橋本 公二  晒 千津子  西岡  清
基礎と臨床
13:M3963
1979年(昭和54年)
 
皮膚のムコ多糖, 代謝異常症
佐野 榮春
「現代皮膚科学大系」 全20責任編集 (中山書店)
 
1979年(昭和54年)
 
アレルギー疾患における皮膚の特異性
西岡  清
「現代皮膚科学大系」 全身と皮膚1 (中山書店)
2:217
1979年(昭和54年)
 
帯状疱疹
畑 清一郎
今日の治療指針1978年度版 (医学書院)
502
1979年(昭和54年)
 
微量定量法による人皮脂腺の testosterone 5α-reductase 活性の測定
高安  進
財団法人日本リディアオリリー協会53年度年報
93
1979年(昭和54年)
 
尋常性狼瘡の1例
藤本 圭一  橋本 誠一  小塚 雄民
住友病院医学雑誌
6:132
1979年(昭和54年)
 
化粧品皮膚炎 (第3報)
小塚 雄民  田代  実  藤本 圭一  橋本 誠一  中村 由美
昭和52年度医薬品等の副作用に関する調査研究報告書
 
1979年(昭和54年)
 
昭和50・51年大阪府膠原病死亡統計昭和45〜49年への追加と対比
佐藤 健二
昭和52年度膠原病調査研究結果報告書
116
1979年(昭和54年)
 
大阪府SLE患者追跡調査, その1症状とステロイド治療について
佐藤 健二  田代  実
昭和52年度膠原病調査研究結果報告書
94
1979年(昭和54年)
 
化粧品皮膚炎 (第4報)
小塚 雄民  田代  実  藤本 圭一  中村 由美  橋本 誠一
昭和53年度医薬品等の副作用に関する調査研究報告書
35
1979年(昭和54年)
 
先天性結合織疾患の解析−プロコラーゲンのプロコラーゲン ペプチダーゼによるコラーゲン分子転換機構について
佐野 榮春  新海  浤  高安  進
昭和53年度文部省特定研究 「難病」 班研究業績
623
1979年(昭和54年)
 
皮膚の疾患
佐野 榮春
「図説臨床婦人科講座老人婦人学」 坂本正一他編 (メジカルレビュー社)
 
1979年(昭和54年)
 
皮膚糸状菌試験用培地 (DTM)の使用経験
高安  進  新海  浤  赤木 正志
西日本皮膚
41:291
1979年(昭和54年)
 
家族性高コレステロール血症ならびに結節性黄色腫の数家系について遺伝的, 臨床的, 病因論的考察
山村  卓  首藤 弘史  三杉  進  松沢 佑次  石川 勝憲  山本  章  喜多野征夫  遠藤  章  金子  勲  島田 葉子
動脈硬化
6:83
1979年(昭和54年)
 
水疱性類天疱瘡の組織学的検討
渡辺 淳子  橋本 公二  西岡  清
日皮会誌
89:461
1979年(昭和54年)
 
先天性結合織代謝異常症
佐野 榮春
日皮会誌
89:955
1979年(昭和54年)
 
ラノリン−その化学とアレルギー性
小塚 雄民
日皮協ジャーナル
2:13
1979年(昭和54年)
 
皮膚血管炎の臨床−とくに治療について−
佐野 榮春  晒 千津子  城  良子  井上 佳子
日本医事新報
2897:21
1979年(昭和54年)
 
Mycobacterium marinum による皮膚感染症
三浦 淳子  高安  進  山本 正勝
皮膚
20:366
1979年(昭和54年)
 
コラーゲン及びコラーゲン蛋白の生物学的意義
佐野 榮春
皮膚
20:12
1979年(昭和54年)
 
化粧品皮膚炎における化粧品およびその構成成分の貼布試験成績 (第2報)
藤本 圭一  橋本 誠一  中村 由美  小塚 雄民  田代  実  奥村 雄司 
皮膚
20:235
1979年(昭和54年)
 
高カロリー輪液による亜鉛欠乏症
喜多野征夫
皮膚
20:519
1979年(昭和54年)
 
接触アルギーの局所他動転稼の試み
西岡  清  片山 一朗
皮膚
20:543
1979年(昭和54年)
 
大阪府下における皮膚難病の調査
青木 敏之  山田 瑞穂  奥村 雄司  浜田 稔夫  東  禹彦  平井 玲子  安原  稔  須貝 哲郎  佐野 榮春
皮膚
20:105
1979年(昭和54年)
 
尿素軟膏とトリアムシノロンアセトニドクリームとの併用療法
喜多野征夫  高安  進
皮膚
20:578
1979年(昭和54年)
 
尿素軟膏と副腎皮質ホルモン含有外用剤との併用療法
喜多野征夫  高安  進
皮膚
20:116
1979年(昭和54年)
 
Bufexamac 軟膏およびクリームの各種皮膚疾患に対する効果
畑 清一郎  橋本 公二
皮膚
21:59
1979年(昭和54年)
 
Pigmented contact dermatitis
小塚 雄民
皮膚
21:55
1979年(昭和54年)
 
Pigmented contact dermatitis
小塚 雄民
皮膚
21:89
1979年(昭和54年)
 
Werner 症候群の1例
岡田奈津子  久保 俊子  喜多野征夫  川津 智是
皮膚
21:173
1979年(昭和54年)
 
アゾ色素の偽称品
小塚 雄民  田代  実  中村 由美  中南  元
皮膚
21:289
1979年(昭和54年)
 
市販赤色225号による陽性貼布試験
小塚 雄民  田代  実  藤本 圭一  中村 由美  橋本 誠一  中南  元  
皮膚
21:293
1979年(昭和54年)
 
高齢者にみられた Black heel
晒 千津子  川津 友子  川津 智是 (愛媛大皮膚科)   永井 琢郎 (松山市)
皮膚科の臨床
20:396
1979年(昭和54年)
 
座談会 細胞性免疫と接触アルギー
北郷  修  西岡  清
皮膚科の臨床
20:647
1979年(昭和54年)
 
座談会第15回国際皮膚科会議−その印象と次回1982年へ向けて−
安田 利顕  清寺  真  戸田  浄  植木 宏明  新村 真人  西岡  清
皮膚科の臨床
20:271
1979年(昭和54年)
 
組織培養条件下での角化
喜多野征夫
皮膚科の臨床
20:641
1979年(昭和54年)
 
接触皮膚炎の考え方
西岡  清  片山 一朗
皮膚病診察
1:200
1979年(昭和54年)
 
ペチロミセス症 (カラーグラフ)
赤木 正志 (八尾市民)   高安  進  河上  清 (蚕糸試験場)
臨床検査
22:105
1979年(昭和54年)
 
Actinic reticuloid の1例
片山 一朗  西岡  清
臨床皮膚科
32:917
1979年(昭和54年)
 
関節痛, 末梢神経原生筋萎縮を合併した毛孔性紅色粃糖疹の1例
谷垣 武彦  渡辺信一郎 (阪大3内)   遠藤 秀彦 (兵医大)
臨床皮膚科
32:1017
1979年(昭和54年)
 
長い経過を経て癌化した尖圭コンジロームの1例
谷垣 武彦  遠藤 秀彦 (兵医大)
臨床皮膚科
32:1071
1979年(昭和54年)
 
Bromoderma の1例
奥村 睦子  志賀 暁子  穀内 純江  小塚 雄民
臨床皮膚科
33:229
1979年(昭和54年)
 
皮膚腫瘍に伴う続発性皮膚アミロイド症
岡田奈津子  喜多野征夫
臨床皮膚科
33:387
1979年(昭和54年)
 
金療法中に出現した肺野の多発性結節影
曽根 修輔  東原 真郎  森本 静夫  横田 侃児  池添 潤平  川西 克幸  喜多野征夫
臨床放射線
24:489
1979年(昭和54年)
 
A new method of reconstruciton in microtia, with emphasis on conchal creation
Matsumoto,K..
Annals of Plastic Surg.
5:51
1980年(昭和55年)
 
Skin test with varicella-zoster virus antigen on herpes zoster patients
Hata,S.
Arch. Dermatol. Res.
268:65
1980年(昭和55年)
 
Sweet's syndrome in infancy
Itami,S., Nishioka,K.
Brit. J. Derm.
103:449
1980年(昭和55年)
 
Metabolism of benzo 〔a〕 pyrene in human epidermal kratinocytes in culture
Kuroki,T., Nemoto,N., Kitano,Y.
Carcinogenesis Eds.Pullman,B.(D.Reidel Pub,Co.)
1:559
1980年(昭和55年)
 
Chronic pigmented purpura induced by chemical substances
Nishioka,K., Sarashi,C., Katayama,I.
Clinical Experimental Dermatol.
5:213
1980年(昭和55年)
 
Thermal stability of glucose-6-phosphate dehydrogenase in cultured epidermal keratinocytes
Okada,N., Kitano,Y.
Clinical Research
28:577
1980年(昭和55年)
 
Pigmented contact dermatitis from azo dyes I. Cross-sensitivity in humans
Kozuka,T., Toshiro,M., Sano,S., Fujimoto,K., Nakamura,Y., Hashimoto,S., Nakaminami,G.
Contact Dermatitis
6:330
1980年(昭和55年)
 
Use of human epidermal keratinocytes in studies on chemical carcinogenesis
Kuroki,T., Nemoto,N., Kitano,Y.
Fundamental Mechanism & Environmental Effect-Carcinogenesis Eds. Pullman, B. (D.Reidel Pub.Co.)
1:417
1980年(昭和55年)
 
HLA antigens in dermatitis herpetiformis among Japanese
Hashimoto,K., Miki, Y. Nishioka,K., Nakata, S., Matuyama,M
J. Drematol.
7:289
1980年(昭和55年)
 
Incontinentia pigmenti achromians(Ito)
Hata,S., Endo,H., Yabuuchi H
J. Drematol.
7:49
1980年(昭和55年)
 
Activity of testosterone 5α-reductase in various tissue of human skin
Takayasu,S., Wakimoto,H., Itami,S., Sano,S.
J. Invest. Dermatol.
74:187
1980年(昭和55年)
 
培養ケラチノサイトのbenzo 〔a〕 pyrene 代謝
喜多野征夫  黒木登志夫
Jap. J. Invest. Dermatol.
5:63
1980年(昭和55年)
 
湿疹, 皮膚炎群に対するヒスタグロビン大量療法の有効性の検討
喜多野征夫  橋本 公二  高安  進  岡田奈津子  藤本 圭一  橋本 誠一
基礎と臨床
14:1317
1980年(昭和55年)
 
接触アレルギーの発生機序一免疫担当細胞と制御機構について
西岡  清
現代皮膚科学大系13巻湿疹・痒疹・蕁麻疹
45
1980年(昭和55年)
 
尋常性白斑
喜多野征夫
今日の治療指針1980 石山俊次, 日野原重明, 阿部正和編
540
1980年(昭和55年)
 
頭部・顔面の morphea  (斑状強皮症) の1例
玉置 弘光  谷垣 武彦
耳鼻咽喉科
52:383
1980年(昭和55年)
 
伝染性軟属腫・疣贅
谷垣 武彦
小児内科
11:517
1980年(昭和55年)
 
化粧品皮膚炎 (第5報)
小塚 雄民  田代  実  中村 由美  市原 総子  中南  元
昭和54年度医薬品等の副作用に関する調査研究報告書
 
1980年(昭和55年)
 
副腎皮質モルモン外用剤の副作用−ステロイド皮膚炎とステロイド$3002瘡に対する医師の関与等について−
佐藤 健二
昭和55年度医薬品等の副作用に関する調査研究報告書
 
1980年(昭和55年)
 
ヒト表皮角化細胞の化学発癌研究への応用
黒木登志夫  根本 信雄  喜多野征夫
組織培養
6:278
1980年(昭和55年)
 
皮膚科領域における組織培養−現状と展望−
喜多野征夫
組織培養
6:253
1980年(昭和55年)
 
血管性紫斑
西岡  清
内科
46:572
1980年(昭和55年)
 
本邦における自己免疫性水疱症患者のHLA抗原について
橋本 公二
日皮会誌
90:405
1980年(昭和55年)
 
Anhydrotic ectodermal dysplasia
岡田奈津子  喜多野征夫
皮膚
22:191
1980年(昭和55年)
 
Eccrine poroma
畑 清一郎  多田 正憲
皮膚
22:275
1980年(昭和55年)
 
Mycobacterium marinum 感染症の1例
横見 育子  畑 清一郎
皮膚
22:56
1980年(昭和55年)
 
アゾ色素による職業性接触皮膚炎の1例
藤本 圭一  中村 由美  橋本 誠一  小塚 雄民  田代  実  中南  元 
皮膚
22:414
1980年(昭和55年)
 
ガスクロマトグラフィーによる Sudan Iの定量 (予報)
市原 総子  田代  実  小塚 雄民  中村 由美  中南  元
皮膚
22:383
1980年(昭和55年)
 
ハムスターチークパウチにおける Immune complexによる血管反応の観察
晒 千津子  西岡  清
皮膚
22:101
1980年(昭和55年)
 
各種皮膚疾患に対する Amcinonide 軟膏およびクリームの治療効果
畑 清一郎  谷垣 武彦  橋本 公二
皮膚
22:641
1980年(昭和55年)
 
皮膚血管病変における血液および血漿粘稠度の意義
西岡  清  晒 千津子
皮膚
22:114
1980年(昭和55年)
 
毛包嚢腫様構造を伴ったケラトアカントーマ様腫瘍
片山 一朗  晒 千津子  西岡  清
皮膚
22:231
1980年(昭和55年)
 
陰部疱疹の治療
畑 清一郎
皮膚病診療
2:749
1980年(昭和55年)
 
紫斑型薬疹
西岡  清  中村 俊孝
皮膚病診療
2:41
1980年(昭和55年)
 
紫斑病診療における皮膚科医の役割
草川 三治  西岡  清  安田 利顕
皮膚病診療
2:264
1980年(昭和55年)
 
接触皮膚炎に働く免疫担当細胞
片山 一朗  西岡  清
皮膚病診療
2:485
1980年(昭和55年)
 
T細胞リンパ腫−羊赤血球受容体を持つ腫瘍細胞を検出し経過中 Pneumocystis Carinii 肺炎を合併した症例
片山淳子  西田健樹  西岡 清
臨床皮膚科
34:375
1980年(昭和55年)
 
ヘルパーT細胞機能を有した菌状息肉症の1例
小林 与一  板見  智  橋本 公二  西岡  清  谷口 信博
臨床皮膚科
34:1139
1980年(昭和55年)
 
乳頭部微細膿瘍を示した水疱性類天疱瘡
久保 俊子  橋本 公二  西岡  清
臨床皮膚科
34:51
1980年(昭和55年)
 
肘頭部に発生した若年性黒色腫
城  良子  西岡  清  佐野 榮春
臨床皮膚科
35:375
1980年(昭和55年)
 
The course of culture of human keratinocytes:Increase of heat-labile fraction of glucose-6-phosphate dehydrogenase
Kitano,Y., Okada,N.
Acta Dermatovener. (Stockh.)
61:385
1981年(昭和56年)
 
Heat-Iabile glucose-6-phosphate dehydrogenase in cultured fibroblasts from patients with De Sanctis-Cacchione Syndrome
Okada,N., Kitano,Y.
Arch. Dermatol. Res.
271:341
1981年(昭和56年)
 
Surgical repair of congenital ear lobe cleft
Matsumoto,K.
Brit. J. Plast. Surg.
34:410
1981年(昭和56年)
 
Effects of cholera toxin on proliferation of cultured human keratinocytes in relation to intracellular cyclic AMP levels
Okada,N., Kitano,Y.
Clin. Res.
29:A610
1981年(昭和56年)
 
A modified technique of guinea pig testing to identify delayed hypersensitivity allergens
Sato,Y., Katsumura,Y., Ichikawa,H., Kobayashi,T., Kozuka,T., Morikawa,F., Ohta,S.
Contact Dermatitis
7:225
1981年(昭和56年)
 
Possible binding of epidermolytic toxin to a subcellular fraction of the epidermis
Nishioka,K., Katayama,I., Sano, S.
J. Derm
8:7
1981年(昭和56年)
 
Glycosaminoglycan in the skin and urine of a Hunter syndrome patient with a specific skin lesion
Nakamura,T., Nishida,K., Matsuda,K., Kitano,Y., Sano,S., Yutaka,T.
J. Derm.
8:447
1981年(昭和56年)
 
Suppression of contact sensitivity by IgG1 antihapten antibody in contact-sensitized guinea pigs
Katayama,I., Nishioka,k.
J. Invest. Derm.
76:197
1981年(昭和56年)
 
Ultra violet sensitivity of cultured skinfibro-blasts from patient with epidermodysplasia verrruciformis
Ikenaga,M., Tanigaki,T.
J. Rad. Res.
22:14
1981年(昭和56年)
 
The recovery of colony-forming ability and the rate of semi-conservative DNA synthesis in ultraviolet-irradiated Cockayne and normal human cells
Ikenaga,M., Inoue, M., Kozuka,T., Sugita,T.
Mutation Research
91:87
1981年(昭和56年)
 
培養細胞の社会学
喜多野征夫  杉野 幸夫編
サイエンティフィク
 
1981年(昭和56年)
 
熱傷瘢痕の治療
松本 維明
救急医学
5:1673
1981年(昭和56年)
 
Werner 症候群
喜多野征夫  岡田奈津子
「現代皮膚科学大系」 代謝・内分泌異常症T
19:93
1981年(昭和56年)
 
若年性ヒアリン線維腫症
喜多野征夫
「現代皮膚科学大系」 代謝・内分泌異常症T
19:58
1981年(昭和56年)
 
皮膚組織の培養
喜多野征夫
「現代皮膚科学大系」 臨床検査U
4:186
1981年(昭和56年)
 
ウイルス
畑 清一郎
「現代皮膚科学大系」 臨床検査T (中山書店)
4:119
1981年(昭和56年)
 
脱毛症
喜多 野征夫
「今日の治療指針1981」
611
1981年(昭和56年)
 
Parabenによる接触皮膚炎
小塚 雄民  市原 総子  田代  実  藤本 圭一  中村 由美  橋本 誠一  
治療
63:2000
1981年(昭和56年)
 
帯状ヘルペス
畑 清一郎
「小児科診療Q&A」
1436
1981年(昭和56年)
 
Widespread discoid lupus erytematosus様皮疹を呈したmixed connective tissue disease (MCTD)
小林 与市  西岡  清  佐野 榮春
昭和55年度特定疾患調査研究結果報告書
225
1981年(昭和56年)
 
鞏皮症におけるリンホカインの役割
小林 与市  西岡  清  佐野 榮春
昭和55年度特定疾患調査研究結果報告書
211
1981年(昭和56年)
 
水疱性類天疱瘡における Eosinophic spongiosis
西岡  清  晒 千津子  佐野 榮春
西日本皮膚
43:1138
1981年(昭和56年)
 
線維芽細胞に作用するリンホカインの検討
西岡  清  小林 与市  山本 富子  佐野 榮春
日皮会誌
91:1754
1981年(昭和56年)
 
湿疹反応の免疫学的背景
西岡  清
日皮会誌
91:1498
1981年(昭和56年)
 
体外培養における表皮・真皮相互作用
喜多野征夫
日皮会誌
91:1688
1981年(昭和56年)
 
帯状疱疹−免疫と治療−
畑 清一郎
日皮会誌
91:1577
1981年(昭和56年)
 
天疱瘡における抑制性リンパ球能について
橋本 公二  井上 佳子  晒 千津子  西岡  清
日皮会誌
91:569
1981年(昭和56年)
 
天疱瘡のHLA-DR抗原について
橋本 公二  西岡  清  白倉 良太  松山 正経  宮島 哲也
日皮会誌
91:155
1981年(昭和56年)
 
女子顔面黒皮症−その研究の軌跡
小塚 雄民
日本化粧品技術者会誌
15:5
1981年(昭和56年)
 
全身性強皮症の腎クリーゼにおけるカプトプリル投与の一例−全身性強皮症での病変皮膚温へのカプトプリルの効果−
後藤 精司  荻原 俊男  波多  丈  円山アンナ  中   透  中丸 光昭  三上  洋  舛尾 和子  熊原 雄一  船井 龍彦
日本腎臓学会誌
23:1133
1981年(昭和56年)
 
皮膚−皮膚における細胞社会
喜多野征夫
「培養細胞の社会学」 サイエンティフィク
78
1981年(昭和56年)
 
Betamethasone-17-valerate ゲルおよびクリームの臨床的研究
Betamethasone-17-valerate ゲル臨床研究班 (執筆 小塚雄民)
皮膚
23:562
1981年(昭和56年)
 
Darier 病
加藤 純子  喜多野征夫
皮膚
23:1
1981年(昭和56年)
 
Darier 病の1例 レチノイドRo10−9359の著効例
加藤 純子  市原 総子  岡田奈津子  喜多野征夫
皮膚
23:103
1981年(昭和56年)
 
Sudan I 定量法の検討−GC-MSによる定量
小塚 雄民  市原 総子  田代  実  藤本 圭一  中村 由美  橋本 誠一  中南  元
皮膚
23:456
1981年(昭和56年)
 
眼皮膚型白皮症 Oculocutaneous albinism
喜多野征夫
皮膚
4:119
1981年(昭和56年)
 
水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症 Bullous typed ichthyosiform erythroderma
西井美代子  喜多野征夫
皮膚
23:183
1981年(昭和56年)
 
肉芽腫性口唇炎
畑 清一郎  市原 清志
皮膚
23:13
1981年(昭和56年)
 
非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症 Non−bullous typed ichthyosiforme erythroderma
西井美代子  喜多野征夫
皮膚
23:181
1981年(昭和56年)
 
毛細血管拡張性肉芽腫様外観を呈した有棘細胞癌
畑 清一郎  中尾 量保 伊藤 寿記  伊藤 武彦
皮膚
23:11
1981年(昭和56年)
 
Multicentric reticulohistiocytosisの1例
晒 千津子  山村 弟一  佐野 榮春
皮膚臨床
29:930
1981年(昭和56年)
 
巨大色素性母斑に発生した悪性黒色腫の1例
晒 千津子  城  良子  西岡  清
臨床皮膚科
35:587
1981年(昭和56年)
 
昭和54年7月に鳥取県下で集団発生した海水浴皮膚炎について
谷垣 武彦  佐藤 健二  遠藤佐保子  福田 啓子  那須 正夫
臨床皮膚科
35:575
1981年(昭和56年)
 
第16回英国皮膚科学会に出席して
西岡  清
臨床皮膚科
35:100
1981年(昭和56年)
 
特異な形態を呈した表皮下水疱症の1例−葡行性迂曲状類天疱瘡−
土居 敏明  片山 一朗  晒 千津子  西岡  清
臨床皮膚科
35:497
1981年(昭和56年)
 
膿疱性乾癬−ビタミンA酸誘導体 Ro 10-9359により好中球遊走能の改善と皮疹の軽快を認めた症例−
片山 一朗  西岡  清
臨床皮膚科
35:383
1981年(昭和56年)
 
晩発性皮膚ポルフィリン症の1例-Monochrometer による光線過敏症の検討−
久志本 東  藤田 益子  青木 敏之  佐藤 健二
臨床皮膚科
35:891
1981年(昭和56年)
 
皮膚疾患
佐野 榮春
「臨床老年病学」 熊原雄一編
 
1981年(昭和56年)
 
Metabolism of an aromatic retinoid Ro 10-9359 by cultured human epidermal keratinocytes
Kitano,Y., Okada,N., Nagase,N.
Arch. Dermatol. Res.
273:327
1982年(昭和57年)
 
Psoriatic Ieukotactic factor. Further physicochemical characterization and effect on the epidemal cells
Tagami,H., Kitano,Y., Suehisa,S., Oku,T., Yamada,M.
Arch. Dermatol. Res.
272:201
1982年(昭和57年)
 
New human papilloma virus isolated from epidermodysplasia verrucifomis lesions
Yutsudo,M., Tanigaki,T., Watanabe,S., Hakura,A.
Cancer Res.
42:2440
1982年(昭和57年)
 
Prenatal diagnosis of Cockayne syndrome using assay of colony-forming ability in ultraviolet light irradiated cell
Sugita,T., Ikenaga,M., Suehara,N., Kozuka,T., Furayama,J., Yabuuchi,H.
Clinical Genetics
22:137
1982年(昭和57年)
 
Wegener's granulomatosis:successful treatment nith high-dose cyclophosphamide
Nishioka,K., Katayama,J., Katayama,I., Sano,S.
Dermatologica
164:142
1982年(昭和57年)
 
Angiogenic factor in immune response
Nishioka,K., Katayama,I., Matsumoto,K.
Excerpta Medica Basic Aspects of Microcirculation
190
1982年(昭和57年)
 
In vivo macrophage suppression of delayed hypersensitivity in the guinea pigs
Katayama,I., Parker,D., Turk,J.L.
Immunology
47:709
1982年(昭和57年)
 
Non IgGl nature of cutaneous basophil hypersensitivity factor in contact sensitivity
Katayama,I., Nishioka,K., Nishida, K. ,Doi,T.
International Archives of Allergy and Applied Immunology
68:164
1982年(昭和57年)
 
Plasma viscosity changes in cutaneous vasculitis
Nishioka,K., Sarashi,C., Sano,S.
J. Dermatol.
9:323
1982年(昭和57年)
 
Skin tumors of xeroderma pigmentosum(I)
Kobayashi,M., Satoh,Y., Irimajiri,T., Mitoh,Y., Kozuka,T., Sato,K., Ichihashi,M., Nakanishi,T.
J. Dermatol.
9:319
1982年(昭和57年)
 
Urticarial vasculitis with blister formation:Bullous(vesicular)urticarial vasculitis
Naito,Y., Nishioka,K., Sarashi,C., Sano,S., Yonemasu,K.
J. Dermatol.
9:481
1982年(昭和57年)
 
Autodegradation of 125I-Iabeled human-epidermal cell surface proteins
Hashimoto,K., Singer,K.M., Lazarus,K.M.
J. Invest. Dermatol.
79:361
1982年(昭和57年)
 
Effects of cholera toxin on proliferation of cultured human keratinocytes in relation to intracellular cyclic AMP levels
Okada,N., Kitano,Y., Ichihara,K.
J. Invest. Dermatol.
79:42
1982年(昭和57年)
 
Kinetic analysis of polyethylene glycol-induced cell fusion in cultured human fibroblasts:Its application to genetic complementation analysis of xeroderma pigmetosum
Sato,K., Ikenaga,M., Sano,S.
Med. J. Osaka Univ.
33:19
1982年(昭和57年)
 
接触皮膚炎
西岡  清
アルギーの臨床
17
1982年(昭和57年)
 
湿疹
西岡  清
「医科学大事典」
20:99
1982年(昭和57年)
 
うっ血性皮膚炎
西岡  清
「医科学大事典」 (講談社)
1:121
1982年(昭和57年)
 
サクラソウ皮膚炎
西岡  清
「医科学大事典」 (講談社)
18:71
1982年(昭和57年)
 
形成異常症
松本 維明
「現代皮膚科学大系」
17:
1982年(昭和57年)
 
色素失調症 付 Franceschetti-Jadassohn 症候群
畑 清一郎
「現代膚科学大系」
11:289
1982年(昭和57年)
 
扁平苔癬
喜多野征夫
「今日の治療指針1982」
588
1982年(昭和57年)
 
外陰部癌に対する広汎外陰切除術-Gracilis musculocutaneous flap を用いた外陰再建術について−
谷沢  修  倉智 博久  高木  哲  池沢 孝夫  佐々木記久子  倉智 敬一  前田  求  藤川 昌和  本多 朋仁  松本 維明
産婦進歩
34:473
1982年(昭和57年)
 
抗ヒスタミン薬の臨床。 蕁麻疹と抗ヒスタミン剤
西岡  清  片山 一朗  土居 敏明
治療学
9:181
1982年(昭和57年)
 
Bacacil による梅毒治療経験
谷垣 武彦  津上 久弥  大里 和久  丸山 治朗  大口  剛  高橋 邦明
性病
63:19
1982年(昭和57年)
 
表皮細胞の培養法と体外培養における性状
喜多野征夫  岡田奈津子  岡野 昌樹
組織培養
8:433
1982年(昭和57年)
 
接触皮膚炎
西岡  清
「内科学書」 中尾喜久, 山形敬一, 山村雄一, 吉利 和監修
592
1982年(昭和57年)
 
蕁麻疹
西岡  清
「内科学書」 中尾喜久, 山形敬一, 山村雄一, 吉利 和監修
588
1982年(昭和57年)
 
培養表皮細胞の性状と高速液体クロマトグラフィーによるレチノイド代謝能に関する研究
喜多野征夫  岡田奈津子  岡野 昌樹  長瀬 修子
日皮会誌
92:1264
1982年(昭和57年)
 
Type U小耳症の手術法について
松本 維明  前田  求  田原 慎也  細川  互
日本形成外科学会会誌
2:537
1982年(昭和57年)
 
Rothmund-Thomson 症候群“症候群1982−概念の変遷とその今日的意義−”
喜多野征夫
日本臨牀
482:206
1982年(昭和57年)
 
Actinic Reticuloid の1例
藤田 益子  青木 敏之  佐藤 健二
皮膚
24:368
1982年(昭和57年)
 
限局性被角血管腫
畑 清一郎  横見 育子
皮膚
24:333
1982年(昭和57年)
 
単純性疱疹患者における型別抗体価
畑 清一郎  馬場 宏一  山田徹太郎
皮膚
24:182
1982年(昭和57年)
 
播種状表在性光線汗孔角化症
畑 清一郎  三浦 淳子
皮膚
24:335
1982年(昭和57年)
 
皮膚原発と考えらたる小児悪性リンパ腫 (Null cell リンパ腫) の1例
箸方 葉子  藤川 昌和  喜多野征夫  松本 千草  多和 昭雄
皮膚
24:212
1982年(昭和57年)
 
接触アルギーのメカニズム
西岡  清
「皮膚と化粧品科学」 高瀬吉雄監修
83
1982年(昭和57年)
 
Black heel の病巣部を電子線微小分析によって検索した1例
小坂 和子  石田  武  小川 祐三  八木 俊雄  谷垣 武彦
皮膚科の臨床
24:1259
1982年(昭和57年)
 
Angiogenesis
西岡  清  松本 維明
皮膚病診療
4:08
1982年(昭和57年)
 
Angry back syndrome
西岡  清
皮膚病診療
4:667
1982年(昭和57年)
 
第16回国際皮膚科学会の話題
小川 秀興  西岡  清
皮膚病診療
4:702
1982年(昭和57年)
 
強皮症の病態 リンパ節細胞由来線維芽細胞増殖因子と強皮症
西岡  清  小林 与市  晒 千津子  佐野 榮春
臨床医
8:2479
1982年(昭和57年)
 
ウイルス性皮膚疾患 A.ヘルペスウイルス群
畑 清一郎
「臨床医学示説」 (近代医学出版)
7:3
1982年(昭和57年)
 
ヒトイボウィルス (Human papilloma virus) の新しい型が分育された疣贅状表皮発育畑常症 (Epidermodyplasia verruciformis,L-L..) の1例
谷垣 武彦  田代  実  湯通堂満寿男  羽倉  明  津森 孝生  渡辺信一郎  遠藤 秀彦
臨床皮膚科
36:509
1982年(昭和57年)
 
急速に心膜炎より腎クリーゼに進行した全身性進行性硬化症の1例
船井 龍彦  田代  実  橋本 公二  西岡  清  佐野 榮春  後藤 精司
臨床皮膚科
36:761
1982年(昭和57年)
 
第81回日本皮膚科学会の印象記
喜多野征夫
臨床皮膚科
36:811
1982年(昭和57年)
 
肺腺癌と皮膚有棘細胞癌を合併した多発性 Bowen 病の1例
土居 敏明  片山 一朗  晒 千津子  西岡  清
臨床皮膚科
36:997
1982年(昭和57年)
 
皮膚癌を合併した疣贅状表皮発育異常症 (Epiermodysplaia verruciformis,L-L..)の1例
谷垣 武彦  前田  求  渡辺信一郎  遠藤 秀彦  大島 利丈  浜田  陽
臨床皮膚科
26:61
1982年(昭和57年)
 
Arachidonic acid metabolites and the skin
Kozuka,T., Francis,D.M., Greaves,M.W.
Annals Academy of Medicine
12:87
1983年(昭和58年)
 
Isolation of a viable eccrine sweat gland by dispase
Okada,N., Kitano,Y., Morimoto,T.
Arch. Dermatol. Res.
275:130
1983年(昭和58年)
 
Distribution patterns of cytoplasmic microtubules in epidermal keratinocytes
Danno,K., Takigawa,M., Ikari,K., Imamura,S., Kitano,Y.
Br. J. Dermatol.
109:401
1983年(昭和58年)
 
Molecular size of secreted and cell associated plasminogen activators from cultured epidermal cells
Hashimoto,K., Singer,K.M., Lazarus,G.S.
Br. J. Dermatol.
109:15
1983年(昭和58年)
 
Separation of epidermal sheet by dispase
Kitano,Y., Okada,N.
Br. J. Dermatol.
108:555
1983年(昭和58年)
 
Multiple gastric ulcer in Wegener's granulomatosis,A follow-up study
Hashikata,Y., Nishioka,K.
Dermatologica1
166:325
1983年(昭和58年)
 
Analysis of cells of the mononuclear phagocyte series in experimental mycobacterial granulomas by monoclonal antibodies
Mathew,R.C., Katayama,I., Gupta,S.K,, Curtis,J., Turk,J.L.
Infection and Immunity
39:344
1983年(昭和58年)
 
Supperssion of contact sensitivity by IgGl antihapten antibody.IgGl antihapten antibody supresses migration inhibitory factor production by lymph node cells
Katayama,I., Nishioka,K.
Int. Arch. Allergy Appl. Immunol.
70:178
1983年(昭和58年)
 
Induction of differentiation-specific keratins by 5-azacytidine treatment of SV 40-infected human epidermal keratinocytes
Steinberg,M.L., Okada,N., Defendi,V.
J. Cell Biol.
97:225
1983年(昭和58年)
 
A case of subacute cutaneous lupus erythematosus with a high titer of RNP antibody
Kobayashi,Y., Matsunaga,E., Nishioka,K., Sano,S.
J. Dermatol.
10:539
1983年(昭和58年)
 
Acquired cold urticaria:H1 and H2 antagonists versus cold induced histmine relaease
Katayama,I,. Doi,T., Nishioka,K., Maeyama,K., Yamatodani,A.
J. Dermatol.
10:377
1983年(昭和58年)
 
Cell-mediated immunity to varicellea-zoster virus demonstrated by lymphocyte transformation in herpes zoster
Hata,S.
J. Dermatol.
10:13
1983年(昭和58年)
 
Erythema infectiosum:Report of an epidemic in infancy and early childhood
Hata,S., Baba,K., Yabuuchi, H.(Dept. Pediat.)
J. Dermatol.
10:603
1983年(昭和58年)
 
Anti-cell surface pemphigus autoantibody stimulates plasminogen activator activity of human epidermal cells:A mechanism for the loss of epidermal cohesion and blister formation
Hashimoto,K., Shafran,K.M., Webler,P.S., Lazarus,G.S., Singer,K.M.
J. Exp. Med.
157:259
1983年(昭和58年)
 
Molecular cloning of a new human papilloma virns isolated from epidermodysplasia verrucifomis lesions
Tsumori T., Yutsudo,M., Nakano,Y., Tanigaki,T., Kitamura,H., Hakura,A.
J. Gen. Virol
64:967
1983年(昭和58年)
 
Macrophage specific antigen is expressd by resting microglia in the CNS but not by Langerhans cells in the skin
Mathew,R.C., Gupta,S.K., Katayama,I., Curtis,J., Turk,J.L.
J. Pathology
141:435
1983年(昭和58年)
 
Urticaria induced by D-psicose
Nishioka,K., Katayama,I., Sano,S.
Lancetii:
1417
1983年(昭和58年)
 
Plasminogcn activator in cultured human epidermal cells
Hashimoto,K., Singer,K.M., Lide,W.B., Shafran,K., Webber,P., Morioka,S.,
Lazarus,G.S.
J. Invest. Dermatol.81:424
1983年(昭和58年)
 
Inhibition by retinoids of the proliferation of murine melanoma cell line in vitro
Kitano,Y., Adachi,J.
Med. J. Osaka Univ.
34:33
1983年(昭和58年)
 
Cinemicrographic study of cell proliferation pattern and interdivision times of human keratinocytes in primary culture
Kitano,Y., Nagase,N., Okada,N., Okano,M.
Normal and Abnormal Epidermal Differetiation Seiji,M., Bernstein, I.A.eds.(Univ. Tokyo press) 
97
1983年(昭和58年)
 
Calmodulin-binding proteins that interact with actin filaments in a Ca2+-dependent flip-flop manner:Survey in brain and secretary tissues
Sobue,K., Kanda,K., Adachi,J., Kakiuchi,S.
Proc. Natl. Acad. Sci.
80:6868
1983年(昭和58年)
 
Epidermal cell and organ culture
Kitano,Y., Karasek,M.A.
Proceedings of the XVI th International Congress of Dermatology Kukita, A.,Seiji,M.eds.(Univ. Tokyo Press)
525
1983年(昭和58年)
 
アトピー性皮膚炎の外用療法
西岡  清
アトピーをめぐる今日の諸問題講演記録集
62
1983年(昭和58年)
 
Autoimmune progesterone dermatitis の1例
片山 一朗  西岡  清  佐野 榮春
アレルギーの臨床
26:43
1983年(昭和58年)
 
色素性乾皮症
喜多野征夫
132:17
1983年(昭和58年)
 
伝染性軟属腫 搾乳者結節
谷垣 武彦
「現代皮膚科学大系」 感染性皮膚症
6:13
1983年(昭和58年)
 
Oral facial digital 症候群, Ellis-van Creveld 症候群, anhidrotic ectodermal dysplasia, hidrotic ectodermal dysplasia, Werner 症候群, Bloom 症候群, Cockayne 症候群, 先天性角化異常症, 脳回転状皮膚
喜多野征夫
「現代皮膚科学大系」 脈管系皮膚症, 皮下脂肪織疾患,萎縮症, 形成異常症, 異物沈着症
253
1983年(昭和58年)
 
大阪大学医学部で経過観察中の色素性乾皮症の臨床統計と遺伝的相補性について
佐野 榮春  佐藤 健二  岡田奈津子  岡野 昌樹  喜多野征夫  池永 満生
厚生省特定疾患神経皮膚症候群調査研究班昭和57年度研究報告書
70
1983年(昭和58年)
 
結節性紅斑
喜多野征夫
今日の治療方針1983
590
1983年(昭和58年)
 
外陰, 腔の手術 外陰癌手術に於ける musculoculaneous flap を用いた外陰再建術
谷沢  修  倉智 博久  高木  哲  前田  求  政田 佳子  松本 維明
産婦人科の実際
32:183
1983年(昭和58年)
 
Herlitz 型先天性表皮水疱症の1症例
石原 重彦  田尻  仁  小川  実  牧  一郎  大薗 恵一  野瀬  宰  藪内 百治  中村 義朗  横関 博雄  喜多野征夫
小児科
24:715
1983年(昭和58年)
 
Rothmund Thomson Syndrome
喜多野征夫
小児内科
15:606
1983年(昭和58年)
 
疣贅状表皮発育異常症の発癌における紫外線とウイルスの役割
谷垣 武彦
昭和57年度科研研究成果報告書
1-31
1983年(昭和58年)
 
色素性乾皮症
喜多野征夫
「新小児医学大系」 小林 登, 多田啓也, 藪内百治編
306
1983年(昭和58年)
 
代謝異常症
佐野 榮春
「新小児医学大系」 小林 登, 多田啓也, 藪内百治編
 
1983年(昭和58年)
 
世界の皮膚科学者 (45)  Funan Hu
喜多野征夫
西日皮膚
45:485
1983年(昭和58年)
 
寒冷蕁麻疹
西岡  清
綜合臨床
32:2348
1983年(昭和58年)
 
大網弁皮膚移植による胸郭再建術を施行した胸壁浸潤を伴う乳癌局所再発例の1例
中川 勝裕  金  昌雄  前田 克明  北川  晃   久志本 東  井上 裕史  松本 維明 
大阪警察病院医学雑誌
7:127
1983年(昭和58年)
 
皮膚科領域での外用療法について
谷垣 武彦
大阪耳鼻咽喉科医会会報
19:12
1983年(昭和58年)
 
いぼ
谷垣 武彦
日常よく見られる皮膚疾患−私の治療法 (田辺シンテックス, 田辺製薬)
152
1983年(昭和58年)
 
皮膚の間質
佐野 榮春
日皮会誌
93:1361
1983年(昭和58年)
 
色素性乾皮症における神経学的異常に関する研究
三牧 孝至  安部 治郎  尾上 幸子  田上 哲三  小野 次朗  藪内 百治  佐藤 健二  杉田 隆博 
日本小児科学会雑誌
87:1375
1983年(昭和58年)
 
A群色素性乾皮症患者の最小紅斑量と日光過敏の予防
堀古 民生  久志本 東  秋元 隆道  藤田 益子  青木 敏之  小塚 雄民  佐藤 健二  池永 満生 
皮膚
25:222
1983年(昭和58年)
 
モビテン$5001消毒によりアナフィラキシー様症状を呈した4例
岡野 昌樹  野村 政夫  岡田奈津子  佐藤 健二  田代  実  浜  六郎
皮膚
25:587
1983年(昭和58年)
 
寒冷蕁麻疹におけるヒスタミン定量の試み−HおよびH2 antagonist の影響−
土居 敏明  片山 一朗  西岡  清  前山 一隆  大和谷 厚
皮膚
:25:66
1983年(昭和58年)
 
限局リンパ管腫
畑 清一郎
皮膚
25:7
1983年(昭和58年)
 
若年性黄色肉芽腫
足立  準  喜多野征夫
皮膚
25:161
1983年(昭和58年)
 
手の単純性疱疹
畑 清一郎
皮膚
:25:169
1983年(昭和58年)
 
痛風結節
畑 清一郎
皮膚
25:5
1983年(昭和58年)
 
頭部乳頭状皮膚炎
野村 政夫  喜多野征夫
皮膚
25:797
1983年(昭和58年)
 
肉芽腫様病変より生じた皮膚悪性リンパ腫の1例
足立  準  船井 龍彦  岡田奈津子  田代  実  喜多野征夫  内藤 美子
皮膚
25:253
1983年(昭和58年)
 
背部に発生したVerrucous carcinoma の1例
岡野 昌樹  前田  求  岡田奈津子  喜多野征夫
皮膚
25:67
1983年(昭和58年)
 
接触皮膚炎の予防−人間学への志向−
西岡  清
皮膚科の臨床
25:9
1983年(昭和58年)
 
皮膚科領域におけるウイルス血清学的検査法
畑 清一郎
皮膚科の臨床
25:723
1983年(昭和58年)
 
全身の隆起性紅斑
西岡  清  橋本 公二
「皮膚疾患ケーススタディ48例のPO研修」 三木吉治, 吉田彦太郎編
1983年(昭和58年)
 
皮膚の乾燥と発毛不良
喜多野征夫  岡田奈津子
「皮膚疾患ケーススタディ48例のPO研修」 三木吉治, 吉田彦太郎編
231
1983年(昭和58年)
 
Pseudohypoparathyroidism
井上 裕史  前田  求  岡田奈津子  喜多野征夫  森本 茂人  大西 利夫
皮膚病診療
5:41
1983年(昭和58年)
 
中国の皮膚科を語る
占部 治邦  小川 秀興  今村 貞夫  山本 昇壮  西岡  清  滝内 石夫  安田 利顕
皮膚病診療
5:270
1983年(昭和58年)
 
湿疹・皮膚炎
西岡  清
「標準皮膚科学」 佐藤良夫・池田重雄編
 
1983年(昭和58年)
 
Kaposi 水痘様発疹症
畑 清一郎
臨床医
9:25
1983年(昭和58年)
 
Malignat acanthosis nigricans の1例
森本 淑恵  西岡  清  佐野 榮春
臨床皮膚科
37:1054
1983年(昭和58年)
 
ダリエ病に合併したカポジー水痘様発疹症−ダリエ病の皮疹が消褪した症例−
谷垣 武彦  畑 清一郎  中村 義朗  辻  和男
臨床皮膚科
37:229
1983年(昭和58年)
 
悪性血管内皮腫の剖検例
松永 悦治  小林 与市  西岡  清  佐野 榮春
臨床皮膚科
37:441
1983年(昭和58年)
 
幹, 四肢に発生した特異な色素沈着症について−第1報−
谷垣 武彦  畑 清一郎  喜多野征夫  野村 政夫  佐野 榮春  遠藤 秀彦   津田 道夫  橋本 誠一
臨床皮膚科
37:347
1983年(昭和58年)
 
頸部巨大腫瘤を呈した sarcoidosis
土居 敏明  西岡  清  佐野 榮春  田村 信司  椿尾 忠博
臨床皮膚科
37:588
1983年(昭和58年)
 
アナフィラキシー様紫斑
西岡  清 日本小児皮膚科学会雑誌
 
3:5
1984年(昭和59年)
 
Eosinophilic spongiosis in bullous pemphigoid
Nisihoka,K., Sarashi,C., Hashimoto,K., Kubo,T., Katayama,I., Sano,S.
Arch. Dermatol.
120:1166
1984年(昭和59年)
 
Metastasizing eccrine sweat gland carcinoma:Report of a case
Okada,N., Ota,J., Sato,K., Kitano,Y.
Arch. Dermatol.
120:768
1984年(昭和59年)
 
Reduced reactivity of scleroderma fibroblasts to fibroblast growth factor
Nishioka,K., Kobayashi,Y., Katayama,I., Sano,S.
Arch. Dermatol.
276:224
1984年(昭和59年)
 
Penicillamine-induced pemphigus
Hashimoto,K., Singer,K., Lazarus,G.S.
Arch. Dermatol.
120:762
1984年(昭和59年)
 
High histamine level in the blister fluid of bullous pemphigoid
Katayama,I., Doi,T., Nishioka,K.
Arch. Dermatol. Res.
276:126
1984年(昭和59年)
 
Congenital ectopic nail of the fifth finger
Katayama,, I. Maeda,M., Nishioka,K.
Brit. J. Dermatol.
111:231
1984年(昭和59年)
 
The effect of corticosteroids,dapsone and gold upon plasminogen activator synthesis and secretion by human epidermal cells cultured with pemphigns antibody
Hashimoto,K., Singer,K., Lazarus,G.S.
Brit. J. Dermatol.
110:293
1984年(昭和59年)
 
Malignant fibrous histiocytoma developing in a burn scar
Yamamura T., Aozasa,K., Honda,T., Takada,A., Maede,M., Sano,S.
Brit J. Dermatol.
110:725
1984年(昭和59年)
 
A case of epidermodysplasia verruciformis lesions-Histopathology of malignant cutaneous changes-
Tanigaki,T., Endo,H.
Dermatologica
169:97
1984年(昭和59年)
 
A case of squamous cell carcinoma treated by intralesional injection of oil bleomycin
Tanigaki,T., Endo,H.
Dermatologica
166:948
1984年(昭和59年)
 
An early picture of pagetoid reticulosis
Naito,Y, Kawazu,T., Yamaura,T., Kitano,Y.
Dermatologica1
169:203
1984年(昭和59年)
 
Re-expression of differentiated properrties in SV 40-infected human epidermal keratinocytes induced by 5-azacytidine
Okada,N., Steinberg,M.L., Defendi,V.
Exp. Cell. Res.
153:198
1984年(昭和59年)
 
Non IgGl nature of cutaneous basophil hypersensitivity factor in contat sensitivity.U.Demonstration of antigen dependent basophil chemotactic activity of cutaneous basophil hypersensitivity factor
Katayama,I., Nishioka,K., Nishida, K., Doi,T.
Int. Arch. Allergy appl. Immun.
73:289
1984年(昭和59年)
 
Monosaccharide in high fructose syrup as an etiological factor of urticaria
Nishioka,K., Katayama,I., Sano,S., Numata,T., Yamamoto,S.
J. Dermatol.
11:391
1984年(昭和59年)
 
Possibility of passive transfer of cold urticaria to guinea pigs
Katayama,I., Doi,T., Nishioka,K..
J. Dermatol.
11:259
1984年(昭和59年)
 
Guinea pig endothelial cells in culture
M.Matsvzawa,Y., Suzuki,S., Nishiyama,K., Nishioka,T. J.Ryan
J. Dermatol11:
11:371
1984年(昭和59年)
 
Induction of hapten-specific lymphoid cell proliferation by liposomes carrying molecules from haptenated epidermal cells
Nishioka,K., Funai,T., Yokozeki,H., Katayama,I.
J. Invest. Derm.
83:96
1984年(昭和59年)
 
Ultrastructural and histochemical analysis of thready material in pseudoxanthoma elasticum
Yamamura,T., Sano,S.
J. of Cataneous Pathology.
11:282
1984年(昭和59年)
 
The cutaneous lymphomas with convoluted nucleus-Aralysis of 39 cases
Yamamura,T., Aozasa,K., Sano,S.
J. of the American Academy of Dermatology
10:796
1984年(昭和59年)
 
Baccanedda-S$0143zary Syndrome. Reply
Yamamura,T., Aozasa,K., Sano,S.
Journal of The Amerikan Academy of Dermatology
11:907
1984年(昭和59年)
 
Improved microculture system for cross-neutralization of herpes simplex viruses
Baba,K., Hata,S., Yabuuchi,H.
Med. J. Osaka Univ
35(1-2):19
1984年(昭和59年)
 
接触アレルギーとアレルギー性接触皮膚炎
西岡  清
Minophagen Medical Review
29:01
1984年(昭和59年)
 
細胞融合による遺伝性疾患の解析
佐藤 健二
Pharma Medica
2:33
1984年(昭和59年)
 
皮膚疾患
喜多野征夫
亜鉛と臨床 (東京)
123
1984年(昭和59年)
 
薬疹の免疫機序
西岡  清
現代皮膚科学大系第16巻 「薬疹・中毒疹」
24
1984年(昭和59年)
 
A群色素性乾皮症患者の日光過敏の予防と神経症状の原因の検討
佐野 榮春  佐藤 健二  喜多野征夫  綿谷 正弘  三牧 孝至  青木 敏之  池永 満生 
厚生省特定疾患神経皮膚症候群調査研究班昭和58年度研究報告書
227
1984年(昭和59年)
 
遺伝性疾患の分子生物学的研究
近藤 宗平  藤堂  剛  佐藤 健二  池永 満生
厚生省特定疾患難病の宿主要因に関する調査研究班昭和58年度研究報告書
124
1984年(昭和59年)
 
接触皮膚炎
西岡  清
今日の治療指針1984
559
1984年(昭和59年)
 
皮膚の循環
西岡  清
循環制御
5:359
1984年(昭和59年)
 
色素性乾皮症における神経症状と内分泌異常
三牧 孝至  安部 次郎  尾上 幸子  田川 哲三  小野 次郎  藪内 百治  佐藤 健二  杉田 隆博 
小児科診療
47:397
1984年(昭和59年)
 
顔面神経麻痺の形成手術
松本 維明
「図説臨床耳鼻咽喉科講座」 神経耳科学 (メジカルレビュー)
50
1984年(昭和59年)
 
ヒアリン ‘2.結合組織・皮膚とその付属器 人体組織学’
喜多野征夫
朝倉書店
282
1984年(昭和59年)
 
コンカナバリンA−セファローズ刺激末梢単核球培養 上清の汎発性強皮症患者線維芽細胞に及ぼす影響
小林 与市
日皮会誌
94:599
1984年(昭和59年)
 
接触過敏症における所属リンパ節細胞の2相性の増殖
西岡  清  片山 一朗  佐野 榮春  土肥 義胤
日皮会誌
94:611
1984年(昭和59年)
 
疣贅状表皮発育異常症の疫学
谷垣 武彦  佐藤 健二  佐野 榮春  羽倉  明  湯通堂満寿男  樋口冨士夫  池永 満生  渡辺信一郎 
日皮会誌
94:15
1984年(昭和59年)
 
皮膚科領域における組織培養の現況−本年度の学会より−
喜多野征夫
日本組織培養学会会員通信
54:12
1984年(昭和59年)
 
強皮症患者血清のモルモット大動脈内皮細胞に対する増殖抑制能
小林 與市  増澤 幹男  西岡  清  佐野 榮春
日本皮膚科学会雑誌
94(14):1639
1984年(昭和59年)
 
天疱瘡のステロイド治療−特に離脱について−
晒 千津子  橋本 公二  西岡  清
日本皮膚科学会雑誌
94:1129
1984年(昭和59年)
 
原発進行及び局所再発乳癌に対する手術的治療−有茎大網移植による再建−
伊藤 寿記  中尾 量保  小関 万里  竹中 博昭  宮田 正彦  川島 康生  前田  求  松本 維明
日本臨床外科医学会雑誌
45:136
1984年(昭和59年)
 
Dyschromatosis symmetrica hereditaria
横見 育子  畑 清一郎  遠藤 秀彦
皮膚
26:545
1984年(昭和59年)
 
Eosinophilic pustular follrculitis
国枝美穂子  喜多野征夫
皮膚
26:739
1984年(昭和59年)
 
Hyperkeratosis lenticularis perstans
畑 清一郎  篠田 正博
皮膚
26:487
1984年(昭和59年)
 
Inconitnentia pigmenti
東山 真理  橋本 公二  喜多野征夫
皮膚
26:737
1984年(昭和59年)
 
Persistent acantholytic dermatosis の1例
野村 政夫  晒 千津子  喜多野征夫
皮膚
26:279
1984年(昭和59年)
 
Sweet 症候群 (Acute febrile neutrophilic dermatosis) −Recurrent neutrophilic dermatosis of the faceへの移行が考えられる1例−
畑 清一郎  伊藤 武彦
皮膚
26(4):784
1984年(昭和59年)
 
カンジダ性肉芽腫−クロトリマゾールクリームの奏効した1例−
畑 清一郎
皮膚
26:104
1984年(昭和59年)
 
スポロトリコーシス
畑 清一郎  国枝美穂子  平井 輝一
皮膚
26:199
1984年(昭和59年)
 
遺伝性汎発性色素異常症の1例
渋谷 京子  喜多野征夫
皮膚
26:804
1984年(昭和59年)
 
壊疽性膿皮症
畑 清一郎
皮膚
26(4):743
1984年(昭和59年)
 
菌状息肉症の一例−ACNU の外用について−
久志本 東  井上 裕史  相馬 照代
皮膚
26:273
1984年(昭和59年)
 
組織反射スペクトル解析による皮膚血行動態測定法の検討
前田  求
皮膚
26:66
1984年(昭和59年)
 
太陽紫外線の実測に基づく色素性乾皮症患者の最小紅斑時間の推定
佐藤 健二  池永 満生  青木 敏之  佐野 榮春
皮膚
26:501
1984年(昭和59年)
 
放射線皮膚炎に続発した基底細胞上皮腫−5FU局注の奏効した1例−
畑 清一郎
皮膚
26:563
1984年(昭和59年)
 
慢性炎症および肉芽腫性皮膚疾患におけるアミロイド沈着
野村 政夫  喜多野征夫
皮膚
26:769
1984年(昭和59年)
 
ある患者との18年
喜多野征夫
皮膚科の臨床
26:1081
1984年(昭和59年)
 
ミノマイシン内服が著効した好酸球性膿疱性毛のう炎の2例
谷垣 武彦  欠田 良児
皮膚科の臨床
26:1129
1984年(昭和59年)
 
Hyalinosis cutis et mucosae
喜多野征失
皮膚病診療
6:523
1984年(昭和59年)
 
図譜:顔の孤立性小腫瘍
小林 與市  西岡  清
皮膚病診療
6(9):837
1984年(昭和59年)
 
表皮ケラチノサイトの体外培養
喜多野征夫
病態生理
3:348
1984年(昭和59年)
 
第2期顕症梅毒の1例
片山 一朗  西岡  清  佐野 榮春
臨床皮膚科
39:06
1984年(昭和59年)
 
疱疹状膿痂疹の1例
岡野 昌樹  畑 清一郎  船井 龍彦  岡田奈津子  喜多野征夫
臨床皮膚科
38:663
1984年(昭和59年)
 
Cutaneous malignant lymphomas. A clinicopathologic study of thirty seven cases.
Aozasa, K., Inoue, A., Yamamura, T., Nishida, K. and Sano, S.
Acta Pathologica Japonica
35:00:00
1985年(昭和60年)
 
A syndrome with nodular erythema, elongated and thickened fingers and emaciation.
Kitano, Y., Matsunaga, E., Morimoto, T., Okada, N. and Sano, S.
Arch Dermatol
121:1053-1056
1985年(昭和60年)
 
Antibody mediated rosette formation of epidermal cell with leukocytes in pemphigus vulgaris.
Katayama, I., Hashimoto, K. and Nishioka, K.
Arch Dermatol Res
278:87-91
1985年(昭和60年)
 
Autoimmune progesterone dermatitis with persistent amenorrhoea.
Katayama, I. and Nishioka, K.
Br J Dermatol
112:487-491
1985年(昭和60年)
 
Detection of heterozygotes of X-linked ichthyosis by measuring steroid sulphatase activity of lymphocytes.
Okano, M., Okada, N. and Kitano, Y.
Br J Dermatol
113:645-649
1985年(昭和60年)
 
Taping for embedded toe nails.
Nishioka, K., Katayama, I., Kobayashi, Y., Takijiri, C. and Nishioka, K.
Br J Dermatol
113:246-247
1985年(昭和60年)
 
Tissue plasminogen activator inhibitor in the epidermis.
Hashimoto, K., Nishioka, K. and Katayama, I.
Br J Dermatol
113:523-527
1985年(昭和60年)
 
Density of DOPA-positive melanocytes in dyschromatosis symmetrica hereditaria
Hata, S. and Yokomi, I.
Dermatologica
141:27-29
1985年(昭和60年)
 
Unusual pigmentation on the skin over trunk bones and extremities.
Tanigaki, T., Hata, S., Kitano, Y., Nomura, M., Sano, S. and Endo, H.
Dermatologica
170:235-239
1985年(昭和60年)
 
A case of squamous cell carcinoma treated by intralesional injection of oil Bleomycin.
谷垣 武彦  遠藤 秀彦
Dermatologica
170:302-305
1985年(昭和60年)
 
Foreign protein can be carried into the nucleus of mammalian cell by conjugation with nucleoplasmin.
Sugawa, H., Imamoto, N., Wataya-Kaneda, M. and Uchida, T.
Exp Cell Res
159:419-429
1985年(昭和60年)
 
Hapten specific prophylaxis of murine contact sensitivity by DNP-amino acid derivatives.
Katayama,I. and Nishioka, K.
Int Arch Allerg Appl Immunol
76:101-106
1985年(昭和60年)
 
Non-IgG1 nature of cutaneous basophil hypersensitivity factor in contact sensitivity. III. Cutaneous basophil hypersensitivity factor promotes histamine release from guinea pig bone marrow basophils after antigenic stimulation.
Katayama,I., Nishioka, K., Doi, T., Maeyama, K. and Yamatodani, A.
Int Arch Allerg Appl Immunol
77:353-357
1985年(昭和60年)
 
Epidemiological survey of nylon cloths friction dermatosis in Japan.
Tanigaki, T., Hata, S., Kitano, Y. and Sano, S.
J Dermatol (Tokyo)
12:498-501
1985年(昭和60年)
 
Pigmentary demarcation lines associated with pregnancy in Japanese.
Hashimoto, K., Nishioka, K., Katayama, I., Kobayashi, Y. and Takijiri, C.
J Dermatol (Tokyo)
12:283-285
1985年(昭和60年)
 
Recurrent eczema herpeticum in an adult
Hata, S.
J Dermatol (Tokyo)
12:372-374
1985年(昭和60年)
 
Stability of retinoids in culture. -all-trans-retinoic acid, 13-cis-retinoic acid and etretinate in the culture of human keratinocytes, B16 mouse melanoma cells and HeLa cells-
Kitano, Y.
J Dermatol (Tokyo)
12:237-242
1985年(昭和60年)
 
Fate of bone marrow-derived cultured mast cells after intracutaneous, intraperitoneal and intravenous transfer into genetically mast celldeficient W-Wv mice. Evidence that cultured mast cells can give rise to both connective tissue type and mucodal mast
Nakano, T., Sonoda, T., Hayashi, C.,Yamatodani, A. Kanayama,Y.and Yamamura, T.
J Exper Med 
:1025-1043
1985年(昭和60年)
 
Induction and suppression of contact sensitivity by liposomes carrying molecules from haptenated epidermal cells.
Yokozeki, H., Nishioka, K., Katayama, I. and Takijiri, C.
J Invest Dermatol
84:33-36
1985年(昭和60年)
 
Action spectrum of hydroa vacciniforme.
Sato, K., Kunieda, M. Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
7:49-50
1985年(昭和60年)
 
Semiautomated autoradiographic grain counting of DNA repair incultured human fibroblasts, normal and xeroderma pigmentosum.
Sato, K., Ikenaga, M., Yoshikawa, K. and Kondo, S.
Photomed Photobiol
7:33-34
1985年(昭和60年)
 
日本の色素性乾皮症患者と発癌
佐藤 吉昭  加藤 泰三  児島 孝行  榊原  茂  佐藤 健二  市橋 正光  町野  博  下川  優  成田 博美  井上 雅雄  矢谷 隆一
Photomed Photobiol
7:89ー90
1985年(昭和60年)
 
紫外線照射後培養ヒト線維芽細胞におけるDNA修復のオートラジオグラフィ黒化銀粒子の自動測定
佐藤 健二  池永 満生  吉川 邦彦  佐野 榮春  北村  旦  神前 五郎  濱岡 利之  近藤 宗平
Radioisotopes
34:605-611
1985年(昭和60年)
 
The nose
Matsumoto, K.
Skin Surgery
321-
1985年(昭和60年)
 
Giant Cell Tumor of the Mandible in Children
Takada, A., Ohhara, Y.
The THAI Jounal of Surgerig
6(2)76-78
1985年(昭和60年)
 
ウイルス性疣贅
畑 清一郎
医薬ジャーナル
21:2239-2343
1985年(昭和60年)
 
ブルヌビーユ・プリングル病
喜多野征夫
看護卒後セミナー9 皮膚 小川秀興監修
330-331
1985年(昭和60年)
 
皮膚潰瘍におけるPGE1の静注療法
久志本 東  相馬 照代  政田 佳子  井上 裕史
形成外科
28:346-352
1985年(昭和60年)
 
神経芽細胞腫の皮下転移の1例
高田 章好  倉田荘太郎  大原 義雄
形成外科
28(7)597-600
1985年(昭和60年)
 
動脈閉塞性手足潰瘍の治療方針
細川  亙  薄  丈夫  菊井 知子  田原 真也
形成外科
28(7)586-590
1985年(昭和60年)
 
他の耳介奇形
松本 維明
形成外科アトラス 医学教育出版
12-
1985年(昭和60年)
 
ナイロンタオルが肌の黒ずみの原因に
谷垣 武彦
健康な子供
156:50-52
1985年(昭和60年)
 
オートラジオグラフィー黒化銀粒子の自動測定
喜多野征夫  佐藤 健二
厚生省特定疾患 神経皮膚症候群調査研究班 昭和60年度研究報告書
221-224
1985年(昭和60年)
 
悪性神経線維腫の2例
喜多野征夫  欠田 良児  上田 清隆  内藤 美子  川津 智是
厚生省特定疾患 神経皮膚症候群調査研究班 昭和60年度研究報告書
67-70
1985年(昭和60年)
 
皮膚疾患解析への組織培養の応用
喜多野征夫  岡田奈津子
実験医学のための動物培養細胞利用集成
214-218
1985年(昭和60年)
 
知覚つき島状短趾屈筋皮弁による踵部再建
細川  亙  薄  丈夫  菊井 知子  田原 真也
住友医誌
12:65-68
1985年(昭和60年)
 
顔面多重骨折の1例
細川  亙  薄  丈夫  菊井 知子  田原 真也  相楽 貞文  門口 元治  佐野  均  野平久仁彦
住友医誌
12:80-84
1985年(昭和60年)
 
神経症状の軽微なA群色素性乾皮症の1例
三牧 孝至  佐藤 健二  小塚 雄民  池永 満生  井籐 尚之  田川 哲三  薮内 百治  安部 次郎  杉田 隆博
小児科診療
48:1304ー1307
1985年(昭和60年)
 
核膜および染色体周囲と共通抗原を持つ細胞質顆粒のモノクロナル抗体による同定
金田 真理
大阪大学医学雑誌
37:199-206
1985年(昭和60年)
 
躯幹, 四肢に発生した特異な色素沈着症 ナイロン製布摩擦皮膚症 (Nylon clothes friction dermatosis)の疫学:第2報
谷垣 武彦  畑 清一郎  喜多野征夫  野村 政夫  佐藤 健二  欠田 良児  佐野 榮春
日皮会誌
95:1159-1164
1985年(昭和60年)
 
色素性乾皮症患者の太陽紫外線からの保護−−プラスティックフィルムの効用−−
佐藤 健二  池永 満生  佐藤 吉昭  喜多野征夫  佐野 榮春
日皮会誌
95:963ー967
1985年(昭和60年)
 
赤白血病の頭部皮膚浸潤例
水越 直子  佐藤 健二  佐野 榮春
日皮会誌
95:585ー590
1985年(昭和60年)
 
単色光照射で作用波長を明らかにしえた種痘様水疱症の1例
国枝美穂子  佐藤 健二  早川 和子  喜多野征夫
日皮会誌
95:893ー899
1985年(昭和60年)
 
先天性表皮水疱症の一例
前田  求  上地  貴  松本 維明  本多 朋仁
日本手の外科学会誌
2:255-257
1985年(昭和60年)
 
マイクロサージェリーにおけるモニタリング
前田  求  上地  貴  藤川 昌和  松本 維明
日本手の外科学会誌
2:682-685
1985年(昭和60年)
 
Neurofibroma の悪性化をみたvon Recklinghausen病の1例
上田 清隆  橋本 公二  山村 弟一  吉川 邦彦
皮膚
27:758-762
1985年(昭和60年)
 
ステロイド皮膚症発症の頻度の推移−1979年から1984年まで−
水越 直子  佐藤 健二
皮膚
27:1166ー1171
1985年(昭和60年)
 
黄菌毛の1例
船井龍彦  青木敏之  西田健樹  清水洋子 遠藤秀彦
皮膚
27:1028-1032
1985年(昭和60年)
 
天疱瘡のパルス療法−3例の試み
古川美紀子  橋本 公二  西岡  清  吉川 邦彦
皮膚
27:1190-1197
1985年(昭和60年)
 
凍傷後瘢痕に発生した陰茎癌
上田 清隆  浦川 晋也  前田  求  畑 清一郎
皮膚
27:653-654
1985年(昭和60年)
 
皮膚の老化とアミロイド沈着
野村 政夫  喜多野征夫
皮膚
27:367-369
1985年(昭和60年)
 
面皰母斑
前田  求  井上 裕史
皮膚
27:1133-1134
1985年(昭和60年)
 
ケラチノサイト培養法を用いた水疱症の研究
喜多野征夫
皮膚科MOOK3 水疱症と膿疱症, 今村貞夫編
63-69
1985年(昭和60年)
 
カポジ水痘様発疹症の診断と治療
畑 清一郎
皮膚科Q&A2
230-232
1985年(昭和60年)
 
単純性疱疹の治療, 再発予防
畑 清一郎
皮膚科Q&A2
225-226
1985年(昭和60年)
 
汎発性全身性の色素沈着
喜多野征夫
皮膚科Q&A2, 長島正治編
110-112
1985年(昭和60年)
 
急性滴状乾癬
喜多野征夫
皮膚科診断治療体系, 福代良一編 第2巻
100
1985年(昭和60年)
 
滴状類乾癬
喜多野征夫
皮膚科診断治療体系, 福代良一編 第2巻
88
1985年(昭和60年)
 
皮膚粘膜ヒアリノーシス
喜多野征夫
皮膚科診断治療体系, 福代良一編 第6巻
84
1985年(昭和60年)
 
外胚葉形成不全症
岡田奈津子
皮膚疾患診断治療大系, 福代良一, 西山 茂夫, 森岡雄編
8:49
1985年(昭和60年)
 
肥満細胞の問題点
北村 幸彦  山村 弟一
皮膚病診療
7:208-213
1985年(昭和60年)
 
局面状類乾癬からの移行を観察した歯状息肉腫の1例
井上 裕史  喜多野征夫  高安  進
皮膚臨床
27:809-812
1985年(昭和60年)
 
帯状疱疹の病院感染
畑 清一郎
臨床医
 
1985年(昭和60年)
 
帯状疱疹の治療法 その2
畑 清一郎
臨床科学
21:1414-1416
1985年(昭和60年)
 
疣贅状表皮発育異常症 (Epidermodysplasia Verruciformis, Lewandowsky-Lutz, 1922)の同胞例
谷垣 武彦  欠田 良児  田代  実  佐藤 健二  松本 和雄  生塩 之敏  渡辺信一郎
臨床皮膚科
39:811ー814
1985年(昭和60年)
 
Hydrolysis of hydrocortisone 17-butyrate 21-propionate by cultured human keratinocytes.
Kitano, Y.
Acta Derm Venereol
66:98-102
1986年(昭和61年)
 
Neurological Manifestations in Xeroderma Pigmentosum
Mimaki, T., Itoh, N., Abe, J., Tagawa, T., Sato, K., Yabuuchi, H. and Takebe, H.
Ann of Neurol
20:70-75
1986年(昭和61年)
 
Reconsturuction of microtia with conchal remnant
Matsumoto, K., Maeda, M., Inoue, Y., Kamiji, T.
Annals of Plastic Surgery
16:32-41
1986年(昭和61年)
 
Epidermodysplasia verruciformis (L-L, 1922) in a patient with SLE.
Tanigaki, T., Kanda, R. and Sato, K.
Arch Dermatol Res
278:247-248
1986年(昭和61年)
 
Human papilloma virus DNA detected in squamous cell carcinoma tissue of a patient with epidermodysplasia verruciformis.
谷垣 武彦  欠田 良児  湯通堂満寿夫  羽倉  明
Arch Dermatol Res
279:66-67
1986年(昭和61年)
 
An open study of vitamin D3 treatment in psoriasis vulgaris.
Morimoto, S., Yoshikawa, K., Kozuka, T., Kitano, Y., Imanaka, S., Fukuo, K., Koh, E. and Kumahara, Y.
Br J Dermatol
115:421-429
1986年(昭和61年)
 
Metastasizing atrial myxoma: a case with multiple subcutaneous tumours
Okada, N., Yamamura, T., Kitano, Y., Nakamura, T., Kamido, H., Matsuzawa, Y., Katayama, S. and Ohara, K.
Br J Dermatol
115:239-242
1986年(昭和61年)
 
Secretion of plasminogen activator by cultured human epidermal cells.
Hashimoto, K., Nishioka, K., Katayama, I. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
115:133-138
1986年(昭和61年)
 
Two cases of adult T-cell leukemia.
Matsunaga, E., Fujii, Y., Shiraishi, N., Seguchi, S., Shinkai, H., Takayasu, S., Yamamura, T., Maeda, S. and Yamaguchi K.
Br J Dermatol
114:505-511
1986年(昭和61年)
 
Plasminogen activator secreted by cultured human melanocytes
Hashimoto, K., Horikoshi, T., Nishioka, K., Yoshikawa, K. and Carter, D.M.
Br J Dermatol 
11:205-209
1986年(昭和61年)
 
Effect of 1-Hydroxycholecalciferol on psoriasis vulgaris: A pilot study
Takamoto, S., Onishi, T., Morimoto, S., Kozuka, T., Kitano, Y. et al
Calcified Tissue Intarn
39:360-364
1986年(昭和61年)
 
Topical administration of 1,25-dihydroxyvitamin D3 for psoriasis: Report of five cases.
Morimoto, S., Onishi, T., Imanaka, S., Yukawa, H., Kozuka, T., Kitano, Y., Yoshikawa, K. and Kumahara, Y.
Calcified Tissue Intarn
38:119-122
1986年(昭和61年)
 
Treatment of psoriasis vulgaris by oral administration of 1-Hydroxyvitamin D3. -Open-Design study-
Morimoto, S., Yoshikawa, K., Kozuka, T., Kitano, Y., Imanaka, S., Fukuo, K., Koh, E., Onishi, T. and Kumahara, Y.
Calcified Tissue Intarn
39:209-212
1986年(昭和61年)
 
Immunohistochemical and ultrastructual studies on disseminated skin lesions of midline malignant reticulosis.
Yamamura, T., Asada, H., Mike, N., Yoshikawa, K. and Aozasa, K.
Cancer
58:1281-1285
1986年(昭和61年)
 
TPA-induced alteration of actin organization in cultured human keratinocytes
Kitano, Y., Okada, N. and Adachi, J.
Exp Cell Res
167:369-375
1986年(昭和61年)
 
Plasminogen activator production from murine mastocytoma cells. Dissociation of plasminogen activator and histamine production by sodium butyrate.
Katayama,I., Hashimoto, K. and Nishioka, K.
Int Arch Allerg Appl Immunol
81:42-45
1986年(昭和61年)
 
Human papillomavirus type38 isolated from patients with epidermodysplasia verruciformis.
湯通堂満寿夫  欠田 良児  谷垣 武彦  喜多野征夫  羽倉  明
Intervirol
26:104-108
1986年(昭和61年)
 
Anaphylaxis due to cephachlor hypersensitivity.
Nishioka, K., Katayama, I., Kobayashi, Y. and Takijiri, C.
J Dermatol (Tokyo)
13:226-227
1986年(昭和61年)
 
Lupus-like syndrome indused by 2-mercaptopropionylglycine.
Katayama, I. and Nishioka, K.
J Dermatol (Tokyo)
13:151-153
1986年(昭和61年)
 
Prognostic significance of initial skin lesions in epidermotropic cutaneous lymphoma.
Yamamura, T., Yoshikawa, K. and Aozasa, K.
J Dermatol (Tokyo)
13:120-125
1986年(昭和61年)
 
Satellite cell necrosis in two cases with dermatomyositis.
Katayama, I., Hashimoto, K. and Nishioka, K.
J Dermatol (Tokyo)
13:208-212
1986年(昭和61年)
 
Cellular retinoic acid-binding proteins in cultured human epidermal keratinocytes
Okada, N., Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
J Invest Dermatol
87:159
1986年(昭和61年)
 
Expression of pemphigoid antigen by SV40-transformed human keratinocytes
Okada, N., Kitano, Y., Miyagawa, S., Sakamoto, K. and Steinberg, M.L.
J Invest Dermatol
86:399-401
1986年(昭和61年)
 
Epidemiologic aspects of epidermodysplasia verruciformis in Japan.
谷垣 武彦  欠田 良児  湯通堂満寿夫  羽倉  明
Japan J Cancer Res
77:896-900
1986年(昭和61年)
 
Cytoskeleton of cultured humen epidermal keratinocyted:Immunofluorescence studies of keratin and actin, and alteration by oncogenic virus and Ca2+.
Kitano, Y., Okada, N., Adachi, J., Sobue, K., Tazawa, T. and Ito, M. Processes in Cutaneous Epidermal Differentiation(Bernstein, IA & Hirone, T Eds.)
Praeger Scientific, New York
311-329
1986年(昭和61年)
 
Probable transdifferentiation between connective tissue and mucosal mast cells. Mast Cell Differentiation and Heterogenity. Edited by A.D.Befus et al.
Kitamura, Y., Nakano, T., Sonoda, T., Kanayama, Y., Yamamura, T. and Asai, H.
Raven Press, New York
135-140
1986年(昭和61年)
 
アレルギー性接触皮膚炎
西岡  清  横関 博雄  片山 一朗
アレルギーの臨床
6:125-127
1986年(昭和61年)
 
日光暴露にて著明な増悪を認めたSLE:患者管理と増悪因子の予防
片山 一朗
アレルギーの臨床
6:917-919
1986年(昭和61年)
 
ウイルス性疣贅
畑 清一郎
ウイルス感染症
121-128
1986年(昭和61年)
 
肋軟骨移植によるわれわれの耳輪形成術
細川  亙  薄  丈夫  菊井 知子  田原 真也
形成外科
29(1)23-27
1986年(昭和61年)
 
ポロエチレングリコール埋没支柱とフィブリン糊を用いた微小血管吻合の試み (第1報)
上地  貴  井上 裕史  前田  求  松本 維明  西岡  清
形成外科
29:372-376
1986年(昭和61年)
 
樹枝状細胞
喜多野征夫
現代の皮膚科学 (改訂第2版, 金原出版)
6-10
1986年(昭和61年)
 
神経線維腫細胞の培養 −S-100蛋白陽性細胞について−
喜多野征夫  岡野 昌樹  岡田奈津子  谷垣 武彦
厚生省特定疾患 神経皮膚症候群調査研究班 昭和61年度研究報告書
46-49
1986年(昭和61年)
 
鼻副鼻腔癌を併発した疣贅状表皮発育異常症の1例
石田  稔  堀  哲二  玉置 弘光  谷垣 武彦
耳鼻咽喉科
58:269-273
1986年(昭和61年)
 
ウシ大脳シナプス膜分画からのアクチンフィラメントおよびチューブリンと相互作用を示す35Kカルモジュリン結合蛋白質の精製
祖父江憲治  岡部登志男  門脇 浩三  伊藤 和幸  野村 政夫
神経化学
25:121-123
1986年(昭和61年)
 
色素性乾皮症のリハビリテーション指針
佐藤 健二  喜多野征夫  小塚 雄民  吉川 邦彦  三牧 孝至  杉田 隆博  安部 次郎  中村 昌弘  須沢八千代  湯浅武之助  池永 満生
西日本皮膚科
48:217ー221
1986年(昭和61年)
 
色素性乾皮症における足部変形について
浜田 茂幸  廣島 和夫  清水 伸幸  小野 啓郎  中村 昌弘  三牧 孝至  佐藤 健二
足の外科研究会誌
7:75ー79
1986年(昭和61年)
 
カルモジュリン
野村 政夫  祖父江憲治
東洋薬事報
27:7-12
1986年(昭和61年)
 
乾癬とビタミンD
森本 茂人  吉川 邦彦  小塚 雄民  喜多野征夫 他
内分泌の進歩
4:53-68
1986年(昭和61年)
 
結節性紅斑
喜多野征夫
日本臨床1986年秋季増刊
1156-1157
1986年(昭和61年)
 
ブフェキサマックによる接触皮膚炎
藤本 圭一  橋本 誠一  小塚 雄民  吉川 邦彦
皮膚
28:164-167
1986年(昭和61年)
 
活性型vitamin D3による乾癬の治療に関する研究
森本 茂人  吉川 邦彦  小塚 雄民  喜多野征夫  畑 清一郎 他
皮膚
28:155-162
1986年(昭和61年)
 
爪下外骨腫の1例, 慢性機械性刺激が誘因と考えられる症例
片山 一朗  上地  貴  前田  求  西岡  清
皮膚
28:56-58
1986年(昭和61年)
 
伴性遺伝性魚鱗癬−末梢血リンパ球のsteroid sulfatase 活性測定による診断確定と臨床統計的および遺伝的検討
岡野 昌樹
皮膚
28:117-127
1986年(昭和61年)
 
皮膚筋炎26例の統計的観察
欠田 良児  谷垣 武彦  喜多野征夫  吉川 邦彦
皮膚
28:17-21
1986年(昭和61年)
 
爪下外骨腫の一例 慢性刺激が誘因と考えられた症例
片山 一朗  上地  貴  前田  求  西岡  清
皮膚
28:56-58
1986年(昭和61年)
 
疣贅状表皮発育異常症の皮疹が発生した全身性エリテマトーデスの1例
谷垣 武彦  欠田 良児  佐藤 健二  湯通堂満寿男  羽倉  明
皮膚科の臨床
28:380ー381
1986年(昭和61年)
 
ウルバッハ・ウィース病
喜多野征夫
皮膚科診断治療体系別巻A
88
1986年(昭和61年)
 
類天疱瘡抗原
喜多野征夫  岡田奈津子
皮膚免疫組織アトラス, 植木宏明編
63
1986年(昭和61年)
 
4種類のヒトパピローマウイルスが分離された疣贅状表皮発育異常症
谷垣 武彦  欠田 良児  湯通堂満寿夫  羽倉  明  玉置 弘光  石田  稔  堀  哲二  西山 謹司  長谷川順吉
臨床皮膚科
40:441-444
1986年(昭和61年)
 
Myopathyを伴ったScleromyxedemaの1例
早川 和子  国枝美穂子  山村 弟一  橋本 公二  西岡  清
臨床皮膚科
40:483-488
1986年(昭和61年)
 
小児Sweet病の2例
上田 清隆  西岡  清
臨床皮膚科
40:307-310
1986年(昭和61年)
 
第2期顕性梅毒の1例
片山 一朗  西岡  清  佐野 榮春
臨床皮膚科
39:6-7
1986年(昭和61年)
 
劣性栄養障害型先天性表皮水疱症に対するフェニトイン (アレビアチン) の効果について−2例の解析−
浅田 秀夫  橋本 公二  滝尻 珍重  佐野 栄紀  相馬 照代  喜多野征夫  小林 與市  山村 弟一  西岡  清  吉川 邦彦
臨床皮膚科
40:145-150
1986年(昭和61年)
 
色素性乾皮症の脳CT像
原田 貢士  今北  哲  河合 隆治  御供 政紀  三浦  尚  三牧 孝至  佐藤 健二
臨床放射線
31:11ー14
1986年(昭和61年)
 
The Molecular Basis for the UV Response--cis- and trans-acting elements responcible for gene induction--
Herrlich, P., Imagawa, M., Maher, V., Sato, K., McCormick, J.J., Angel, P., Karin, M., Baumann, I., Luecke-Huhle, C. and Rahmsdorf, H.J.
Accomplishments in Oncology--The role of DNA Amplification in Carcinogenesis--, Vol. 2, part 1, zur Hauzen H, Schlehofer, edts., Lippincptt Co., Philadelphia
95-105
1987年(昭和62年)
 
A Failure of Detection of Complementation Group in X-linked Ichthyosis
Okano, M., Sato, K. and Kitano, Y.
Acta Derm Venereol
67:275
1987年(昭和62年)
 
Lectin histochemistry of malignant fibrohistiocytic tumors.
Ueda, T., Aozasa, K., Yamamura, T., Tsujimoto, M., Ono, K. and Matsumoto, Ko.
Am J Surg Pathol
11:257-262
1987年(昭和62年)
 
Histological study of the development of cartilage after perichondrial vascularized grafting
Hosokawa, K., Hata, Y., Yano, K., Matsuka, K.
Annals of Plastic Surgery
19(6)515-518
1987年(昭和62年)
 
Treatment of large xanthomas by the use of blepharoplasty island musculocutaneous flaps
Hosokawa, K., Susuki, T., Kikui, T., Tahara, S.
Annals of Plastic Surgery
18:238-240
1987年(昭和62年)
 
Mast cell numbers in diffuse scleroderma.
Nishioka, K., Kobayashi, Y., Katayama, I. and Takijiri, C.
Arch Dermatol
123:205-208
1987年(昭和62年)
 
Systemic contact dermatitis medicamentosa induced by topical eyelotion, Sisomicin in patient with corneal allograft.
Katayama, I. and Nishioka, K.
Arch Dermatol
123:436-437
1987年(昭和62年)
 
True Histiocytic lymphoma associated with dermatomyositis.
Yamamura, T., Tsujimura, M., Yoshikawa, K. and Aozasa, K.
Arch Dermatol
123:1272-1274
1987年(昭和62年)
 
Caldesmon regulates the three-dimensional contraction (myosin-dependent contraction of the actin binding proteininduced actin gel)
Nomura, M. and Sobue, K.
Biochem Biophys Res Commun
144:936-943
1987年(昭和62年)
 
Lymphokine mediated production of epidermal cell proliferation factor by cultured murine bone marrow cells.
Katayama, I., Doi, T. and Nishioka, K.
Br J Dermatol
117:677-685
1987年(昭和62年)
 
Sensitivity to UV radiation of fibroblasts from a Japanese group A xeroderma pigmentosum patient with mild neurological abnormalities
Sato, K., Watatani, M., Ikenaga, M., Kozuka, T., Kitano, Y., Yoshikawa, K., Mimaki, T., Abe, J. and Sugita, T.
Br J Dermatol
116:101-108
1987年(昭和62年)
 
Treatment of psoriasis vulgaris with oral 1,25-dihydroxyvitamin D3 -Report of two cases-
Morimoto, S., Yoshikawa, K., Kozuka, T., Kitano, Y. et al
Br J Dermatol
14:59-62
1987年(昭和62年)
 
Treatment of multiple brachymetatarsia : a case report
Hosokawa, K., Susuki, T.
British J Plastic Surg
40(4)423-426
1987年(昭和62年)
 
Immunohistochemical determination of immunosuppressive acidic protein in reactive and neoplastic disease of macrophage.
Aozasa, K., Ueda, T., Ayata, M., Tsujimoto, M., Fujita, M., Yamamura, T. and Tsujimura, T.
Cancer
60:2424-2427
1987年(昭和62年)
 
Immunosuppressive acidic protein in true histiocytic lymphoma
Yamamura, T., Aozasa, K., Tsujimura, M., Yosikawa, K. and Sawada, M.
Cancer
60:38-41
1987年(昭和62年)
 
The role of tropomyosin in the interactions of F-actin with caldesmon and actin-binding protein (or filamin)
Nomura, M., Yoshikawa, K., Tanaka, T., Sobue, K. and Maruyama,K.
Eur J Biochem
163:467-471
1987年(昭和62年)
 
Solitany giant spider angioma with an overlying pyogenic granuloma
Okada, N.
J Am Acad Dermatol
16:1053-1054
1987年(昭和62年)
 
A monoclonal antibody against the nucleaus reveals the presence of a common protein in the nuclear envelope, the perichromosomal region and cytoplasmic vesicles.
Wataya-Kaneda, M., Kaneda, Y., Sakurai, T., Sugawa, H. and Uchida, T.
J Cell Biol
104:1-7
1987年(昭和62年)
 
A monoclonal anti-keratin antibody reactive with amyloid deposit of primary cutaneous amyloidosis.
Kitano, Y., Okada, N., Kobayashi, Y., Tanigaki, T., Okano, M. and Yoshikawa,K.
J Dermatol (Tokyo)
14:427-429
1987年(昭和62年)
 
Fiberglass dermatitis in Japan-Report of four cases.
Okano, M., Kozuka, T., Tanigaki, T., Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
14:590-593
1987年(昭和62年)
 
Histamine release by scratching inflammed skin.
Nishioka, K., Katayama, I. and Doi, T.
J Dermatol (Tokyo)
14:284-285
1987年(昭和62年)
 
Immunofluorescence analysis of cultured mammalian cell nucleus using four monoclonal antibodies against the nucleus.
Wataya-Kaneda, M., Nishioka, K., Kaneda, Y. and Uchida, T.
J Dermatol (Tokyo)
14:316-321
1987年(昭和62年)
 
Incidence of friction melanosis in young Japanese women induced by using nylon towels and brushes.
Hata, S., Tanigaki, T., Misaki, K., Nakata, K. and Okada, A.
J Dermatol (Tokyo)
14:437-439
1987年(昭和62年)
 
Lanthanum-induced alterations in distribution of actin filaments in human keratinocytes.
Kitano, Y.
J Dermatol (Tokyo)
14:313-315
1987年(昭和62年)
 
Ia antigen expression by keratinocytes can be the molecule of antigen presentation in contact sensitivity.
Nishioka, K., Katayama, I. and Kobayashi, Y.
J Invest Dermatol
88:694-698
1987年(昭和62年)
 
かゆみ
東山 真里  吉川 邦彦
Modern Physician
8:1071-1074
1987年(昭和62年)
 
Unilateral athelia with a subcutaneous dermoid cyst
Hosokawa, K., Hata, Y., Yano, K., Susuki, T., Kikui, T., Tahara, S.
Plastic Surgery
80(5)732-733
1987年(昭和62年)
 
Determination of specific receptor for 1,25-dihydroxyvitamin D3 in the epidermis of patients with psoriasis vulgaris.
Morimoto, S., Imanaka, S., Yoshikawa, K., Kozuka, T., Kitano, Y. et al
Proc Jpn Soc Invest Dermatol
11:188-189
1987年(昭和62年)
 
老化とアミロイド−皮膚−
喜多野征夫
アミロイドーシス−皮膚と全身−, 大橋 勝編
30-33
1987年(昭和62年)
 
私たちの耳介形成術
井上 裕史  久志本 東  松本 維明
形成外科
30:496-502
1987年(昭和62年)
 
ミオグロビン尿症を合併したGoldenhar症候群の一例
井上 裕史  政田 佳子  久志本 東  松本 維明
形成外科
30:530-534
1987年(昭和62年)
 
マルクス・ガン現象の治療経験
井上 裕史  林  鐘学  大原 義雄
形成外科
30:613-617
1987年(昭和62年)
 
家兎耳介軟骨移植による軟骨再生について−有茎移植と遊離移植とにおける軟骨再生率について−
細川  亙  秦  維郎  矢野 健二  松賀 一訓
形成外科
30(3)271-276
1987年(昭和62年)
 
細胞内カルシウム代謝とその役割
祖父江憲治  野村 政夫
現代皮膚科学体系追補 1
31-37
1987年(昭和62年)
 
悪性線維性組織球症
山村 弟一
現代皮膚科学体系追補 第2巻
31-37
1987年(昭和62年)
 
悪性組織球症
山村 弟一
現代皮膚科学体系追補 第2巻
25-30
1987年(昭和62年)
 
ケラチノサイトにおけるSSA/Ro抗原expression
宮川 幸子  岡田奈津子  稲垣 安紀  喜多野征夫  植木 宏明  坂本 邦樹
厚生省特定疾患 混合性結合織病調査研究班 昭和62年度研究報告書
96-100
1987年(昭和62年)
 
神経線維腫細胞の培養におけるS-100蛋白陽性細胞の動態−NGFの効果について−
喜多野征夫  守屋 邦子  岡田奈津子
厚生省特定疾患 神経皮膚症候群調査研究班 昭和62年度研究報告書
52-55
1987年(昭和62年)
 
色素性乾皮症における末梢神経障害について
井籐 尚之  三牧 孝至  田川 哲三  寺田 春郎  安部 治郎  田中 順子  杉田 隆博  佐藤 健二  薮内 百治
小児科診療
50:2322ー2325
1987年(昭和62年)
 
T皮膚剥削術
松本 維明
新外科大系29B 形成外科U 中山書店
63-68
1987年(昭和62年)
 
U電気外科療法
松本 維明
新外科大系29B 形成外科U 中山書店
69-76
1987年(昭和62年)
 
Merkel Cell Carcinomaの1例
細川  亙  山鳥 一郎  森川 智子  秦  維郎  矢野 健二  松賀 一訓
日形会誌
7(8)1094-1101
1987年(昭和62年)
 
耳後部副耳と思われる1例:副耳とその類症の定義について
細川  亙  秦  維郎  矢野 健二  松賀 一訓
日形会誌
7(3)298-303
1987年(昭和62年)
 
漏出抗癌剤の体外誘導法−剥皮術を用いて−
細川  亙  秦  維郎  矢野 健二  松賀 一訓
日形会誌
7(5)538-544
1987年(昭和62年)
 
乾癬とビタミンD
上田 清隆  吉川 邦彦
日本医事新報
3322:14-18
1987年(昭和62年)
 
Christ-Siemens-Towraine 症候群
岡田奈津子
日本臨床
45:1226
1987年(昭和62年)
 
Ehlers-Danlos 症候群
喜多野征夫
日本臨床1987年春季増刊
81
1987年(昭和62年)
 
Rothmund-Thomson 症候群
喜多野征夫
日本臨床1987年春季増刊
115
1987年(昭和62年)
 
リシノール酸によるアレルギー性口唇炎の4例
藤本 圭一  橋本 誠一  小塚 雄民  吉川 邦彦
皮膚
29(増3):105-108
1987年(昭和62年)
 
硬化, 萎縮と全身疾患
喜多野征夫
皮膚科MOOK10 全身と皮膚, 今村貞夫編
59-66
1987年(昭和62年)
 
初期に典型的なMCTDの病像を呈しSLEに移行した1例
藤谷 裕子  西井 芳夫  井上 裕史  喜多野征夫  三上 裕司  伊藤 孝仁
皮膚病診療
9:647-650
1987年(昭和62年)
 
単クローン性免疫グロブリン上昇をきたした乾癬の2例−関節症性乾癬+骨髄腫および尋常性乾癬+原発性マクログロブリン血症−
西井 芳夫  川内  勉  吉川 邦彦  久山  純  片桐 修一
皮膚病診療
9:929-932
1987年(昭和62年)
 
耳介
松本 維明
標準形成外科 (第2版)  医学書院
166-172
1987年(昭和62年)
 
ショープ乳頭腫の悪性化と類似した疣贅状表皮発育異常症
谷垣 武彦  欠田 良児  小塚 雄民  湯通堂満寿夫  羽倉  明
臨床皮膚科
41:41-45
1987年(昭和62年)
 
人工紫斑−自己赤血球感作症候群と類似した臨床像を呈した1例−
東山 真里  喜多野征夫  頼藤 和寛 上西 国宏 
臨床皮膚科
41:751-754
1987年(昭和62年)
 
パピローマウイルスと性器癌
谷垣 武彦  欠田 良児  羽倉  明  湯通堂満寿夫
臨床婦人科産科
41:739-744
1987年(昭和62年)
 
No differences in filipin-cholesterol complexes between normal and ichthyotic epidermis.
Okano, M., Kitano, Y., Yoshikawa, K., Ishimura, K. and Fujita, H.
Acta Derm Venereol
68:183
1988年(昭和63年)
 
Cartilage formation from perichondrium in a diffusion chamber
Hosokawa, K., Hata, Y., Yano, K., Matsuka, K.
Annals of Plastic Surgery
21(2)140-142
1988年(昭和63年)
 
The uptake and long-term storage of India ink particles and Latex beads by fibroblasts in the dermis and subcutis of mice, with special regard to the non-inflammatory defense reaction by fibloblasts.
Fujita, H., Nishii, Y., Yamashita, K., Kawata, S. and Yoshikawa, K.
Arch Histol Cytol
51:385-294
1988年(昭和63年)
 
Characterization of low-dnsity-lipoprotein from patients with recessive X-linked ichthyosis.
Nakamura, T., Matsuzaka, Y., Okano, M., Kitano, Y., Funahashi, T., Yamashita, S. and Tarui, S.
Atherosclerosis
70:43-52
1988年(昭和63年)
 
Tight binding of glucocorticoid-receptor complexes to histone-agarose.
Ueda, K., Isohashi, F., Okamoto, K., Kokufu, I., Kimura, K., Yoshikawa, K. and Sakamoto, Y.
Biochem Biophys Res Commun
151:763-737
1988年(昭和63年)
 
Multiple biderectional alterations of phenotype and changes in proliferative potential during the in vitro and in vivo passage of clonal mast cell populations derived from mouse peritoneal mast cells.
Kanakura, Y., Thomson, H., Nakano, T., Yamamura, T., Asai, H., Kitamura, Y., Metcalfe, D.D. and Galli, S.J.
Blood
72:877-885
1988年(昭和63年)
 
X-linked ichthyosis and ichthyosis vulgaris: comparison of their clinical features based on biochemical analysis.
Okano, M., Kitano, Y., Yoshikawa, K., Nakamura, T., Matsuzawa, Y. and Yuasa, T.
Br J Dermatol
119:777-783
1988年(昭和63年)
 
Relationship between Sensitivity of Cells from Patients with Hereditary Cutaneos Malignant Melanoma to Killing and Mutations by 4-Nitroquinoline 1-Oxide and Adduct Formation
Sato, K., Howell, J.N., Greene, M.H., Maher, V.M. and McCormick, J.J.
Cancer Res
48:5145-50
1988年(昭和63年)
 
Increased sensitivity of fibroblasts from patients with hereditary cutaneous malignant melanoma (HCMM) to the cytotoxic and mutagenic effects of 4-nitroquinoline-1-oxide is correlated with increased adduct formation.
Sato, K., Howell, J.N., Maher, V.M. and McCormick, J.J.
Carcinogenic and mutagenic responses to aromatic amines and nitroarenes editors, Charles M. King, Louis J. Romano, Dennis Schuetzle, Elsevier Science Publishing Co., Inc., New York 
361-365
1988年(昭和63年)
 
Distribution of actin filaments in human malignant keratinocytes.
Kitano, Y.
Cell Biol Int Rep
12:189-194
1988年(昭和63年)
 
A trial of oral 1 alpha-hydroxyvitamin D3 for ichthyosis.
Okano, M., Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
Dermatologica
177:23:00
1988年(昭和63年)
 
Evidence of Inducible Error-Prone Mechanisms in Diploid Human Fibroblasts
Maher, V.M., Sato, K., Kateley-Kohler, S., Thomas, H., Michaud, S., McCormick, J.J., Kraemer, M., Rahmsdorf, H.J. and Herrlich, P.
DNA REPLACATION AND MUTAGENESIS, R. E. Moses and W. C. Summers (eds.), Amer. Soc. for Micro, Washington, D.C.
465-471
1988年(昭和63年)
 
Purification and characterization of an adenosine triphosphate-stimulated factor that enhances the nuclear binding of activated glucocorticoid-complex from rat liver.
Okamoto, K., Isohashi, F., Ueda, K., Kokufu, I. and Sakamoto, Y.
Endocrinology
123:2752-2761
1988年(昭和63年)
 
Sustained transgene expression in vitro and in vivo using an Epstein-Barr virus replicon system combined with HVJ liposomes
Y Saeki, M Wataya-Kaneda, K Tanaka and Y Kaneda
Gene Therapy
5:1031-1037
1988年(昭和63年)
 
Pemphigus: An autoantibody-mediated dermatosis
Jansen, P.J., Morioka, S., Hashimoto, K., Singer, K.H. and Lazarus, G.S.
Inflammation: Basic principles and clinical correlates (Gallin, J.I., Goldstein, I.M., Sinderman, R.eds) Ravan Press, New York
695-702
1988年(昭和63年)
 
Toxic epidermal necrolysis due to chphem.
Okano, M., Kitano, Y. and Ohzono, K.
Int J Dermatol
27:183-184
1988年(昭和63年)
 
Toxic epidermal necrolysis due to rifampicin.
Okano, M., Kitano, Y. and Igarashi, T.
J Am Acad Dermatol
17:303-304
1988年(昭和63年)
 
Solitary lymphoma of the ear.
Okano, M.
J Dermatol Surg Oncol
14:454-455
1988年(昭和63年)
 
Simultaneous evaluations of 1,25-dihidroxyvitain D3 receptors in fresh layers of epidermis and dermis from normal adult skin
Imanaga, S., Morimoto, S., Onishi, T., Okada, N., Kozuka, T., Kitano, Y., and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
15:299-303
1988年(昭和63年)
 
Tricophytic granuloma associated with bullous pemphiroid.
Ueda-Furukawa, M., Kitano, Y. and Hashimoto, K.
J Dermatol (Tokyo)
15:339-341
1988年(昭和63年)
 
Electron microscopic changes of bone marrow-derived cultured mast cells after injection into the skin of genetically mast cell deficient W/Wv mice.
Yamamura, T., Nakano, T., Fukuzumi, T., Waki, N., Asai, H., Yoshikawa, K. and Kitamura, Y.
J Invest Dermatol
91:269-273
1988年(昭和63年)
 
Keratinocyte urokinase-plasminogen activator is secreted as a single chain precursor
Hashimoto, K., Prystowsky, J.H., Baird, J., Lazarus, G.S. and Jensen, P.J.
J Invest Dermatol
90:923-828
1988年(昭和63年)
 
SSA/Ro antigen expression in simian virus 40-transformed human keratinocytes
Miyagawa, S., Okada, N., Inagaki, Y., Kitano, Y., Ueki, H., Sakamoto, K. and Steinberg, M.L.
J Invest Dermatol
90:342-345
1988年(昭和63年)
 
Study for evidence of inducible error-prone repair mechanisms in diploid human fibroblasts.
Sato, K., Maher, V.M., McCormick, J.J. and Herrkich, P.
Photomed Photobiol
10:147-148
1988年(昭和63年)
 
Analysis of plasma etretinate levels in patients with chronic dosing
Okada, N., Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
Proc Jap Soc Inv Dermatol
12:24-25
1988年(昭和63年)
 
非ステロイド性消炎外用剤
岡田奈津子  吉川 邦彦
医学と薬学
19:233-237
1988年(昭和63年)
 
疣贅状表皮発育異常症の癌化
谷垣 武彦
医学のあゆみ
148:665
1988年(昭和63年)
 
下咽頭, 頚部食道の再建について
前田  求  藤川 昌和  松本 維明  吉田 淳一
外科治療
59(6)656-663
1988年(昭和63年)
 
関節炎を伴う乾癬は一生の病気?
喜多野征夫
疑問に答える家庭の医学 (渋谷 実監修, 社会保険法規研究会)
562
1988年(昭和63年)
 
上眼瞼にみたれた後天性動静脈瘻の一例
井上 裕史  久志本 東  相馬 照代
形成外科
31:663-666
1988年(昭和63年)
 
視性刺激遮断弱視を生じた左上眼瞼腫瘍の一例
林  鐘学  大原 義雄  井上 裕史
形成外科
31:1209-1211
1988年(昭和63年)
 
皮膚切開と縫合
松本 維明
形成外科に学ぶ, 手術
42:1111-1119
1988年(昭和63年)
 
凍瘡様皮疹を伴う骨骨膜症
喜多野征夫
現代皮膚科学体系 年刊版'88B
163-165
1988年(昭和63年)
 
ステロイド剤とCyclosporinAの併用療法が著効を示したPSS+Sjogren+SLE Overlap Syndrome の1例
久米 昭廣  佐野 栄紀  上田 清隆  小林 與市  吉川 邦彦
厚生省特定疾患 強皮症調査研究班 昭和63年度研究報告書
257-261
1988年(昭和63年)
 
皮膚切開と縫合, 形成外科に学ぶ
松本 維明
手術
42:1111-1119
1988年(昭和63年)
 
色素性乾皮症における中枢神経病変−脳波異常と頭部CT所見−
三牧 孝至  井籐 尚之  田川 哲三  鈴木 保宏  佐藤 健二  原田 貢士  薮内 百治
小児科診療
51:1043ー1047
1988年(昭和63年)
 
下顎の手術
上地  貴  大森喜太郎
小児外科
20:73-81
1988年(昭和63年)
 
耳瘻孔 (耳介瘻孔, 耳前瘻孔)
松本 維明
図説臨床形成外科講座4
96-97
1988年(昭和63年)
 
耳瘻孔 (耳介瘻孔, 耳前瘻孔)
松本 維明
図説臨床形成外科講座4メジカルビュー社 東京
96-97
1988年(昭和63年)
 
逆行性島状足背皮弁による母趾切断端
上地  貴  浦川 晋也  前田  求  松本 維明
整形, 災害外科
31:227-229
1988年(昭和63年)
 
逆行性島状足背皮弁による母趾切断端の被覆 (電撃傷)
上地  貴  浦川 晋也  前田  求  松本 維明
整形, 災害外科
31:227-229
1988年(昭和63年)
 
皮弁による創の閉鎖について
高田 章好  久志本 東  林  鐘学  田所 丈嗣 (大阪警察形成)
大阪警察病院医学雑誌
12:121-129
1988年(昭和63年)
 
遊離複合移植による両側唇裂変形の修正
林  鐘学  大原 義雄  井上 裕史
大阪警察病院医学雑誌
12:131-136
1988年(昭和63年)
 
小耳症の経験について
田所 丈嗣  久志本 東  高田 章好  林  鐘学 (大阪警察形成)  松本 維明 (阪大)
大阪警察病院医学雑誌
12:137-141
1988年(昭和63年)
 
Sturge-Weber症候群についての若干の考察 −火焔状母斑を中心に−
佐藤 健二
第13回大阪小児てんかん研究会報告書
1ー5
1988年(昭和63年)
 
漏出抗癌剤の体外誘導法 (第2報)
細川  亙  秦  維郎  矢野 健二  松賀 一訓
日形会誌
8(1)33-37
1988年(昭和63年)
 
頭部に生じたExtraskeletal Ewing's Sarcomaの1治験例
細川  亙  秦  維郎  矢野 健二  松賀 一訓  岡田 正直  宮本 一雄  宇多 弘次
日形会誌
8(5)444-451
1988年(昭和63年)
 
ビタミンA類縁化合物 E-5166の培養人表皮ケラチノサイトの分化に及ぼす影響
岡田奈津子  池田 紀和  喜多野征夫  吉川 邦彦
日皮会誌
98:15-20
1988年(昭和63年)
 
疣贅状表皮発育異常症における悪性腫瘍発生について
谷垣 武彦
日皮会誌
98:1360-1363
1988年(昭和63年)
 
耳甲介腔を強調した小耳症の再建
松本 維明
日本形成外科学会会誌
8(10)870-872
1988年(昭和63年)
 
耳甲介を強調した小耳症の再建
松本 維明
日本形成外科学会雑誌
8:870-872
1988年(昭和63年)
 
耳甲介を強調した小耳症の再建
松本 維明
日本形成外科学会誌
8:870-872
1988年(昭和63年)
 
当科におけるhemifacial microsomiaに伴う顔面骨変形に対する治療経験
上地  貴  小林誠一郎  高田 裕子  大森喜太郎
日本形成外科学会誌
8:603-611
1988年(昭和63年)
 
前腕皮弁採取部の問題点−遊離皮弁79例の臨床的検討−
藤川 昌和  松本 維明  前田  求  吉田 淳一
日本形成外科学会誌
5(4)659-662
1988年(昭和63年)
 
前腕皮弁採取部の問題点
藤川 昌和
日本手の外科
5:659-662
1988年(昭和63年)
 
Cellular Blue Nevus と診断した頭部巨大腫瘤の1例
坂井 靖夫  松本 維明  前田  求  喜多野征夫  吉川 邦彦
皮膚
30:190-193
1988年(昭和63年)
 
Plasma cell cheilitisの1例
野村 政夫  畑 清一郎
皮膚
30:630-633
1988年(昭和63年)
 
最近2年間に経験したコルチコステロイド外用剤による接触皮膚炎
岩佐 真人  松村 雅示  東  禹彦
皮膚
30:48-54
1988年(昭和63年)
 
増殖性天疱瘡の1例
遠藤  薫  川内  勉  谷垣 武彦  吉川 邦彦
皮膚
30:156-161
1988年(昭和63年)
 
難治性疣贅における液体窒素療法の効果
谷垣 武彦
皮膚
30:729
1988年(昭和63年)
 
Cellular Blue Nevusと診断した頭部巨大腫瘤の1例
坂井 靖夫  松本 維明  前田  求 (阪大)   喜多野征夫  吉川 邦彦 (同皮膚)
皮膚
30:190-194
1988年(昭和63年)
 
亜鉛華絆創膏を用いた肥厚性瘢痕の治療経験および培養線維芽細胞に対する亜鉛の影響 (第1報)
上地  貴  浦川 晋也  前田  求  松本 維明  小林 興市  吉川 邦彦
皮膚
30(4)469-475
1988年(昭和63年)
 
マスト細胞
北村 幸彦  山村 弟一  吹角 隆之
皮膚科MOOK
12:5-12
1988年(昭和63年)
 
褥瘡の手術適応に関する1考察
倉田荘太郎  橋本 裕之  寺師 浩人  本多 朋仁  高安  進
皮膚科の臨床
30(11)1417-1420
1988年(昭和63年)
 
Cockayne症候群
船坂 陽子  市橋 正光  佐藤 健二
皮膚病診療
10:531ー534
1988年(昭和63年)
 
チックによる接触皮膚炎
駒村 公美  小塚 雄民  石井 素子  吉川 邦彦
皮膚病診療
10:701-704
1988年(昭和63年)
 
色素性乾皮症A群の症例
佐藤 健二  小塚 雄民  吉川 邦彦  池永 満生
皮膚病診療
10:37ー40
1988年(昭和63年)
 
色素性乾皮症A群の症例−神経症状を中心に−
三牧 孝至  井籐 尚之  田川 哲三  佐藤 健二  薮内 百治
皮膚病診療
10:41ー44
1988年(昭和63年)
 
くり抜き縫合法の検討
井上 裕史  倉田荘太郎  林  鐘学  上地  貴  前田  求  松本 維明
皮膚病診療
31:325-331
1988年(昭和63年)
 
色素性乾皮症
佐藤 健二  小塚 雄民
幼小児によくみられる皮膚疾患, 石橋・吉川編
78-79
1988年(昭和63年)
 
先天性表皮水疱症
橋本 公二
幼小児によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
74-75
1988年(昭和63年)
 
脂漏性皮膚炎
小林 與市
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
46-47
1988年(昭和63年)
 
色素性蕁麻疹
土居 敏明  吉川 邦彦
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
76-77
1988年(昭和63年)
 
接触皮膚炎
藤本 圭一  小塚 雄民
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
44-45
1988年(昭和63年)
 
先天性白皮症
喜多野征夫
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
70-71
1988年(昭和63年)
 
単純性疱疹
岡田奈津子
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
30-31
1988年(昭和63年)
 
伝染性紅斑
畑 清一郎  馬場 宏一
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
34-35
1988年(昭和63年)
 
疣贅
谷垣 武彦
幼少時によくみられる皮膚疾患, 石橋康正・吉川邦彦編
24-25
1988年(昭和63年)
 
性行為関連疾患としてのパピローマウイルス
谷垣 武彦
臨床科学
24:1565-1572
1988年(昭和63年)
 
成人T細胞白血病−顔面, 四肢にのみ皮疹のみられた1例−
川内  勉  岡田奈津子  欠田 良児  小林 興市  吉川 邦彦
臨床皮膚科
42:379-382
1988年(昭和63年)
 
Bullous pemphigoid antigen
Kitano, Y., Okada, N.
A Color Atlas of Dermato-Immunocytology (Ueki,H. and Yaoita, H. eds) Wolfe Medical publications Ltd
63
1989年(平成元年)
 
Gastric carcinoma associated with dermatomyositis.
Sakon, M., Monden, M., Fujimoto, Y., Nakano, H., Yane, S., Ogawa, M., Mori, T., Okada, N. and Okamura, J.
Acta Chir Scand
155:365-366
1989年(平成元年)
 
EEG and CT abnormalities in xeroderma pigmentosum.
Mimaki, T., Tagawa, T., Tanaka, J., Sato, K., and Yabuuchi, H.
Acta Neurol Scand
80:136-41
1989年(平成元年)
 
Deep Choncha from carthlage strips(board).
Matsumoto, Ko., Maeda, M., Inoue, Y., and Kamiji, T.
Advances Plast Reconst Surg
15:173-174
1989年(平成元年)
 
Inhibitory effect of mature cartilage on perichondrial neochondrogenesis
Hosokawa, K., Hata, Y., Yano, K., Matsuka, K., Ito, O.
Annals of Plastic Surgery
23(2)155-158
1989年(平成元年)
 
Anaphylactic symptoms due to chlorhexidine gluconate.
Okano, M., Nomura, M., Hata, S., Okada, N., Sato, K., Kitano, Y., Tashiro, M., Yoshimoto, Y., Hama, R. and Aoki, T.
Arch Dermatol
125:50-52
1989年(平成元年)
 
Synthesis of epidermolysis bullosa acquisita antigen by simian virus 40-transformed human keratinocytes.
Okada, N., Miyagawa, S., Horiguchi, Y., Kitano, Y., Yoshikawa, K., Sakamoto, K. and Steinberg, M.L.
Arch Dermatol Res
281:1-4
1989年(平成元年)
 
Skin pigmentation associated with minocycline therapy.
Okada, N., Moriya, K., Nishida, K., Kitano, Y., Kobayashi, T., Nishimura, H., Aoyama, M. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
121:247-254
1989年(平成元年)
 
Types of human papilloma virus isolated from Japanese patients with epidermodys plasia verruciformis and their clinical features.
Kanda, R. Tanigaki, T. Kitano, Y., Yoshikawa, K., Yutsudo, M. and Hakura, A.
Br J Dermatol
121:463-469
1989年(平成元年)
 
Hyperferritinaemia as a significant indicator suggesting malignant histicytosis.
Okano, M., Kanda, R., Tanigaki, T., Kobayashi, Y., Yamamura, T., Yoshikawa, K. et al
Br J Haematol
72:473-474
1989年(平成元年)
 
Microvascular Anastomosis using polyethylene glycol 4000 and fibrin glue.
Kamiji, T., Maeda, M., Matsumoto, Ko., and Nishioka, K.
Br J Plast Surg
42:54-58
1989年(平成元年)
 
Mongolian spots associated with cleft lip
Kurata, S., Oohara, Y., Itami, S., Inoue, Y. Ichikawa, H., Takayasu, S.
British J of Plastic Surgery
42:625-627
1989年(平成元年)
 
Interaction of histones in glucocorticoid receptor binding to DNA in vitro.
Isohashi, F., Okamoto, K., Ueda, K. Kokufu, I, Yoshikawa, K. and Sakamoto, Y.
Cancer Res 
48(sup8):2235s-2237s
1989年(平成元年)
 
Allergic contact sensitivity to quinophthalone.
Komamura, H., Kozuka, T., Ishii, M., Yoshikawa, K. and Iyoda, M.
Contact Dermatitis
20:177-181
1989年(平成元年)
 
Contact dermatitis due to diisopropanolamine.
Fujimoto, K., Hashimoto, S., Kozuka, T. and Yoshikawa, K.
Contact Dermatitis
21:56
1989年(平成元年)
 
Characterization of keratinocyte plasminogen activator inhibitors and demonstration of the prevention of pemphigus IgG-induced acantholysis by purified plasminogen avtivator inhivitor
Hashimoto, K.
Dermatol Digest
2:14-15
1989年(平成元年)
 
Interaction of rat liver glucocorticoid receptor with histones.
Ueda, K., Isohashi, F., Okamoto, K., Yoshikawa, K. and Sakamoto, Y.
Endocrinology
124:1042-1049
1989年(平成元年)
 
Properties of an adenosine triphosphate-stimulated factor that enhances the nuclear binding of activated glucocorticoid-receptor complex: binding to histone-agarose..
Okamoto, K., Isohashi, F., Ueda, K. and Sakamoto, Y.
Endocrinology
124:675-680
1989年(平成元年)
 
In vitro studies of acantholysis of keratinocytes induced by pemphigus antibody
Hashimoto, K., Jensen, P.J., Lazarus, G.S., Morioka, S. and Singer, K.H.
Immune Mechanism in cutaneous disease
26-27
1989年(平成元年)
 
Cutis laxa with ultrastructural abnormalities of elastic fiber
Kitano, Y., Nishida, K., Okada, N., Mimaki, T. and Yabuuchi, H.
J Am Acad Dermatol
21:378-380
1989年(平成元年)
 
Irritant contact dermatisis caused by povidone-iodine.
Okano, M.
J Am Acad Dermatol
 
1989年(平成元年)
 
An ultraviolet B radiation protocol for complete depletion of human epidermal Langerhans cells.
Rae, V., Yoshikawa, T., Bruins-Slot, W., Streilein JW. and Taylor, JR.
J Dermatol Surg Oncol
15:1199-1202
1989年(平成元年)
 
A Giant Calcifying Pseudocyst Seen in a Patient with Overlap Syndrome.
Hashiro, M., Maeda, M., Kobayashi, Y. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
16:146-149
1989年(平成元年)
 
Characterization of keratinocyte plasminogen activator inhibitors and demonstration of the prevention of pemphigus IgG-induced acantholysis by a purified plasminogen avtivator inhivitor.
Hashimoto, K., Wun, T-C., Baird, J., Lazarus, G.S. and Jensen, P.J.
J Invest Dermatol
92:310-314
1989年(平成元年)
 
Expression of proliferating cell nuclear antigen/cyclin in human keratinocytes
Miyagawa, S., Okada, N., Takasaki, Y., Iida, T., Kitano, Y., Yoshikawa, K., Sakamoto, K. and Steinberg, M.L.
J Invest Dermatol
93:678-681
1989年(平成元年)
 
Trial of IgG therapy for lupus nephritis--Report of two cases with a sccessful response.
Okano, M., Morita, K., Kitano, Y., Kozuka, T., Yoshikawa, K. et al
Jpn J Nephrol
31:145-149
1989年(平成元年)
 
Histological evidence of natural killer cell aggregation against malignant melanoma induced by adoptive immunotherapy with lymphokine-activated killer cells.
Yamamura, T., Fujitani, Y., Kawauchi, T., Yoshikawa, K., Ogawa, H., Sugiyama, H.,
Ohsawa, M. and Aozasa, K. J Pathol
157:201-204
1989年(平成元年)
 
Sensitivity of fibreoblast from a patient with hydoroa vacciviforme toultraviolet-A rocliation.
Sato, K., Yoshiakwa, K.
Photomed Photobiol
11:163-165
1989年(平成元年)
 
私の小耳症再建術, 手技
松本 維明
形成外科
32:921-930
1989年(平成元年)
 
先天性口腔底腫張により哺乳困難を呈した1例
坂井 靖夫  大原 義雄  井上 裕史  林  鐘学  寺師 浩人 (県立こども形成)
形成外科
32:153-157
1989年(平成元年)
 
私の小耳症再建術, 手技
松本 維明
形成外科
32:921-930
1989年(平成元年)
 
クルーゾン病の顔面形態に対するセファロ分析を用いた検討 (第1報)
上地  貴  大森喜太郎
形成外科
32.1241-1246
1989年(平成元年)
 
ビタミンDと皮膚
森本 茂人  荻原 俊男  吉川 邦彦
現代皮膚科学大系 年刊版 '89-A
235-239
1989年(平成元年)
 
細胞膜の各種レセプターの局在と測定
松本 邦夫  東山 真里  橋本 公二  吉川 邦彦
現代皮膚科学大系 年刊版 '89-B
88-97
1989年(平成元年)
 
細胞膜リン脂質代謝
松本 邦夫  羽白  誠  野村 政夫  吉川 邦彦
現代皮膚科学大系 年刊版 '89-B
3-12
1989年(平成元年)
 
SLEに併発した Duhring 疱疹状皮膚炎 (Linear IgA bullous dermatosis) の1例
岩佐 真人  松本 邦夫  橋本 公二  吉川 邦彦  末村 正樹
厚生省特定疾患 稀少難治性疾患調査研究班 昭和63年度研究報告書
243-250
1989年(平成元年)
 
PSS患者に対するCyclosporinAの治療経験−第2報−
上田 清隆  園田 早苗  硲野  哲  船井 龍彦  吉川 邦彦
厚生省特定疾患 強皮症調査研究班 平成元年度研究報告書
326-332
1989年(平成元年)
 
進行性全身性硬化症患者のレイノー症状に対するシロスタゾール (プレタール) の治療経験
上田 清隆  船井 龍彦  橋本 公二  吉川 邦彦
厚生省特定疾患 強皮症調査研究班 平成元年度研究報告書
354-358
1989年(平成元年)
 
アクロコルドン
上田 清隆
高齢者によくみられる皮膚疾患
48-49
1989年(平成元年)
 
貨幣状湿疹
野村 政夫  畑 清一郎
高齢者によくみられる皮膚疾患
14-15
1989年(平成元年)
 
乾癬
東山 真里
高齢者によくみられる皮膚疾患
24-25
1989年(平成元年)
 
尋常性天疱瘡
金  和子  橋本 公二
高齢者によくみられる皮膚疾患
26-27
1989年(平成元年)
 
脱毛
川内  勉
高齢者によくみられる皮膚疾患
56-57
1989年(平成元年)
 
類天疱瘡
船井 龍彦
高齢者によくみられる皮膚疾患
28-29
1989年(平成元年)
 
ウェルナー症候群, プロジェリア
喜多野征夫
今日の皮膚疾患治療指針, 池田重雄編
209
1989年(平成元年)
 
ダリエ病, 汗孔角化症, 進行性紅斑角皮症
喜多野征夫
今日の皮膚疾患治療指針, 池田重雄編
144-145
1989年(平成元年)
 
下咽頭癌切除後の再建皮膚より発癌したと思われる症例
吉野 邦俊  佐藤 武男  馬谷 克則  藤井  隆  八田 千広  垣淵 正男  沢田  達
耳喉頭頚
61(12)1127-1130
1989年(平成元年)
 
乳房, 胸壁の再建
林  鐘学  久志本 東  高田 章好  海老原妙子  浅田 裕司 (大阪警察形成)
大阪警察病院医学雑誌
13:107-114
1989年(平成元年)
 
レセプター・グルココルチコイド複合体のクロマチン結合様式の解析:レセプターとヒストンの相互作用
上田 清隆
大阪大学医学雑誌
41:153-162
1989年(平成元年)
 
皮膚科4年間の皮膚癌統計
市原 總子  蔭山 亮市  畑 清一郎  前田  求
大労医誌
13:119-124
1989年(平成元年)
 
CyclosporinAにより皮膚硬化の著名な改善を見たPSSとSLEの Overlap Syndrome の1例
久米 昭廣  上田 清隆  佐野 栄紀  船井 龍彦  小林 與市  橋本 公二  吉川 邦彦
日皮会誌
99:1191-1196
1989年(平成元年)
 
天疱瘡抗体による表皮細胞におけるUrokinase(u-PA)mRNAの誘導
橋本 公二
日皮会誌
99:1359-1360
1989年(平成元年)
 
毛根細胞の初代培養法−その培養に適した条件の検討
谷垣 範子  中村 昇二  兼久 秀典  政本 幸三  喜多野征夫
日皮会誌
99:1145-1152
1989年(平成元年)
 
逆行性後骨間皮弁の経験
藤川 昌和
日本形成外科学会雑誌
9:512-522
1989年(平成元年)
 
先天性完全鼻欠損の1例
坂井 靖夫  大原 義雄  井上 裕史 (県立こども形成)
日本形成外科学会誌
9:265-273
1989年(平成元年)
 
全前脳症, 偽性正中唇裂を伴う18番染色体短腕欠損症候群の一例
田原 由子  大原 義雄  井上 裕史
日本形成外科学会誌
9:806-810
1989年(平成元年)
 
逆行性後骨間皮弁の経験
藤川 昌和  松本 維明  前田  求  垣淵 正男  関口 順輔
日本形成外科学会誌
9(3)230-239
1989年(平成元年)
 
遊離前腕後骨間皮弁による口腔内再建
藤川 昌和  松本 維明  前田  求  北吉  光  垣淵 正男  奥村 隆志
日本形成外科学会誌
9(6)512-522
1989年(平成元年)
 
A case of fibrofatty prolifiration of the median nerve
井上 裕史  田原 由子  大原 義雄
日本手の外科学会誌
6:537-541
1989年(平成元年)
 
手の軟部悪性腫瘍の検討
垣淵 正男  松本 維明  前田  求ほか
日本手の外科学会誌
6(3)228-231
1989年(平成元年)
 
ステロイドクリーム基剤による接触皮膚炎の1例
東山 真里  吉川 邦彦  小塚 雄民  相馬 照代  多田 正憲  
皮膚
31:126-131
1989年(平成元年)
 
塩酸クロコナゾールによる接触皮膚炎
藤本 圭一  橋本 誠一  谷垣 武彦
皮膚
31(増7):111-114
1989年(平成元年)
 
学会における口頭発表を良くするために
佐藤 健二
皮膚
31:497ー500
1989年(平成元年)
 
歯科金属20種類によるパッチテスト成績
駒村 公美  小塚 雄民  藤本 圭一  橋本 誠一  片岡 葉子  田代  実  吉川 邦彦
皮膚
31(増7):268-272
1989年(平成元年)
 
尋常性膿瘡
畑 清一郎  野村 政夫  飯田 享子  林  正樹
皮膚
31:621-622
1989年(平成元年)
 
掌蹠角化症の2例−Vohwinkel症候群, Greither病−
守屋 邦子  喜多野征夫
皮膚病診療
11:289-292
1989年(平成元年)
 
褥瘡の治療法/その1
垣淵 正男  松本 維明
臨床科学
25(2)265-268
1989年(平成元年)
 
Results of the Allen test on 2,940arms
Hosokawa, K., Hata, Y., Yano, K., Matsuka, K., Ito, O., Ogli, K.
Annals of Plastic Surgery
24(2)149-151
1990年(平成2年)
 
Sheet of scar causes trapdoor deformity : A hypothesis
Hosokawa, K., Susuki, T., Kikui, T., Masada, Y., Hashimoto, H.
Annals of Plastic Surgery
25(2)134-135
1990年(平成2年)
 
Treatment of tattoos with pure epidermal sheet grafting
Hosokawa, K., Hata, Y., Yano, K., Matsuka, K., Ito, O., Ogli, K.
Annals of Plastic Surgery
24(1)53-60
1990年(平成2年)
 
Large subcutaneous calcification in systemic lupus erythematosus
Nomura, M., Okada, N. and Yoshikawa, K.
Arch Dermatol
126:1057-1059
1990年(平成2年)
 
Intranuclear androgen and cytosolic receptor concentrations in the axillary skin of osmidrosis
Kurata, S., Itami, S., Komada, S., Takayasu, S.
Arch.Dermatol.Res.
282:33-37
1990年(平成2年)
 
A novel epidermal cell differentiation inhibitor (EDIN):Purification and characterization from Staphylococcus aureus
Sugai, M., Enomoto, T., Hashimoto, K., Matsumoto, Ku., Matsuo, Y., Ohgai, H., Hong, Y-M., Inoue, S., Yoshikawa, K. and Suginaka, H.
Biochem Biophys Res Commun
173:92-98
1990年(平成2年)
 
Growth-inbitory effects of 1,25-dihydroxyvitamin D3 on normal human keratinocytes cultured in serum-free medium.
Matsumoto, Ku., Hashimto, K., Nishida, Y., Hashiro, M. and Yoshikawa, K.
Biochem Biophys Res Commun
166:916-923
1990年(平成2年)
 
Growth-inhibitory effects of 1,25-dihydroxyvitamin D3 on normal and psoriatic keratinocytes
Hashimoto, K., Matsumoto, Ku., Higashiyama, M., Nishida, Y. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
123:93-98
1990年(平成2年)
 
Organization and dosorganization of action filaments in human epidermal keratinocytes: Heat-shock treatment and recovery process
Kitano, Y. and Okada, N.
Cell Tissue Res
261:269-274
1990年(平成2年)
 
Skin pigmentation associated with minocycline therapy
Okada, N.
Clin Digest Seriespp
224-226
1990年(平成2年)
 
Staged Laminated, Costal Cartilage Framework for ear Reconstruction
Matsumoto, Ko., Maeda, M. and Fujikawa, M.
Clin Plast Surg
17:273-285
1990年(平成2年)
 
Staged, Laminated,Costal Cartzlage Framework for Ear Reconstruction
Matsumoto, K., Maeda, M., Fujikawa, M.
Clinics in Plastic Surg
17:273-285
1990年(平成2年)
 
Interleukin 6 and expression of its receptor on epidermal keratinocytes.
Yoshizaki, K., Nishimoto, N., Matsumoto, Ku., Taguchi, H., Taga, T., Deguchi, Y., Kuritani, T., Hirano, T., Hashimoto, K., Okada, N. and Kishimoto, T.
Cytokine
2:381-387
1990年(平成2年)
 
Growth of human keratinocytes in a defined medium supplemented with factor of serum
Kitano, Y., Okada, N. and Sasai, S.
Dermatologica
180:236-239
1990年(平成2年)
 
Sebaceus trichofolliculoma on scrotum and penis.
Nomura, M. and Hata, S.
Dermatologica
181:68-70
1990年(平成2年)
 
Severe intractable common warts associated with human papilloma virus 2, 3 and 20.
Tanigaki,T.
Dermatologica
181:159-161
1990年(平成2年)
 
Chlorhexidine hypersensitivity can cause severe anaphylactic reactions.
Okano, M.
Dermatology News
23:04
1990年(平成2年)
 
Differences in irradiation susceptibility and turn over between mucosal and connective tissue-type Mast cells of mice.
Fukuzumi, T., Waki, N., Kanakura, Y., Nagoshi, J., Hirota, S., Yoshikawa, K. and Kitamura, Y.
Exp Hematol
18:843-847
1990年(平成2年)
 
On the genetic basis of the effects of ultraviolet light B on cutaneous immunity. Evidence that polymorphism at the TNFa and Lps loci govern susceptibility.
Yoshikawa, T. and Streilein JW.
Immunogenetics
32:398-405
1990年(平成2年)
 
Functional dichotomy between Langerhans cells that present antigen to naive and to memory/effector T lymphocytes.
Streilein JW., Grammer, SF., Yoshikawa, T., Demidem, A. and Vermeer, M.
Immunol Rev
117:159-183
1990年(平成2年)
 
Modulation of growth and differentiation in normal human keratinocytes by transforming growth factor-β.
Matsumoto, Ku., Hashimoto, K., Hashiro, M., Yoshimasa, H. and Yoshikawa, K.
J Cell Physiol
145:95-101
1990年(平成2年)
 
Morphological aspects of the uptake, storage and release of Vitamin A by sebaceous glands of mice after administration of a large amount of Vitamin A.
Nishii, Y., Yoshikawa, K. and Fujita, H.
J Clin Electron Microscopy
23:111-119
1990年(平成2年)
 
1α,24R-Dihydroxyvitamin D3 has an ability comparable to that of 1 α,25-dihydroxyvitamin D3 to induce keratinocyte differatiation
Kobayashi, T., Okumura, H., Azuma, Y., Kiyoki, M., Matsumoto, Ku., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
17:707-709
1990年(平成2年)
 
Effect of 1,24R-dihydroxyvitamin D3 on the growth of human keratinocytes
Matsumoto, Ku., Hashimoto, K., Kiyoki, M., Yamamoto, M. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
17:97-103
1990年(平成2年)
 
Proliferating cell nuclear antigen/cyclin in cultured human keratinocytes
Okada, N., Miyagawa, S., Steinberg, M.L. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
17:521-525
1990年(平成2年)
 
BE-2 antigen; Appearance in activation and long-term growth of T cells.
Heald, P.W., Berger, C.L., Yamamura, T., McNamara, J. and Edelson, R.L.
J Invest Dermatol
94:452-455
1990年(平成2年)
 
Susceptibility to effects of UVB radiation on induction of contact hypersensitivity as a risk factor for skin cancer in humans.
Yoshikawa, T., Rae, V., Bruins-Slot, W., Van den Berg, JW., Taylor, JR. and Streilein JW.
J Invest Dermatol
95:530-536
1990年(平成2年)
 
耳鼻科領域と関連を持つ水疱症および膿疱症
橋本 公二
JOHNS
6:955-958
1990年(平成2年)
 
下咽頭癌の手術−切除範囲と再建について−
吉野 邦俊  佐藤 武男  馬谷 克則  藤井  隆  八田 千広  垣淵 正男  堀内 篤史
JOHNS
6(6):101-105
1990年(平成2年)
 
Effect of retinol on UV-introduced anchorage independent growth of human fibroblasts.
Sato, K. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
12:139-142
1990年(平成2年)
 
Two cases of erythropoietic protoporphyria.
Kobayashi, T., Shoda, Y., Sato, K., Yoshikawa, K. and Hata, S.
Photomed Photobiol
12:147-148
1990年(平成2年)
 
TGF-αによる表皮細胞増殖の制御
橋本 公二
医学のあゆみ
154:419-422
1990年(平成2年)
 
皮膚内の細胞成長因子研究の現況
橋本 公二
医学のあゆみ
154:190
1990年(平成2年)
 
咽頭癌の初期治療方針−とくに咽頭全摘・拡大手術について−
吉野 邦俊  佐藤 武男  馬谷 克則  藤井  隆  八田 千広  垣淵 正男  堀内 篤史
咽頭
2(1)78-84
1990年(平成2年)
 
クルーゾン病の顔面形態に対するセファロ分析を用いた検討 (第2報)
上地  貴  大森喜太郎
形成外科
33:91-97
1990年(平成2年)
 
クルーゾン病の顔面形態に対するセファロ分析を用いた検討 (第3報)
上地  貴  大森喜太郎
形成外科
33:109-112
1990年(平成2年)
 
遊離腹直筋皮弁による胸腔の再建
藤川 昌和  松本 維明  前田  求  松下 哲也  海老原妙子  中原 数也
形成外科
33(2)252-256
1990年(平成2年)
 
皮膚に関与する各種細胞成長因子について, TGF-alphaおよびTGF-betaを中心に解説したもの
橋本 公二  松本 邦夫  東山 真里  吉川 邦彦
現代皮膚科学体形 年刊版 '90-A
23-26
1990年(平成2年)
 
True histiocytic lymphoma.
山村 弟一
現代皮膚科学体系 年刊版 '90-A
125-128
1990年(平成2年)
 
皮膚と細胞成長因子
橋本 公二  松本 邦夫  東山 真里  吉川 邦彦
現代皮膚科学体系 年刊版 '90-A
23-36
1990年(平成2年)
 
カルシウムと皮膚疾患
野村 政夫  吉川 邦彦
現代皮膚科学体系 年刊版 '90-B
257-265
1990年(平成2年)
 
ミノサイクリン性皮膚色素沈着
岡田奈津子  佐藤 昌三
現代皮膚科学大系 年刊版 '90-A
223-228
1990年(平成2年)
 
人工透析中に発症した類天疱瘡2例について
岩佐 真人  松本 邦夫  東山 真里  橋本 公二
厚生省特定疾患 稀少難治性疾患調査研究班 平成元年度研究報告書
253-261
1990年(平成2年)
 
Hemifacial Microsomiaに対する顔面骨切り術
大森喜太郎  上地  貴  高田 裕子
手術
44:1223-1230
1990年(平成2年)
 
老人性眼瞼下垂の治療経験
林  鐘学  高田 章好
大阪警察病院医学雑誌
14:95-98
1990年(平成2年)
 
皮膚検査法1
野村 政夫  吉川 邦彦
日独医報
34:781-790
1990年(平成2年)
 
小人症を合併した先天性表皮水疱症の1例―成長ホルモンの病因論的役割―
中村 文昭  楽木 宏美  福尾 恵助  中村 光昭  真杉 文紀  大西 利夫  荻原 俊男  橋本 公二  小塚 雄民  吉川 邦彦
日内分泌会誌
66:94-100
1990年(平成2年)
 
偽性正中裂と多彩な神経学的所見を示した全前脳症の一例
田原 由子  大原 義雄  井上 裕史
日本形成外科学会誌
10:127-132
1990年(平成2年)
 
Clear cell hydradenomaの1例
野村 政夫  垣淵 正男  畑 清一郎
皮膚
32:778-780
1990年(平成2年)
 
Plantar fibromatosis の1例
野村 政夫  欠田 良児  藤川 昌和  畑 清一郎
皮膚
32:82-85
1990年(平成2年)
 
SLEに併発した Linear IgA bullous dermatosis の1例
岩佐 真人  松本 邦夫  橋本 公二  吉川 邦彦  末村 正樹
皮膚
32:411-417
1990年(平成2年)
 
Stevens-Johnson 症候群の7例
岩佐 真人  松村 雅示  東  禹彦
皮膚
32:738-748
1990年(平成2年)
 
Syringocystadenoma papilliferumの1例
野村 政夫  松下 哲也  畑 清一郎
皮膚
32:781-783
1990年(平成2年)
 
エトレチナート長期内服における有効性と安全性の再検討
岡田奈津子  東山 真里  森本 静夫  吉川 邦彦
皮膚
32:817-823
1990年(平成2年)
 
巨大血管腫の1例
中村 義朗  吉田 和世  秋元 隆道  藤川 昌和
皮膚
32:668-671
1990年(平成2年)
 
魚介類による職業性接触蕁麻疹
東山 真里  岩佐 真人  岡田奈津子  吉川 邦彦  藤本 圭一  金尾 啓右
皮膚
32:219-223
1990年(平成2年)
 
強皮症患者のレイノー症状に対するシロスタゾール (プレタール) の効果
上田 清隆  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚
33:469-474
1990年(平成2年)
 
脂腺母斑に伴ったsyringocystadenoma papillifereum
野村 政夫  松下 哲也  畑 清一郎
皮膚
32:781-783
1990年(平成2年)
 
所属リンパ節に転移した基底細胞上皮腫の1例
北吉  光  松本 維明  前田  求  藤川 昌和 他
皮膚
32:252-256
1990年(平成2年)
 
尋常性狼瘡の1例
畑 清一郎  市原 總子  野村 政夫
皮膚
32:768-770
1990年(平成2年)
 
成人型アトピー性皮膚炎に対するヒスタグロビンの有用性の検討−経口抗アレルギー剤との併用効果について−
吉川 邦彦  佐藤 健二  青木 敏之  小嶋 益子  足立  準  岡野 昌樹  川津 智是  山田徹太郎  井上千津子  奥村 睦子  藤本 圭一  橋本 誠一  赤木 正志  渋谷 京子  東  禹彦  松村 雅示  川津 友子  蔭山 亮市
皮膚
32:606-617
1990年(平成2年)
 
扁平コンジローマ
岡田奈津子
皮膚
32:1-2
1990年(平成2年)
 
所属リンパ節に転移した基底細胞上皮腫の一例
北吉  光  松本 維明  前田  求  藤川 昌和  その他
皮膚
32(2)252-256
1990年(平成2年)
 
Clear cell hydroadenomaの一例
野村 政夫  垣淵 正男  畑清 一郎
皮膚
32:778-780
1990年(平成2年)
 
切開, 縫合
松本 維明
皮膚科の臨床
32:1433-1441
1990年(平成2年)
 
メフェナム酸 (ポンタール) による固定薬疹
駒村 公美  小塚 雄民  佐藤 健二  吉川 邦彦
皮膚病診療
12:359-361
1990年(平成2年)
 
細胞成長因子の現況とその問題点
橋本 公二  東山 真里  松本 邦夫
皮膚病診療
12:568-572
1990年(平成2年)
 
切開, 縫合
松本 維明
皮膚臨床
32:1433-1441
1990年(平成2年)
 
I Scalpel Surgery:1切開, 縫合
松本 維明
皮膚臨床
32(11):1433-1441
1990年(平成2年)
 
全身性強皮症(PSS)患者に対するCyclosporinAの治療経験−皮膚硬化を中心に−
上田清隆  園田早苗  硲野 哲  久米昭廣  西田健樹  船井龍彦  吉川邦彦
臨床皮膚科
44:441-445
1990年(平成2年)
 
第51回米国研究皮膚科学会印象記
岡田奈津子
臨床皮膚科
44:936-938
1990年(平成2年)
 
皮膚疾患と細胞成長因子
橋本 公二  東山 真里  松本 邦夫
臨床皮膚科
44:558-562
1990年(平成2年)
 
皮膚潰瘍の新しい治療
船井 龍彦  吉川 邦彦
臨床皮膚科
44:638-642
1990年(平成2年)
 
落ちない化粧法で局所サルコイド反応を呈した1例
谷垣 武彦
臨床皮膚科
44:43-45
1990年(平成2年)
 
Facial osteotomies in the Oriental for improving aestherics−Application of the dentoalveolar setback osteotomy
Ohmori, K., kamiji, T.
Aesthetic Contouring of the Craniofacial Skelton Little Brown. NY
525-532
1991年(平成3年)
 
Involvement of endogenously produced 1,25-hydroxyvitamin D-3 in the growth and differentiation of human keratinocyte.
Matsumoto, Ku., Azuma, Y., Kiyoki, M., Okumura, H., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
Biochem Biophys Acta
1092:311-318
1991年(平成3年)
 
Growth inhibition of human keratinocyte by antisence c-myc oligomers not coupled to induction of differentiation.
Hashiro, M., Matsumoto, Ku., Okumura, H., Hashimoto, K. and Yoshiakwa, K.
Biochem Biophys Res Commun
174:287-292
1991年(平成3年)
 
Purpura caused by UV-irradiation at 375 nm in a patient with hydroa vacciniforme.
Sato, K., Tsujimura, M., Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
124:396-397
1991年(平成3年)
 
A long surviving case of holoprosencephaly agnathia series
Kamiji, T., Takagi, T., Akizuki, T., Kurakata, M., Ohmori, K.
British J Plast Surg
44:386-389
1991年(平成3年)
 
1 alpha, 25-(OH)2 D3 use on psoriasis and ichthyosis.
Okano, M.
Clin Digest Series
629
1991年(平成3年)
 
Segmental osteotomy of the upper and lower jaw (Aesthetic Contouring of the Craniofacial Skeleton
Ohmori, K., kamiji, T.
Clinics in Plastic Surg
18:163-169
1991年(平成3年)
 
Recurrent mucocutaneous lymphocytic infiltration possibly associated with Epstein-Barr virus infection.
Okada, N., Tei, H., Yamamura, T., Sato, K. and Yoshikawa, K.
Dermatologica
183:139-142
1991年(平成3年)
 
Subcutaneous leiomyosarcoma developing in a radiation dermatitis.
Yamamura, T., Takada, A., Higashiyama, M. et al
Dermatologica
183:154-156
1991年(平成3年)
 
Histamine-induced cyclic AMP accumulation in type-1 and type-2 astrocytes in primary culture
Kubo, A., Fukui H, Inagaki N., Kanamura A, Wada H.
European Journal of Pharmacology
208:249-253
1991年(平成3年)
 
A new method for quantifying keratinocyte differentiation using immunofluorescent staining of involucrin and cytofluorography.
Okumura, H., Matsumoto, Ku., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
Exp Cell Res
192:647-650
1991年(平成3年)
 
Marked stimulation of growth and motility of human keratinocytes by hepatocyte growth factor.
Matsumoto, Ku., Hashimoto, K., Yoshikawa, K. and Nakamura, T.
Exp Cell Res
196:114-120
1991年(平成3年)
 
1 alpha, 25-(OH)2 D3 use on psoriasis and ichthyosis.
Okano, M.
Int J Dermatol
30:62-64
1991年(平成3年)
 
Intranuclear androgen concentrations in facial skin
Kurata, S., Itami, S., Komada, S., Sonoda, T., Takayasu, S.
J. Dermatol. Sci.
2(2)75-78
1991年(平成3年)
 
A case of cutaneous metastasis of bile duct carcinoma.
Ueda, K., Okada, N. and Yoshikawa, K.
J Am Acad Dermatol
25:848-849
1991年(平成3年)
 
Videomacroscopic study of psoriasis.
Okada, N., Nakatani, S., Ozawa, K., Sato, K. and Yoshikawa, K.
J Am Acad Dermatol
25:1077-1078
1991年(平成3年)
 
Aberrant organization of actin filaments in keratinocytes of the aged.
Kitano, Y., Okamoto, E. and Okada, N.
J Cut Aging Cosmet Dermatol
1:249-256
1991年(平成3年)
 
A case of pemphigus vulgaris in a six-year-old girl.
Shoda, Y., Hashimoto, K., Matsuoka, Y. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
18:175-177
1991年(平成3年)
 
A novel anti-ENA antibody in serum of patients with childhood idiopathic thrombocytopenic purpura.
Miyagawa, S., Inagaki, Y., Okada, N., Yoshioka, A., Ueki, H., Yoshikawa, K. and Shirai, T.
J Dermatol (Tokyo)
18:69-73
1991年(平成3年)
 
Increased production of transforming growth factor-α in psoriatic epidermis.
Higashiyama, M., Matsumoto, Ku., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
18:117-119
1991年(平成3年)
 
Stimulation of fibronection secretion in cultured human keratinocytes by transforming growth factor-β not by other growth inhibitory substances.
Hashiro, M., Matsumoto, Ku., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
18:252-257
1991年(平成3年)
 
Effect of ultraviolet B light on cutaneous immune responses in humans with deeply pigmented skin.
Vermeer, MH., Schmieder, GJ., Yoshikawa, T., Van den Berg, JW., Metzman M., Taylor, JR. and Streilein JW.
J Invest Dermatol
97:729-734
1991年(平成3年)
 
Epidemiological analysis of malignant and premalignant skin cancers of the Japanese on sun-exposed area: Comparative studies on incidence rates of 1976-80 and 1986-90
Ichihashi, M., Sato, K. et al
Photomed Photobiol
13:111-113
1991年(平成3年)
 
Sensitivity of human fibroblasts after treatment with riboflavin and UVA radiation.
Sato, K., Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
13:61-64
1991年(平成3年)
 
UV measurements at 13 stations in Japan
Ichihashi, M., Sato, K., et al
Photomed Photobiol
13:107-110
1991年(平成3年)
 
Vitamin D and the skin
吉川 邦彦
Proceeding of International on skin aging (Shiseido, Tokyo)
41-47
1991年(平成3年)
 
Group A xeroderma pigmentosum patient who possibly has mild neurological abnormalities.
Sato, K., Sato, M. and Yoshikawa, K.
Proceedings of the 7th Korea-Japan joint meeting of Dermatology. October 18-19, 1991, Seoul, Korea
323-327
1991年(平成3年)
 
Tumor necrosis factor-alpha and ultraviolet B light have similar effects on contact hypersensitivity in mice.
Yoshikawa, T. and Streilein JW.
Regional Immunol
3:139-144
1991年(平成3年)
 
Neurofibroma of the clitoris.
Nishimura, K., Sugao, H., Sato, K., Okuyama, A. and Sonoda, T.
Urol Int
46:109-111
1991年(平成3年)
 
Wegener肉芽腫症
岩佐 真人
アレルギー皮膚疾患の診療, 山本昇壮編 臨床医薬研究協会
74-76
1991年(平成3年)
 
ヒト外毛根鞘細胞の培養
倉田荘太郎  板見  智
医学のあゆみ
158(2)115
1991年(平成3年)
 
唇顎口蓋裂術後の上下顎歯列の成長 (第1報)
上地  貴  坂井 靖夫  高田 章好  大森喜太郎
形成外科
34(8)779-783
1991年(平成3年)
 
顔面裂の眼窩位置移動の経緯
上地  貴  桜井  淳  高木  正  小林誠一郎  大森喜太郎
形成外科
34:667-671
1991年(平成3年)
 
積極的に行う必要はない日光浴
佐藤 健二
公衆衛生
55:518
1991年(平成3年)
 
外表奇形と形成外科
高田 章好  藤川 昌和  上地  貴  松本 維明
産婦人科治療
63:79-84
1991年(平成3年)
 
外表奇形と形成外科
高田 章好 (母子医療センター形成)   藤川 昌和  上地  貴  松本 維明 (阪大)
産婦人科治療
63(1)79-84
1991年(平成3年)
 
下咽頭梨状窩瘻により死亡した一例
北吉  光  佐藤 武雄  吉野 邦俊 (府立成人病センター耳鼻科)   馬谷 克則  藤井  隆  伊藤  聡 (同頭頚部外科)
耳鼻咽喉科・頭頚部外科
63(8)653-656
1991年(平成3年)
 
水疱様外観を示した石灰化上皮腫の1例
細川  亙  薄  丈夫  菊井 知子  政田 佳子  橋本 裕之
住友医誌
18:113-114
1991年(平成3年)
 
耳下腺の筋上皮腫の1例
政田 佳子  細川  亙  橋本 裕之  菊井 知子  薄  丈夫  辻村 崇浩 (住友形成)
住友病院医学雑誌
18:119-122
1991年(平成3年)
 
兵庫県および本邦における皮膚癌発生と環境因子との相関に関する調査研究
市橋 正光  佐藤 健二 他
神緑会学術誌
7:11-15
1991年(平成3年)
 
急性アニリン中毒の2例
坂井 靖夫  鈴木 潤一  大松 正宏  桂田 菊嗣  宮島 啓子  吉田 俊明  平田  衛  田淵 武夫 (府立救急)
中毒研究
4:265-268
1991年(平成3年)
 
軟部組織瘢痕による皮膚の膨隆変形に関する推論的考察−弁状瘢痕変形を含めて−
細川  亙  薄  丈夫  菊井 知子  政田 佳子  橋本 裕之
日形会誌
11(8)642-648
1991年(平成3年)
 
エトレチナート長期内服に伴う骨, 関節変化
岡田奈津子  東山 真里  森本 静夫  吉川 邦彦
日皮会誌
101:547-552
1991年(平成3年)
 
皮膚におけるGrowth Factor
橋本 公二
日皮会誌
101:1590-1591
1991年(平成3年)
 
肥大性皮膚骨膜症の1例
松井 喜彦  西井 芳夫  前田  求  岡田奈津子  吉川 邦彦
日皮会誌
101:461-467
1991年(平成3年)
 
顔面正中部形成不全を呈する唇裂について
坂井 靖夫  大原 義雄  井上 裕史 (県立こども形成)
日本形成外科学会誌
11:199-208
1991年(平成3年)
 
血管柄付き頭蓋骨弁を用いた下顎骨体部再建の経験
上地  貴  関口 順輔  大森喜太郎
日本形成外科学会誌
11:240-245
1991年(平成3年)
 
鎖骨形態異常を伴った非対称性眼窩隔離症の3例
上地  貴  小林誠一郎  大森喜太郎
日本形成外科学会誌
11:567-572
1991年(平成3年)
 
無血清培地によるヒト外毛根鞘細胞の培養−熱傷創面被覆への基礎実験−
倉田荘太郎  板見  智  寺師 浩人  高安  進
日本形成外科学会誌
11(1)1-10
1991年(平成3年)
 
顔面進行性脂肪萎縮症の1再建例
坂井 靖夫  藤川 昌和  松本 維明  高田 章好
日本頭蓋顎顔面外科学会誌
7:20-25
1991年(平成3年)
 
顔面進行性脂肪萎縮症の一再建例
坂井 靖夫  藤川 昌和  松本  維明  高田 章好
日本頭蓋顎顔面外科学会誌
7(2)20-25
1991年(平成3年)
 
Cockayne症候群の4例 −特徴的なMRIを含めて−
松井  潔  山田美智子  岩本 弘子  田中 文雄  宮川田鶴子  山下 純正  三宅  太  佐藤 健二
脳と発達
23:374-379
1991年(平成3年)
 
Disseminated lymphocytoma cutis.
中谷 秀造  岡田奈津子  吉川 邦彦
皮膚
33:1-2
1991年(平成3年)
 
PPDおよびKathon CGによるアレルギー性接触皮膚炎の1例
朝川由佳里  岩佐 真人  奥村 秀信  吉川 邦彦
皮膚
33(増11):377-381
1991年(平成3年)
 
エリックス点眼液による接触皮膚炎の2例
岩佐 真人  朝川由佳里  奥村 秀信  吉川 邦彦  藤本 圭一
皮膚
33:24-29
1991年(平成3年)
 
グリチルリチン製剤内服中に, 偽性アルドステロン症をきたし筋力低下を訴えた1例
西山  進  樽谷 勝仁  磯ノ上正明  滝尻 珍重  吉川 邦彦
皮膚
33:543-548
1991年(平成3年)
 
シクロスポリンソフトカプセルによる重症型乾癬の治療
東山 真里  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚
33:207-211
1991年(平成3年)
 
スルピリンによるI型薬疹の1例
松岡  縁  佐藤 健二  吉川 邦彦
皮膚
33:525-531
1991年(平成3年)
 
尋常性乾癬と天疱瘡との合併例
東山 真里  橋本 公二  山本地香子  川内  勉  吉川 邦彦  喜多野征夫  小林 與市
皮膚
33:107-113
1991年(平成3年)
 
壁紙中のFormaldehydeによる接触皮膚炎, 自家感作性湿疹の1例
岩佐 真人  奥村 秀信  朝川由佳里  吉川 邦彦
皮膚
33(増11):376
1991年(平成3年)
 
慢性GVHDの1例
中谷 秀造  東山 真里  岡田奈津子  吉川 邦彦
皮膚
33:1287-1291
1991年(平成3年)
 
両足趾全爪に認められた爪甲鉤弯症の1例
岩佐 真人  吉川 邦彦  篠原 慶希
皮膚
33:75-76
1991年(平成3年)
 
老人病院における疥癬の統計
駒村 公美  吉川 邦彦
皮膚
33:520-524
1991年(平成3年)
 
A case of Lymphangiectasia of Scrotum
井上 裕史  片山 一郎  西岡  清  前田  求  松本 維明
皮膚
33:347-350
1991年(平成3年)
 
ビタミンD3による乾癬の治療
橋本 公二  東山 真里  吉川 邦彦
皮膚科の臨床
33:1031-1035
1991年(平成3年)
 
アミロイドーシス
吉川 邦彦
皮膚疾患最新の治療 '91-'92
135-136
1991年(平成3年)
 
正中菱形舌炎
谷垣 武彦
皮膚病診療
13:347-348
1991年(平成3年)
 
皺状舌
岩佐 真人  吉川 邦彦
皮膚病診療
13:349-350
1991年(平成3年)
 
口蓋裂児に対するIsocalの使用経験
井上 裕史  田原 由子  海老原妙子  西谷 茂樹  大原 義雄  石見 宥子
臨床栄養
79:681-684
1991年(平成3年)
 
皮膚$3001痒症の治療法 (2)
吉川 邦彦
臨床科学
27:520-522
1991年(平成3年)
 
著明なDesmoplasiaを伴った印環細胞型胃癌の顔面皮膚転移例
久米 昭廣  橋本 公二  吉川 邦彦
臨床皮膚科
45:351ー354
1991年(平成3年)
 
皮膚形成外科の進歩
高田 章好  藤川 昌和  松本 維明
臨床皮膚科
45(5)167-170
1991年(平成3年)
 
アミロイド苔癬
山村 弟一
痒みの強い皮膚疾患
54-55
1991年(平成3年)
 
貨幣状湿疹/自己感作性皮膚炎
岡田奈津子
痒みの強い皮膚疾患
26-27
1991年(平成3年)
 
乾癬
東山 真里
痒みの強い皮膚疾患
60-61
1991年(平成3年)
 
汗疹
磯ノ上正明
痒みの強い皮膚疾患
68-69
1991年(平成3年)
 
光線過敏症
佐藤 健二
痒みの強い皮膚疾患
44-45
1991年(平成3年)
 
職業性接触皮膚炎
岩佐 真人
痒みの強い皮膚疾患
5-6
1991年(平成3年)
 
妊娠性痒疹, 妊娠性疱疹
橋本 公二
痒みの強い皮膚疾患
80-81
1991年(平成3年)
 
皮脂欠乏症
滝尻 珍重
痒みの強い皮膚疾患
22-23
1991年(平成3年)
 
Tumor necrosis factor-alpha mediates ultraviolet light B-enhanced expression of contact hypersensitivity.
Yoshikawa T, Kurimoto I, Streilein JW :
Immunology.
76: 264-271,
1992(平成4年)
 
Cis-urocanic acid suppression of contact hypersensitivity induction is mediated via tumor necrosis factor-a.
Kurimoto I, Streilein JW :
J. Immunol.
148: 3072-3078,
1992(平成4年)
 
Il-3 production as an in vitro marker of the genetically traits of UVB susceptibility and UVB resistance.
Streilein JW, Kurimoto I, Mammolenti M:
J Invest Dermatol.
99: 74S-76S,
1992(平成4年)
 
Deleterious effects of cis-urocanic acid and UVB radiation on Langerhans cells and on induction of contact hypersensitivity are mediated by tumor necrosis factor-alpha.
Kurimoto I, Streilein JW :
J Invest Dermatol.
99: 69S-70S,
1992 (平成4年)
 
Analysis of effects of ultraviolet B radiation on induction of primary allergic reactions.
Tseng C, Hoffman B, Kurimoto I, Shimizu T, Schmieder GJ, Taylor JR, Streilein JW :
J Invest Dermatol.
98: 871-875,
1992 (平成4年)
 
Simple system to irradiate cultured cells with UVA light.
Sato, K., Yoshikawa, K.
Acta Derm Venereol
72:98-101
1992年(平成4年)
 
GTP gamma S-dependent regulation of smooth muscle contractile elements.
Kubota, Y., Nomura, M., Kamm, K.E. Mumby, M.C. and Stull. J.T.
Am J Physiol 
:405-410
1992年(平成4年)
 
Reconstruction of the Distal Foot Dorsum with a Distally Based Extensor Digitorum Brevis Muscle Flap
Kurata, S., Hashimoto, H., Terashi, H., Honda, T., Takayasu, S.
Ann. Plast. Surg.
29:76-79
1992年(平成4年)
 
Restoration of Mandible by Full-Thickness Calvarial Bone Flap
Kamiji, T.
Annals of Plastic Surgery
29:438-443
1992年(平成4年)
 
A two-colour flowcytometric study of cell kinetics and differetiation of human keratinocytes in culture.
Nakatani, S., Okada, N., Okumura, H. and Yoshikawa, K.
Arch Dermatol Res
284:349-352
1992年(平成4年)
 
Site-Specific Dephosphorylation of Smooth Muscle Myosin Light Chain Kinase by protein Phosphatases 1 and 2A.
Nomura, M., Stull, J.T., Kamm, C.E. and Mumby, M.C.
Biochem
31:11915-11920
1992年(平成4年)
 
皮膚科領域とビタミンD
東山 真里  橋本 公二  吉川 邦彦  松本 邦夫
Clinical Calcium
2:100-106
1992年(平成4年)
 
Tumor necrosis factor-alpha mediates ultraviolet light B-enhanced expression of contact hypersensitivity.
Yoshikawa, T., Kurimoto, I. and Streilein JW.
Immunology
76:264-271
1992年(平成4年)
 
Infrequent mutation of the RAS-genes in skin tumors of xeroderma pigmentosum patients in Japan
Ishizaki, K., Tsujimura, T., Nakai, M., Nishigori, C., Sato, K., Katayama, S., Kurimura, O., Yoshikawa, K., Imamura, S., and Ikenaga, M.
Int J Cancer
50:382-385
1992年(平成4年)
 
Clinical experiences with patients with facial bone defotmityies associated with hemifacial microsomia
Kamiji, T., Ohmori, K., Takada, H.
J Craniofac Surg
2:181-189
1992年(平成4年)
 
Cumulative sunlight exposure and the risk of developing skin cancer in Florida.
Schmieder, GJ., Yoshikawa, T., Mata, S., Streilein JW. and Taylor, JR.
J Dermatol Surg Oncol
18:517-522
1992年(平成4年)
 
The role of growth factor in wound healing.
Higashiyama, M., Hashimoto, K., Takaba, A., Fujita, K., Kido K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
19:676-679
1992年(平成4年)
 
UVA-induced cytotoxicity of pyridoxine.
Taguchi, H., Sato, K. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
14:101-104
1992年(平成4年)
 
A roentgencephalometric study of 10 adult patients with Crouzon Syndrome
Kamiji, T., Ohmori, K.
Plastic Surgery
2
1992年(平成4年)
 
培養ヒト外毛根鞘細胞による創面被覆の検討
倉田荘太郎  寺師 浩人  板見  智  高安  進
Progress in Medicine
12(11)271-273(2881-2883)
1992年(平成4年)
 
エトレチナート長期投与の問題点
岡田奈津子
Seminaria Dermatologie
101:10-12
1992年(平成4年)
 
腋窩に生じたアポクリン腺癌の1例
小林 照明  橋本 公二  吉川 邦彦  松永 悦治  占部 篤道
Skin Cancer
7:331-334
1992年(平成4年)
 
Sheet of Scar Causes Trapdoor Deformity : A Hypothesis
Hosokawa, K., Susuki, T., Masada, Y., Hashimoto, H.
The year book of dermatologic surgery (Swanson NA Ed.) Chapter 1 (Concepts and techniques)
53-54
1992年(平成4年)
 
固定薬疹
橋本 公二
モダン・クリニカルポイント皮膚科
 
1992年(平成4年)
 
埋没耳の手術的治療
松本 維明  高田 章好  藤川 昌和  上地  貴
形成外科
35(5)489-499
1992年(平成4年)
 
組織伸展法における皮膚延長効率の分析
西谷 茂樹  井上 裕史  大原 義雄  吉龍 澄子
形成外科
35:1039-1043
1992年(平成4年)
 
われわれの片側唇裂鼻二次修正術
田所 丈嗣  藤川 昌和  松本 維明  高田 章好
形成外科
35(9)997-1000
1992年(平成4年)
 
副耳下腺から発生した多形腺腫の一例
北吉  光  佐藤 武雄  吉野 邦俊 (府立成人病センター耳鼻科)  馬谷 克則  藤井  隆  伊藤  聡  福田 和泰 (同頭頚部外科)
形成外科
35(7)781-785
1992年(平成4年)
 
Thenar flap法における皮弁採取部の検討
野村 智史  垣淵 正男  倉片  優ほか
形成外科
35(12)1459-1465
1992年(平成4年)
 
眼の形成外科 (形成外科手術手技シリーズ)
上地  貴  大森喜太郎
形成外科手術手技シリーズ 克誠堂出版
 
1992年(平成4年)
 
犬天疱瘡の1例−天疱瘡動物モデルとしての展望−
岩佐 真人  橋本 公二
厚生省特定疾患 稀少難治性疾患調査研究班 平成4年度研究報告書
235-239
1992年(平成4年)
 
天疱瘡, 類天疱瘡, 疱疹状皮膚炎
橋本 公二
今日の治療指針
 
1992年(平成4年)
 
上顎再建における鼻腔形成の経験
坂井 靖夫  藤川 昌和  松本 維明
耳鼻咽喉科・頭頚部外科
64(9)667-671
1992年(平成4年)
 
兵庫県および本邦における皮膚癌発生と環境因子との相関に関する調査研究
市橋 正光  佐藤 健二 他
神緑会学術誌
8:10-15
1992年(平成4年)
 
膿疱性乾癬の経過中に膿疱型薬疹を生じた1例
西山  進  岡田奈津子  吉川 邦彦
第6回角化症研究会記録集
52-53
1992年(平成4年)
 
レチノイド長期投与の問題点
岡田奈津子
第6回日本乾癬学会記録集
36-37
1992年(平成4年)
 
三世代にわたって尋常性乾癬と掌蹠膿疱症を発症した1家系例
松岡  縁  岡田奈津子  吉川 邦彦
第6回日本乾癬学会記録集
154-155
1992年(平成4年)
 
Non-Hodgkin's lymphoma of large multilobated cell typeの1例
松岡  縁  庄田裕紀子  磯ノ上正明  東山 真里  滝尻 珍重  山村 弟一  岡田奈津子  吉川 邦彦
日皮会誌
102:41-46
1992年(平成4年)
 
Flail chest20例の検討
坂井 靖夫  山吉  滋  桂田 菊嗣 (府立救急)
日本災害医学会雑誌
40:701-705
1992年(平成4年)
 
チガソン
岡田奈津子
日本皮膚科学会専門医テキスト集, 1992年度版
121-134
1992年(平成4年)
 
Betamethasone 17,21-dipropionate(リンデロンDP軟膏, クリーム)の湿疹, 皮膚炎群に対する治療効果−単独外用とTerfenadine内服併用による有用性比較−
岡田奈津子  橋本 公二  佐藤 健二  山村 弟一  吉川 邦彦
皮膚
34:402-408
1992年(平成4年)
 
Median raphe cyst of the penis.
欠田 良児  畑 清一郎  磯ノ上正明
皮膚
34:181-183
1992年(平成4年)
 
Pseudohomozygous type 2 hyperlipoproteinemia.
小澤健太郎  岡田奈津子  吉川 邦彦  上山 裕也  松沢 祐二
皮膚
34:202-205
1992年(平成4年)
 
イオヘキソール(オムニパーク $5001)による薬疹の1例
前田 知子  磯ノ上正明  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚
34(増14):588-592
1992年(平成4年)
 
プラスチツク加工業者に認められた接触皮膚炎の1例
岩佐 真人  東山 真里  朝川由佳里  吉川 邦彦
皮膚
34(増13):151-155
1992年(平成4年)
 
プロスタグランデインE1による皮膚潰瘍の治療
佐藤 健二  久米 昭廣  船井 龍彦  吉川 邦彦
皮膚
34:685-690
1992年(平成4年)
 
色素性乾皮症
佐藤 健二
皮膚
34:848-849
1992年(平成4年)
 
色素性乾皮症患者に適した夏用紫外線防御服地
佐藤 健二  田口 博康  吉川 邦彦
皮膚
34:172-176
1992年(平成4年)
 
当科における金属パッチテスト成績
岩佐 真人  東山 真里  朝川由佳里  廣瀬のり子  吉川 邦彦
皮膚
34(増14):309-313
1992年(平成4年)
 
熱傷瘢痕に生じた有棘細胞癌
林  鍾学  富田 智史  松本 維明  吉川 邦彦
皮膚
34:749-752
1992年(平成4年)
 
皮膚科領域におけるリンホーマ
山村 弟一
皮膚
34:793-796
1992年(平成4年)
 
皮膚感染症に対するオゼックス$5001錠の有用性の検討
山田徹太郎  吉川 邦彦  佐藤 健二  川津 智是  太田 純子  多田 正憲  井上千津子  原  洋子  松永 悦治  川内  勉
皮膚
34:541-559
1992年(平成4年)
 
皮膚手術創に対するDuo DERM Extra Thinの有用性検討
坂井 靖夫  岩佐 真人  磯ノ上正明  松本 維明  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚
34:514-521
1992年(平成4年)
 
熱傷瘢痕に生じた有棘細胞癌−1症例の報告と大阪大学皮膚科教室の症例の統計的観察−
林  鐘学  富田 智史  松本 維明  吉川  邦彦
皮膚
34(6)749-752
1992年(平成4年)
 
局所リンパ節転移をきたしたTriple Extrammary Paget病の一例
北吉  光  松本 維明  前田  求  藤川 昌和  松下 哲也  市野 直樹 (阪大形成外科)   吉川 邦彦  川内  勉 (同皮膚)
皮膚
34(5)612-617
1992年(平成4年)
 
培養表皮細胞移植−現状と未来−
橋本 公二  東山 真里  坂井 靖夫  吉川 邦彦
皮膚科の臨床
34:913-917
1992年(平成4年)
 
皮膚科学のおもしろさ (巻頭言)
岡田奈津子
皮膚科の臨床
34:233-234
1992年(平成4年)
 
耳介部
松本 維明
標準形成外科学 第3版 医学書院
 
1992年(平成4年)
 
培養表皮細胞の治療への応用
橋本 公二  東山 真里  坂井 靖夫  吉川 邦彦
臨床皮膚科
46:123-127
1992年(平成4年)
 
皮膚表面マクロスコープの臨床診断への応用
岡田奈津子
臨床皮膚科
46:99-102
1992年(平成4年)
 
Tumor necrosis factor-a polymorphism correlates with deleterious effects of ultraviolet B light on cutaneous immunity.
Vincek V, Kurimoto I, Medema JP, Prieto E, Streilein JW :
Cancer Research.
53: 728-732,
1993(平成5年)
 
Studies of contact hypersensitivity induction in mice with optimal sensitizing doses of hapten.
Kurimoto I, Streilein JW :
J Invest Dermatol.
101:132-136,
1993(平成5年)
 
Immunology of human skin and its relationship to skin cancers.
Streilein JW, Taylor JR, Yoshikawa T, Kurimoto I :
The Cancer Bulletin
45 : 225-231,
1993(平成5年)
 
Aspiration therapy in Steatocystoma Multiplex.
Sato, K., Shibuya, K., Taguchi, H., Kitano, Y. and Yoshikawa, K.
Arch Dermatol
129:35-37
1993年(平成5年)
 
Immunohistochemical detection of cestrogen receptor-related protein(p-29) in apocrine glands.
Yamamura, T., Honda, T., Yoshikawa, K. and Aozasa, K.
Arch Dermatol Res
285:38-39
1993年(平成5年)
 
Growth inhibition of human keratinocyte by 1,25-dihydroxyvitamin D3 is linked to dephosphorylation of retinoblastoma gene product.
Kobayashi, T., Hashimoto, K. and Yoshiakwa, K.
Biochem Biophys Res Commun
196:487-493
1993年(平成5年)
 
Characterization of pigmented granules in minocycline induced cutaneous pigmentation:Fluorescent microscopic and high performance liquid chromatographic observation.
Okada, N., Sato, S., Sasou, T., Aoyama, M., Nishida, K. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
129:403-407
1993年(平成5年)
 
Cutaneous oxalate granulomas in a haemodialysed patient report of a case with unique clinical features.
Isonokami, M., Nishida, K., Okada, N. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
128:690-692
1993年(平成5年)
 
Ultrastructural study of extramammary Paget's diseae − Histologically showing transition from bowenoid pattern to Paget's disease pattern
Yamamura, T., Honda, T., Matsui, Y., Yoshikawa, K. and Aozasa, K.
Br J Dermatol
128:189-193
1993年(平成5年)
 
Immunology of human skin and its relationship to skin cancers.
Streilein JW., Taylor, JR., Yoshikawa, T. and Kurimoto, I.
Cancer Bulletin
45:225-231
1993年(平成5年)
 
シクロスポリンとメトトレキサートの投与を要した関節症性乾癬の1例
乾  重樹  磯ノ上正明  東山 真里  吉川 邦彦
Dermatol Today
3:00
1993年(平成5年)
 
膿疱性乾癬に対するエトレチナートの長期投与
岡田奈津子  吉川 邦彦
Dermatol Today
3:04
1993年(平成5年)
 
Growth inhibitory effect of eicosapentaenoic acid on cultured human epidermal keratinocytes
Lu, L., Nakatani, S., Okada, N. and Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
5:14-18
1993年(平成5年)
 
Analysis of the interleukin 6 receptor on normal human keratinocytes by digital imaging fluorescence microscopy.
Kobayashi, T., Hashimoto, K., Matsumoto, Ku, Yoshizaki, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
20:585-587
1993年(平成5年)
 
Familial cases of psoriasis vulgaris and pustulosis palmaris et plantaris.
Matsuoka, Y., Okada, N. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
20:308-310
1993年(平成5年)
 
Pyridoxine toxicity to cultured fibroblasts caused by near-Ultraviolet light.
Sato, K., Taguchi, H., Maeda, T. and Yoshikawa, K.
J Invest Dermatol
100:266-270
1993年(平成5年)
 
The Occurrence of Monocytoid B-lymphocytes in Autoimmune Disorders.
Aozasa, K., Ohsawa, M., Horiuchi, K., Saeki, K., Katayama, S., Matuzaka, F. and Yamamura, T.
Modern Pathol
6:121-124
1993年(平成5年)
 
A new photoreactivating enzyme that specifically repairs ultraviolet light-induced (6-4) photoproducts.
Toda, T., Takemori, H., Ryo, H., Ihara, M., Matsunaga, T., Nikaido, O., Sato, K. and Nakamura, T.
Nature
361:371-374
1993年(平成5年)
 
医療薬のトレンド
野村 政夫  吉川 邦彦
Pharma Medica
11:59-61
1993年(平成5年)
 
Simple method of measuring hydrogen peroxide.
Sato, K., Taguchi, H., Maeda, T. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
15:37-40
1993年(平成5年)
 
Solar urticaria mainly caused by UVB light.
Maeda, T., Sato, K., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
15:101-104
1993年(平成5年)
 
Study on the contribution of active oxigen species pyridoxine photosensitization.
Taguchi, H., Maeda, T., Sato, K. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
15:47-49
1993年(平成5年)
 
目でみる脳化学 神経皮膚科 〔T〕 −神経線維腫症 〔1NF-1〕 −
山村 弟一  吉川 邦彦
ブレインサイエンス
4:13-16
1993年(平成5年)
 
目でみる脳化学 神経皮膚科 〔V〕 −A群色素性乾皮症−
佐藤 健二  吉川 邦彦
ブレインサイエンス
4:259-262
1993年(平成5年)
 
目でみる脳化学 神経皮膚科 〔IV〕 −Sturge-Weber症候群−
岡田奈津子  磯ノ上正明  吉川 邦彦
ブレインサイエンス
4:9-11
1993年(平成5年)
 
目でみる脳科学 神経皮膚科 〔U〕 −結節性脳硬化症−
金田 真理  吉川 邦彦
ブレインサイエンス
13-17
1993年(平成5年)
 
尋常性乾癬, 関節症性乾癬
乾  重樹  吉川 邦彦
乾癬とシクロスポリン
110-111
1993年(平成5年)
 
先天性眼瞼下垂に対するわれわれの挙筋短縮術
海老原妙子  藤川 昌和  垣淵 正男  松本 維明 (阪大)
形成外科
36:529-535
1993年(平成5年)
 
Angular branchを用いた遊離肩甲骨弁による硬口蓋の再建
垣淵 正男  藤川 昌和  北吉  光  西本  聡  松本 維明
形成外科
36(12)
1993年(平成5年)
 
脂肪腫吸引術後再発例の経験
細川  亙  高木  正  政田 佳子  菊井 知子  薄  丈夫
形成外科
36(3)313-316
1993年(平成5年)
 
Tissue expanderに広背筋を併用した乳房再建術
松下 哲也  藤川 昌和  松本 維明  海老原妙子  西谷 茂樹
形成外科
36(11)1267-1272
1993年(平成5年)
 
結節性脳硬化症患者由来培養細胞の抗核, 抗染色体抗体による形態学的観察
吉川 邦彦  金田 真理
厚生省特定疾患 神経皮膚症侯群調査研究班 平成3年度報告書
71-75
1993年(平成5年)
 
結節性脳硬化症患者由来培養細胞の核と染色体に対する抗体(M-`08)を用いた検索
吉川 邦彦  金田 真理  橋本 公二  金田 安史
厚生省特定疾患 神経皮膚症侯群調査研究班 平成4年度報告書
63-68
1993年(平成5年)
 
兵庫県および本邦における皮膚癌発生と環境因子との相関に関する調査研究
市橋 正光  佐藤 健二 他
神緑会学術誌
9:11-18
1993年(平成5年)
 
骨および眼病変がみられたLinear Unilateral Basal Cell Nevus
高梨 真教  垣淵 正男  原元  潮ほか
西日本皮膚科
55(1)7-12
1993年(平成5年)
 
太陽紫外線のない生活空間 −紫外線を防ぐガラス, プラスチック, 線維− 〔Space for living without harmful ultraviolet light −glass, plastics, and fibers to eliminate ultraviolet light−〕
佐藤 健二
太陽紫外線防御研究委員会学術報告
3:26-35
1993年(平成5年)
 
整容を目的とした上顎およ下顎分節骨切り術の経験
上地  貴  市野 直樹  中川 達裕  前田  求
大阪警察病院医学雑誌
17:45-50
1993年(平成5年)
 
amniotic band dysruption syndromeが疑われた顔面裂に手足の指の絞扼輪症候群を伴った一例
上地  貴  前田  求  大森喜太郎
大阪警察病院医学雑誌
17:131-134
1993年(平成5年)
 
ヒスチジン脱炭酸酵素活性とそう痒との関係
佐藤 健二  松岡  縁  南  宏典  吉川 邦彦  今村 育男
第3回痒みシンポジウム記録集
73-78
1993年(平成5年)
 
KID症侯群の2例
前田 知子  磯ノ上正明  橋本 公二  吉川 邦彦
第7回角化症研究会記録集
104-105
1993年(平成5年)
 
増殖関連蛋白 −癌遺伝子, 癌抑制遺伝子とその遺伝子産物について−
小林 照明  羽白  誠  橋本 公二  吉川 邦彦
日皮会誌
103:1610-1613
1993年(平成5年)
 
全身に限局性強皮症の皮膚病変をともなった進行性顔面半萎縮症の1例
海老原妙子  松本 維明 (阪大)   藤川 昌和 (大阪府立形成)
日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌
9(2)18-22
1993年(平成5年)
 
Intarvascular papillary endothelial hyperplasia の1例
乾  重樹  欠田 良児  畑 清一郎
皮膚
35:298-302
1993年(平成5年)
 
Low nickel diet によるニッケルアレルギーの治療のついて
岩佐 真人  朝川由佳里  吉川 邦彦  中東 典子
皮膚
35(増16):305-311
1993年(平成5年)
 
グランダキシン (Tofisopam) の皮膚疾患に対する治療成績
吉川 邦彦  橋本 公二  岩佐 真人  羽白  誠  貝原 弘章  川津 智是  太田 純子  畑 清一郎  井上千津子  山田徹太郎  藤本 圭一  川内  勉  奥村 睦子
皮膚
35:195-202
1993年(平成5年)
 
ステロイド長期内服にて骨粗鬆症とステロイド皮膚症を生じた1例
大畑 千佳  岡田奈津子  吉川 邦彦
皮膚
35:705-708
1993年(平成5年)
 
スポロトリコーシス
畑 清一郎  欠田 良児  乾  重樹
皮膚
35:689-690
1993年(平成5年)
 
レックリングハウゼン病の双子例
乾  重樹  岡田奈津子  吉川 邦彦  張野 正誉
皮膚
35:94-98
1993年(平成5年)
 
円型脱毛症のSADBE(スクアリック酸)外用療法
岩佐 真人  東山 真里  吉川 邦彦
皮膚
35:89-95
1993年(平成5年)
 
環状皮疹を生じた高齢者のサルコイドーシスの1例
乾  重樹  欠田 良児  畑 清一郎
皮膚
35:63-66
1993年(平成5年)
 
局所の圧迫が誘因と思われた Tumoral calcinosis の1例
乾  重樹  欠田 良児  畑 清一郎  中村 敏明  西本  聡
皮膚
35:502-504
1993年(平成5年)
 
全身に多発した局面型環状肉芽腫の1例
富田 智史  野村 政夫  岡田奈津子  吉川 邦彦  花房 俊昭
皮膚
35:343-347
1993年(平成5年)
 
皮下脂肪織炎様皮疹で発症したnon-Hodgkin-lymphoma, T cell type -メソトレキセートとエトレチナートの少量投与にて寛解を維持し得た1例
樽谷 勝仁  園田 早苗  硲野  哲  東山 真里  船井 龍彦  橋本 公二  吉川 邦彦 
皮膚
34:70-75
1993年(平成5年)
 
Retinoids in Clinical Practice: the Risk-Benefit Ratio
岡田奈津子
皮膚科の臨床
35:1563
1993年(平成5年)
 
レチノイド
岡田奈津子
皮膚科の臨床
35:1317-1323
1993年(平成5年)
 
表皮細胞に関する細胞成長因子と受容体
橋本 公二  東山 真里  金田 真理  吉川 邦彦
皮膚科の臨床
35:1363-1369
1993年(平成5年)
 
足蹠に水疱を形成した疥癬
鐙  順子  内藤 美子  富田 智史
皮膚病診療
15:964-968
1993年(平成5年)
 
足蹠悪性黒色腫と口腔底扁平上皮癌の重複癌
松本 千穂  松井 喜彦  野村 政夫  西本  聡  藤川 昌和  橋本 公二  吉川 邦彦  清水谷公成 
皮膚病診療
15:1079-1082
1993年(平成5年)
 
顔面神経側頭枝に生じた神経鞘腫の1例
林  鐘学  松本 維明  辻本 正彦
皮膚臨床
35(7)1130-1131
1993年(平成5年)
 
色素性乾皮症 (臨床)
佐藤 健二
臨床遺伝医学W−癌と遺伝
45-50
1993年(平成5年)
 
UL-10の頭部粃糠疹に対する臨床評価 −5%塩化カルプロニウム液を対照薬とした多施設群間比較試験− 〔Clinical Evaluation of UL-10 Lotion in the Treatment of Pityriasis Capitis−Multi-center Comparative Study by Using 5%Carpronium Chloride Solution−〕
UL-10研究会(吉川 邦彦  橋本 公二)
臨床医学
9:415-428
1993年(平成5年)
 
湿潤性の湿疹・皮膚炎群に対するDS-2630軟骨の有用性の検討 −二重盲検法, 左右比較試験による0.064% Betamethasone Dipropionate 軟骨との比較− 〔Clinical Utility of DS-2630 Ointment on Oozing Eczema-dermatitis −A Double-blind Bliateral-paired Comparison Study
吉川 邦彦
臨床医学
9:1583-1601
1993年(平成5年)
 
B細胞性リンパ腫 −生前に心膜転位を診断し得た1例−
樽谷 勝仁  小澤健太郎  磯ノ上正明  東山 真里  滝尻 珍重  山村 弟一  橋本 公二  吉川 邦彦
臨床皮膚科
47:345-350
1993年(平成5年)
 
Role of phagocytic macrophages in induction of contact hypersensitivity and tolerance by hapten applied to normal and ultraviolet B-irradiated skin.
Kurimoto I, N.Van Rooijen, Dijkstra CD, Streilein JW :
Immunology.
82 : 281-287,
1994(平成6年)
 
Immune surveillance and sunlight-induced skin cancer.
Streilein JW, Taylor JR, Vincek V, Kurimoto I, Shimizu T, Tie C, Golomb C :
Immunology Today.
15 : 174-179,
1994(平成6年)
 
Characterization of the immunogenetic basis of ultraviolet-B light effects on contact hypersensitivity induction. I
Kurimoto I, Streilein JW :
Imunology.
81 : 352-358,
1994(平成6年)
 
Role of dermal cells from normal and ultraviolet B-damaged skin in induction of contact hypersensitivity and tolerance.
Kurimoto I, Arana M, Streilein JW :
J. Immunol.
152: 3317-3324,
1994(平成6年)
 
Polymorphisms at tumor necrosis factor-alpha locus and susceptibility to toxoplasmic encephalitis, ultraviolet-B induced immune impairment and maids.
Vincek V, Kurimoto I, Streilein JW :
J Acquir Immune Defic Syndr.
7 : 734-735,
1994(平成6年)
 
Medema JP, Golomb C: Relationship between ultraviolet radiation-induced immunosuppression and carcinogenesis.
Streilein JW, Taylor JR, Vincek V, Kurimoto I, Richrdson J, Tie C,
J.Invest.Dermatol.
103:107-111,
1994(平成6年)
 
Immuno- suppression and carcinogenesis induced by UVB radiation.
Kurimoto I, Yoshikawa T, Yoshikawa K, Streilein JW :
Photomedicine and Photobiology.
16 : 9-10,
1994(平成6年)
 
Immunogenetics of UV-induced immunosuppression. Biologic Effects of Light 1993 Proceedings of a Symposium.
Streilein JW, Taylor JR, Kurimoto I, Shimizu T, Tie, Golomb C:
Walter de Gruyter Berlin
 
1994(平成6年)
 
Successful Transplantation of Cultured Human Outer Root Sheath Cells as Epithelium
Kurata, S., Itami, S., Terashi, H., Takayasu, S.
Annals of Plastic Surgery
33(3)290-294
1994年(平成6年)
 
Severe neurological abnormalities associated with mutation in the zinc finger domain in xeroderma pigmentosum group A patient.
Maeda, T., Sato, K., Minami, H., Taguchi, H. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
131:566-570
1994年(平成6年)
 
Three cases of contact dermatitis from topical corticosteroids.
Komamura, H., Higashiyama, M., Kaneda, M., Nakahigashi, N., Iwasa, M. and Yoshikawa, K.
Environmental Dermatol
1:61-66
1994年(平成6年)
 
Phenotypic modulation of cultured endothelial cells in collagen matrices induced by tumor necrosis factor alpha.
Nakatani, S., Lu, L., Okada, N. and Yoshikawa, K.
In Vitro Cellular Developmental Biology
30A:192-197
1994年(平成6年)
 
Immunohistochemical localization of transforming growth factor-β1, -β2, and-β3 latency-associated peptide in human cornea
Nishida, K., Kinoshita, S., Yokoi, N., Naneda, m., Hashimoto, K. and Yamamoto, S.
Investigative ophthalmology & Visual Science
35:3290-3294
1994年(平成6年)
 
Epstein-Barr virus-associated large granular lymphocyte leukemia with cutaneous infiltration.
Asada, H., Okada, N., Tei, H., Yamamura, T., Hashimoto, K., Kondo, K., Yamanishi, K. and Yoshikawa, K.
J Am Acad Dermatol
31:251-255
1994年(平成6年)
 
Heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor is an autocrine growth factor for human keratinocytes.
Hashimoto, K., Higashiyama, S., Asada, H., Hashimura, E., Kobayashi, T., Sudo, K., Nakagawa, T., Damm, D., Yoshikawa, K. and Taniguchi, N.
J Biol Chem
269:20060-20066
1994年(平成6年)
 
Dephosphorylation of the retinoblastoma gene product induced by differentiation and its relevancy to growth inhibition in normal human keratinocytes.
Kobayashi, T., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
8:171-177
1994年(平成6年)
 
Detection of anti-desmocollins I and II autoantibodies in two cases of Hallopeau type pemphigus vegetane by immunobiot analysis.
Hashimoto, K., Hashimoto, T., Higashiyama, M., Nishikawa, T., Garrod, D.R. and Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
7:100-106
1994年(平成6年)
 
Differential expression of transforming growth factor-α (TGF-α) and EGF receptor in transitional area of psoriatic epidermis.
Higashiyama, M., Hashimoto, Ku., Matsumoto, Ku. and Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
7:45-53
1994年(平成6年)
 
Differential localization of TGF-beta-precursor isotypes in normal human skin.
Wataya-Kaneda, M., Hashimoto, K., Kata, M., Miyazono, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
8:38-44
1994年(平成6年)
 
A case of linear IgA bullous dermatosis with atypical clinical and ultrastructural manifestation.
Isonokami, M., Hashimoto, K., Horiguchi, Y. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
21:268-272
1994年(平成6年)
 
Bone mineral density of the lumbar spine in psoriatic patients with long term etretinate therapy.
Okada, N., Nomura, M., Morimoto, S., Ogihara, T. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
21:308-311
1994年(平成6年)
 
Growth-promoting effect of bacterial produats from clostridium perfringrns on human keratinocytes
Takada, A., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol (Tokyo)
21:539-545
1994年(平成6年)
 
ATP regurates synaptic transmission by pre- and postsynaptic mechanisms in guinea-pig myenteric neurons
Kamiji, T., Morita, K., Katayama, Y.
J.Neurosci
59:165-174
1994年(平成6年)
 
Establishment and characterization of the T-cell line, EBT-8 latently infected with Epstein-Barr virus from large granular lymphocyte leukemia.
Asada, H., Okada, N., Hashimoto, K., Yamanishi, K., Sairenji, T., Hirota, S., Nomura, S., Kitamura, Y. and Yoshikawa, K.
Leukemia
8:1415-1423
1994年(平成6年)
 
Paradoxical conditions for generating reactive oxygen species in riboflavin photosensitization.
Sato, K., Minami, H., Maeda, T., Taguchi, H. and Yoshikawa, K.
Photomed Photobiol
16:71-72
1994年(平成6年)
 
UVA-induxed vitamin B6 cytotoxicity
Maeda, T., Taguchi, H., Minami, H., Sato, K., Yoshikawa, K., Konishi, H. and Shiga, T.
Photomedicine and photobiology
16:73-76
1994年(平成6年)
 
Sensitivity of cells from patients with hereditary cutaneous malignant melanoma to killing and mutations by 4-nitroquinoline-1-oxide correlates with increased adduct formation.
Sato, K., Howell, J.N., Maher, V.M. and McCormick, J.J.
Proceedings of the Eleventh International PAH Symposium. W. E. May (ed.), Lewis
Publishers, Chelsea, MI in press
1994年(平成6年)
 
アトピー皮膚炎とステロイド依存性皮膚炎
佐藤 健二  南  宏典  前田 知子  田口 博康
The Informed Prescriber (正しい治療と薬の情報)
9:31-34
1994年(平成6年)
 
光皮膚科学−最近の概観
佐藤 健二
マルホ皮膚科セミナー放送内容集
112:19-21
1994年(平成6年)
 
内視鏡下LeFortT型骨切り術の経験
坂井 靖夫  小林誠一郎  大森喜太郎 (東京警察形成)
形成外科
37:1333-1338
1994年(平成6年)
 
埋没耳
松本 維明
形成外科
37:185-190
1994年(平成6年)
 
自家側頭筋膜移植による上眼瞼後退症の治療
北吉  光  細川  亙  山本  博 (関西労災形成)
形成外科
37(6)641-644
1994年(平成6年)
 
結節性脳硬化症患者由来培養細胞の核と染色体に対する抗体(M-`08)を用いた検索
吉川 邦彦  金田 真理  橋本 公二  金田 安史
厚生省特定疾患 神経皮膚症侯群調査研究班 平成5年度報告書
82-87
1994年(平成6年)
 
顔面の外傷
松本 維明
図解外傷治療ガイド
182-
1994年(平成6年)
 
染色体構築に関与する蛋白質
金田 安史  金田 能尚  佐藤  学  木下 勝就  金田 真理  田中亀代次
生体の科学
45:233-238
1994年(平成6年)
 
培養表皮シートを用いる皮膚移植
垣淵 正男  吉川 邦彦
総合臨床
43(1)45-47
1994年(平成6年)
 
培養表皮シートを用いる皮膚移植
垣淵 正男  吉川 邦彦
綜合臨牀
43:45-47
1994年(平成6年)
 
Keratosis follicularis squamosa(Dohi 1903) の1例
佐藤 健二  野瀬 隆夫  吉川 邦彦
第9回角化症研究会報告書
84-86
1994年(平成6年)
 
丹毒
東山 真里
注意を要する皮膚疾患
92-93
1994年(平成6年)
 
腸管ポリポーシス
佐藤 健二
注意を要する皮膚疾患−鑑別と治療マニュアル
46-47
1994年(平成6年)
 
サルコイドーシス
岩佐 真人
注意を要する皮膚病変
72-73
1994年(平成6年)
 
ボーエン病
金田 真理
注意を要する皮膚病変
24-25
1994年(平成6年)
 
レーザートレラ症侯群
松井 喜彦
注意を要する皮膚病変
50-51
1994年(平成6年)
 
悪性黒色腫
海老原妙子
注意を要する皮膚病変
28-29
1994年(平成6年)
 
高脂血症
岡田奈津子
注意を要する皮膚病変
42-43
1994年(平成6年)
 
糖尿病
野村 政夫
注意を要する皮膚病変
38-39
1994年(平成6年)
 
敗血症
浅田 秀夫  橋本 公二
注意を要する皮膚病変
94-95
1994年(平成6年)
 
汎発性帯状疱疹
浅田 秀夫
注意を要する皮膚病変
54-55
1994年(平成6年)
 
有棘細胞癌
垣淵 正男
注意を要する皮膚病変
20-21
1994年(平成6年)
 
乳房腫瘤として発見された悪性青色母斑の1例
日笠  壽  井上 裕史 (県立こども形成)   熊谷 嘉隆  束原  進 (健和会外科)
日形会誌
14(7)435-441
1994年(平成6年)
 
皮膚移植における最近の進歩
細川  亙  吉川 邦彦
日本医事新報
3681:27-30
1994年(平成6年)
 
Aminoglycoside 系抗生物質による接触皮膚炎の2例
駒村 公美  東山 真里  金田 真理  中東 典子  岩佐 真人  吉川 邦彦
日本皮膚アレルギー学会雑誌
2:72-80
1994年(平成6年)
 
複数の散瞳剤による接触皮膚炎の1例
駒村 公美  岩佐 真人  中東 典子  鐙  順子  吉川 邦彦
日本皮膚アレルギー学会雑誌
2:173-178
1994年(平成6年)
 
細胞成長因子による表皮増殖の制御 - その二面性について -
橋本 公二
日本皮膚科学会雑誌
104:1632-1634
1994年(平成6年)
 
OK-432 (ピシバニール)局所注射療法により軽快したBowenoid papulosisの1例
浅田 秀夫  乾  重樹  東山 真里  橋本 公二  吉川 邦彦  湯通堂満寿男  羽倉  明
皮膚
36 663-669
1994年(平成6年)
 
ゾビラックス (Acyclovir) 錠400の帯状疱疹に対する臨床評価
土居 敏明 他
皮膚
36:441-458
1994年(平成6年)
 
ノイチーム (卵白リゾチーム) によるアナフィラキシーショックを呈した1成人例
前田 知子  磯ノ上正明  吉川 邦彦
皮膚
36:625-629
1994年(平成6年)
 
塩酸アゼラスチン (アゼプチン$5001) が奏功した日光蕁麻疹の1例
前田 知子  佐藤 健二  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚
36:780-784
1994年(平成6年)
 
指端壊死を主症状とし若年女性に発症した結節性多発動脈炎の1例
上原 貴美  田中 まり  東山 真里  磯ノ上正明  松井 喜彦  野村 政夫  吉川 邦彦
皮膚
36:151-158
1994年(平成6年)
 
正常ヒトケラチノサイトの細胞周期とRb蛋白質の変動
小林 照明  乾  重樹  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚
36:893-895
1994年(平成6年)
 
大阪大学附属病院皮膚科における皮膚癌の概観と経年変化
富田 智史  橋本 公二  吉川 邦彦  大湊  茂
皮膚
36:613-642
1994年(平成6年)
 
褥瘡・皮膚潰瘍治療剤 「オルセノン$5001軟膏」 の有効性・安全性の検討
土居 敏明  東  禹彦  佐野 栄紀  川津 智是  高木 圭一  多田 正憲  田代  実  硲野  哲  大和谷淑子  羽白  誠  太田 純子  鈴木加余子  奥村 睦子  西井 芳夫  尾花 俊作  久志本 東  中村 義朗  足立  準  遠藤  薫  青木 敏之 (大阪皮膚科症例検討)
皮膚
36:384-394
1994年(平成6年)
 
カロチノーシスを伴った anorexia nervosa
荻堂 優子  岡田奈津子  吉川 邦彦
皮膚病診療
16:417-420
1994年(平成6年)
 
皮膚培養法による自家組織移植
垣淵 正男  吉川 邦彦
病態病理
13(7)529-533
1994年(平成6年)
 
新しい薬剤と古い薬剤−褥瘡治療剤
松井 喜彦  吉川 邦彦
臨床と薬物治療
13:896-897
1994年(平成6年)
 
MED, MPD測定用照射時間自動変更装置
佐藤 健二  吉川 邦彦
臨床皮膚科
48:114-117
1994年(平成6年)
 
癌遺伝子/癌抑制遺伝子と皮膚疾患
橋本 公二  小林 照明  吉川 邦彦
臨床皮膚科
48:58-62
1994年(平成6年)
 
鼻腔内, 足趾に悪性黒色腫を合併したWerner症候群の1例
上原 貴美  坂井 靖夫  磯ノ上正明  山村 弟一  岡田奈津子  吉川 邦彦
臨床皮膚科
48:95-98
1994年(平成6年)
 
Role of F4/80+ cells during induction of hapten-specific contact hypersensitivity.
Kurimoto I, Grammer SF, Shimizu T, Nakamura T, Streilein JW:
Immunology.
85 : 621-629,
1995(平成7年)
 
紫外線による免疫抑制に関わる遺伝子群. 
栗本 巌、J Wayne Streilein、吉川剛司、吉川邦彦
日皮会誌
105:1617-1620,
1995(平成7年)
 
Androgen induction of follicular epithelial cell growth is mediated via insulin-like growth factor-form dermai papilla cells
Itami, S., Kurata, S. and Takayasu, S.
Biochem Biophys Res Commun
212:988-994
1995年(平成7年)
 
The loss of 40-KDa chromosomal protein in tuberous sclerosis lesions
Wataya-Kaneda, M., Hashimoto, K., Yoshikawa, K., Kaneda, Y.
Biochem Biophys Res Commun
217:599-607
1995年(平成7年)
 
Interaction between dermal papilla cells and follicular epithelial cells in vitro: effect of androgen
Itami, S., Kurata, S., Sonoda, T. and Takayasu, S.
Br. J. Dermatol
132:527-532
1995年(平成7年)
 
Eicosapentaenoic acid induced changes in membrane fluidity and cell adhesion molecules in cultured human keratinocytes.
Lu, L., Okada, N. Nakatani, S. and Yoshikawa, K.
Br J Dermtol
133:217-222
1995年(平成7年)
 
Effects of washing acid injuries to the skin with water: an experimental study using rats
Yano, K., Hosokawa, K., Kakibuchi, M., Hikasa, H. and Hata, Y.
Burns
21:500-502
1995年(平成7年)
 
Chronological difference in walking impairment among Japanese group A xeroderma pigmentosum (XP-A) patients with various combinations of mutation sites
Maeda, T., Sato, K., Minami, H., Taguchi, H. and Yoshikawa, K.
Clinical Genetics
48:225-231
1995年(平成7年)
 
乾癬の治療をめぐって (対談記録)
吉川 邦彦
Dermatofile
3:1-6
1995年(平成7年)
 
Epidermolysis bullosa simplex(Weber-Cockayne) associated with a novwl missense mutation of Asp328 to val in linker 12 domain of keratin 5.
Matsuki, M., Hashimoto, K., Yoshikawa, k., Yasuno, Y., Yamanishi, K.
Human Mol Genet
10:1999-2000
1995年(平成7年)
 
Role of F4/80+ cells during induction of hapten-specific contact hypersensitivity.
Kurimoto, I., Grammer, S.F., Shimizu, T., Nakamura, T. and Streilein, J.W.
Immunology
85:621-629
1995年(平成7年)
 
痒みをとるには
吉川 邦彦
Ingelheimer 別冊
17-18
1995年(平成7年)
 
Three cases of chemotherapy-induced acral erythema
Komamura, H., Higashiyama, M., Hashimoto, K., Takeda, K., Kimura, H., Tani, Y., Ogawa, H. and Yoshikawa, K.
J Dermatol
22:116-121
1995年(平成7年)
 
Book Review Psoriasis(Dubertoret L, Ed, ISED, 1995)
Yoshikawa K
J Dermatol Sci
9:225
1995年(平成7年)
 
Effect of donor age on the phosphorylation of the retinoblastoma gene product in cultured human keratinocytes
Kobayashi, T., Hashimoto, K., Sudo, K., Nishimoto, S. and Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
9:59-63
1995年(平成7年)
 
Growth inhibitation of human keratinocytes by MC903(calcipotriol) is kinked to dephosphorylation of retinoplastoma gene product.
Kobayashi T, Hashimoto K, Yoshikawa K.
J Eur Acad Dermatol Venereol
5:132-138
1995年(平成7年)
 
Possible role of osteopontin in deposition of calcium phosphate in human pilomatricomas.
Hirota S, Asada H, Kohri K, Tsukamoto Y, Ito A, Yoshikawa K, Xu Z, Nomura S, Kitamura Y
J Invest Dermatol
105:138-142
1995年(平成7年)
 
The primary cytotoxicity in ultraviolet-A-irradiated riboflavin solution is derived from hydrogen peroxide
Sato, K., Taguchi, H., Maeda, T., Minami, H., Asada, Y., Watanabe, Y. and Yoshikawa, K.
J Invest Dermatol
105:608-612
1995年(平成7年)
 
冬の肌荒れ
吉川 邦彦
NHKきょうの健康
12:100-103
1995年(平成7年)
 
Activation of riboflavin by visible radiation
Sato, K., Minami, H., Taguchi, H., Maeda, T., Yoshikawa, K. and Tsuji, T.
Photomedicine and photobiology
17:125-126
1995年(平成7年)
 
Japanese group A xeroderma pigmentosum (XP-A) patient as a new type of heterozygote for the XPA gene
Maeda, T., Sato, K., Tanaka, T., Minami, H., Taguchi, H. and Yoshikawa, K.
Photomedicine and photobiology
17:5-6
1995年(平成7年)
 
Mass spectrometric analysis of possible toxic photoproduct(s) derived from UVA-irradiated pridoxine
Taguchi, H., Maeda, T., Minami, H., Sato, K., and Yoshikawa, K.
Photomedicine and photobiology
17:107-108
1995年(平成7年)
 
Retroauricular Hailine Flap Transfer to the Face
Seiichiro Kibayashi, Sotoshi Yoza, Masao Kakibuchi, Junsuke Sekiguchi, Kitaro Ohmori
Plastic and Reconstructive Surgery
96(1):42-47
1995年(平成7年)
 
Recent skin sensitization studies on fifteen fragrance materials.
Yoshikawa K
Proc 7th Itnl Info Exch Meeting (Res inst Fragrance Materials)
89-92
1995年(平成7年)
 
皮膚科とビタミン
吉川 邦彦
マルホ皮膚科セミナー放送内容集
No.114:13-15
1995年(平成7年)
 
ステロイド外用剤−特性と使い方
吉川 邦彦  原田昭太郎 編集
医薬ジャーナル社
 
1995年(平成7年)
 
皮膚のしくみ−乾燥性皮膚症状
吉川 邦彦
医薬ジャーナル社編・マルホ
 
1995年(平成7年)
 
結節性硬化症において減少が認められた蛋白p40の解析
吉川 邦彦  金田 真理  金田 安史
厚生省特定疾患 神経皮膚症候群調査研究班 
平成7年度研究報告書:85-88
1995年(平成7年)
 
接触性皮膚炎
吉川 邦彦
今日の治療指針1995, 稲垣義明・多賀須幸男・尾形悦郎編
618-618
1995年(平成7年)
 
Eosinophilic cellulitus (Wells 症候群)
駒田 信二  工藤 芳子   板見  智
西日本皮膚科
57:241-246
1995年(平成7年)
 
下眼瞼の解剖及びその機能について
日笠  壽  前田  求  細川  亙  垣淵 正男  矢野 健二  辻本 正彦
大阪警察病院医学雑誌
19:59-62
1995年(平成7年)
 
Tissue Expander の有用性と合併症 −MRSA感染を合併した肋軟骨移植症例−
橋本 祐之  倉田荘太郎  寺師 浩人  田所 丈嗣
大分県医学会雑誌
13:131-135
1995年(平成7年)
 
成人発症のErythrokeratodermia variabilisが疑われた1例
久保 亮治  栗本  巌  松井 喜彦  吉川 邦彦
第10回角化症研究会記録集 (石橋康正, 小川秀興, 長島正治, 日本ロシュ)
76-79
1995年(平成7年)
 
尋常性乾癬病変部におけるHB-EGFの発現
東山 真里  橋本 公二  吉川 邦彦
第10回乾癬学会記録集
104-105
1995年(平成7年)
 
乾癬に対するサンデイミュン単独療法寛解例の治療法の検討
中川 秀巳  石橋 康正  大河原 章  田上 八郎  原田昭太郎  大城戸宗男  今村 貞夫  吉川 邦彦  堀  義昭
第10回日本乾癬学会記録集 (日本乾癬学会)
140
1995年(平成7年)
 
ビタミンD3療法の将来
吉川 邦彦
第10回日本乾癬学会記録集 (日本乾癬学会)
38-41
1995年(平成7年)
 
新規活性型VD3(Calcipotriol)軟膏の尋常性乾癬に対する臨床的検討
吉川 邦彦 (MC903軟膏研究会)
第10回日本乾癬学会記録集 (日本乾癬学会)
116-117
1995年(平成7年)
 
キウイフルーツに対する即時型過敏症の1例
佐野 栄紀  吉川 邦彦
日皮アレルギー誌
3:197-200
1995年(平成7年)
 
紫外線による免疫抑制に関わる遺伝子群
栗本  巌  J. W. Streilein   吉川 剛司  吉川 邦彦
日皮会誌
105:1617-1620
1995年(平成7年)
 
尋常性白斑に対する我々の手術方法
寺師 浩人  倉田荘太郎   板見  智  橋本 裕之   高安  進
日本形成外科学会誌
15:730-735
1995年(平成7年)
 
βツヤプリシン (ヒノキチオール) 配合乳幼児用スキンケア製剤 (医薬部外品) の評価
BS-1210研究会 (吉川 邦彦他)
皮膚
37:136-152
1995年(平成7年)
 
アラセナA軟膏の帯状疱疹, 単純疱疹に対する臨床効果の検討−抗ウイルス注射製剤併用療法との比較
アラセナA軟膏大阪研究会 (吉川 邦彦他)
皮膚
37:164-179
1995年(平成7年)
 
ビューラーによる接触皮膚炎
駒村 公美  土居 敏明  松井 喜彦  吉川 邦彦
皮膚
37:695-696
1995年(平成7年)
 
ビューラーによる接触皮膚炎−カラーライブラリー−
駒村 公美  土居 敏明  松井 喜彦  吉川 邦彦
皮膚
37:136-152
1995年(平成7年)
 
下肢に多発したAtypical fibroxanthomaの1例
欠田 良児  乾  重樹  畑 清一郎
皮膚
37:441-446
1995年(平成7年)
 
電子線が著効を示した血管芽細胞腫の1例
松岡  縁  川津 智是  磯ノ上正明  滝尻 珍重  吉川 邦彦
皮膚
37:373-378
1995年(平成7年)
 
敏感肌用化粧料KVDシリーズの安全性・有用性の検討
西川 武二  海老原 全  原田  之  島貫 洋子  関東 裕美  吉川 邦彦  駒村 公美  小塚 雄民 
皮膚
37:807-818
1995年(平成7年)
 
リストラ現場からの報告
吉川 邦彦
皮膚科の臨床
37:507-508
1995年(平成7年)
 
Weber-Christian症候群
吉川 邦彦
皮膚疾患最新の治療95-96, 西山・堀編
70
1995年(平成7年)
 
Soleromyxedema
安東 侑美  栗本  巌  松井 喜彦  橋本 公二  吉川 邦彦
皮膚病診療
17:465-468
1995年(平成7年)
 
亜鉛欠乏症
駒村 公美  橋本 公二  吉川 邦彦  谷垣 武彦  西谷 尚美 
皮膚病診療
17:169-172
1995年(平成7年)
 
Am-80軟膏の乾癬およびに掌蹠膿疱症に対する臨床効果の検討(第・相試験) Clinical effect of Am-80 ointment on psoriasis and pustulosis plamaris (Phase study)
石橋 康正 (Am-80軟膏臨床研究会)
臨床医薬
11:747-759
1995年(平成7年)
 
Am-80軟膏の乾癬に対する有効性の検討 - 吉草酸ベタメタゾン軟膏との左右比較試験(第・相試験)-Efficasy of Am-80 ointment on psoriasis -A bilateral-paired comparative study with betamethasone valerate ointment (Phase study)
石橋 康正 (Am-80軟膏臨床研究会)
臨床医薬
11:733-746
1995年(平成7年)
 
Am-80軟膏第・相・短期投与試験A short-term application test of Am-80 ointment in the clinical phase studies
石橋 康正  原田昭太郎  大河原 章  田上 八郎  川島  真  戸田  淨  大城戸宗男  森  俊二  吉川 邦彦  堀  嘉昭 (Am-80軟膏臨床研究会)  
臨床医薬
11:539-544
1995年(平成7年)
 
Am-80軟膏第・相・用量設定試験Dose-finding study on Am-80 ointment in the clinical phase studies
石橋 康正  原田昭太郎  大河原 章  田上 八郎  川島  真  戸田  淨  大城戸宗男  森  俊二  吉川 邦彦  堀  嘉昭  中島 光好 (Am-80軟膏臨床研究会) 
臨床医薬
11:555-564
1995年(平成7年)
 
医療今昔物語一学説, 診療の変遷 84. 尋常性乾癬
吉川 邦彦
臨床科学
31:495-500
1995年(平成7年)
 
皮膚異常
吉川 邦彦
老年病の治療 改訂版, 荻原俊男編
299-305
1995年(平成7年)
 
Cellular basis of induction of contact hypersensitivity and tolerance.
Streilein JW, Kurimoto I, Shimizu T, Dai R, Niizeki H, Bacci S, Nakamura T, Alard P :
Jpn. J. Dermatol.
106:1684-1687,
1996(平成8年)
 
Negative patch test reactions to sweat in atopic dermatitis
Adachi, J., Endo, K., Fukuzumi, T., Kojima, M. and Aoki, T.
Acta Derm Venereol
76:410-411
1996年(平成8年)
 
Free composite graft for lip reconstruction after tumor excision.
Terashi H, Kurata S, Hashimoto H, Tadokoro T, Kudo Y, Ishii Y, Shibuya H, Sato H
Ann Plast Surg
36:582-585
1996年(平成8年)
 
V-Y advancement posterior thigh fasciocutaneous flaps for total anal canal and large perianal defects.
Terashi H, Shibata O, Yamamoto A, Kudo Y, Tadokoro T, Kurata S, Takayasu S
Ann Plast Surg
37:340-341
1996年(平成8年)
 
Kaposi's saracoma-associated herpesvirus(KSHV) sequences in premalignant and malignant skin tumors
Inagi, R., Kosuge, H., Nishimoto, S., Yoshikawa, K. and Yamanishi, H.
Arch Virol
141:2217-2223
1996年(平成8年)
 
Expanded free scalp flap
Kakibuchi, M., Asada, Y. and Kobayashi, S.
B J Plastic Surgery
49:468-470
1996年(平成8年)
 
The combined costal cartilage and rectus abdominis myocutaneous free flap
Yano, K., Hosokawa, K. and Kakibuchi, M.
Br J Plast Surg
49:423-424
1996年(平成8年)
 
A rare case of burn scar malignancy
Nishimoto, S., Matsushita, T., Matsumoto, K. and Adachi S.
Burns
22:497-499
1996年(平成8年)
 
Front nasal flap for reconstruction of complete alar defects.
Kurata S, Hashimoto H, Terashi H, Tadokoro T, Ishii Y, Shibuya H, Sato H, Kudo Y, Takayasu S
Dermatol Surg
22:850-852
1996年(平成8年)
 
Contact cheilitis due to ricinoleic acid
Komamura, H., Kozuka, T., Sato, K. and Yoshikawa, K.
Environ Dermatol
3:25-28
1996年(平成8年)
 
Three cases of contact dermatitis due to ketotifen fumarate
Komamura, H., Maeda, T., Higashiyama, M., Sano, S. and Yoshikawa, K.
Environ Dermatol
3:91-96
1996年(平成8年)
 
Incidence of contact dermatitis from topical agents in patients with atopic dermatitis
Sato, K. and Minami, H.
Environmental Dermatol
4:20-24
1996年(平成8年)
 
Specific detection of anti-cell surface antibodies in herpes gestationis sera.
Hashimoto, T., Amagai, M., Murakami, H., Higashiyama, M., Hashimoto, K. and Nishikawa, T.
Experimental Dermatology
5:96-101
1996年(平成8年)
 
Essential and non-redundant roles of p48 (ISGF3g) and IRF-1 in both type I and type II interferon responses, as revealed by gene targeting studies
Kimura, T., Kadokawa, Y., Harada, H., Matsumoto, M., Sato, M., Kashiwazaki, Y., Tarutani, M., Tan, R. S-P., Takasugi, T., Matsuyama, T., Mak, T. W., Noguchi, S. and Taniguchi, T.
Genes to Cells
1:115-124
1996年(平成8年)
 
Androgen induction of follicular epihtelial cell growth is mediated via insulin-like growth factor-from dermal papilla cells.
Itami, S., Kurata, S. and Takayasu, S.
Hair research for the next millennium
1996:297-302
1996年(平成8年)
 
Expression of androgen receptor, type and type 5α-reductase in huiman dermal papilla cells
Nakanishi, S., Itami, S., Adachi, K. and Takayasu, S.
Hair research for the next millennium
1996:333-337
1996年(平成8年)
 
Successful treatment of molluscum contagiosum in the immunosupperssed adult with topical injection of streptococcal preparation OK-432.
Inui, S., Asada, H. and Yoshikawa, K.
J Dermatol
23:628-630
1996年(平成8年)
 
Differential Localization of TGF-beta-precoursor isotypes in psoriatic human skin.
Wataya-kaneda, M., Hashimoto, K., Kato, M., Miyazono, K., Yoshikawa, K.
J Dermatol Sci
3:183-188
1996年(平成8年)
 
Elevated plasma superoxide dismutase activity in patients with systemic sclerosis
Morita, A., Minami, H., Sakakibara, N., Sato, K. and Tsuji, T.
J Dermatol Sci
11:196-201
1996年(平成8年)
 
Analysis of antigens recognized by autoantibodies in herpes gestationis. Usefulness of immunoblotting using a fusion protein representing an extracellular domain of the 180kD bullou pemphigoid antigen.
Murakami, H., Amagai, M., Higashiyama, M., Hahsimoto, K., Chorzelski, T. P., Bhogal, B., Jenkins, R. E., Black, M. M., Zillikens, D., Nishikawa, T. and Hashimoto, T.
J Dermatol Sci1
3:112-117
1996年(平成8年)
 
Failed antigen presentation after UVB radiation correlates with modifications of Langerhans cell cytoskeleton.
Stefano, B., Nakamura, T. and Streilein, J.W.
J Invest Dermatol
107:838-843
1996年(平成8年)
 
Interleulin-15 mRNA is expressed by human keratinocytes, Langerhans cells, and blood-derived dendritic cells and is downregulated by Ultraviolet B radiation.
Blauvelt A, Asada H, Klaus-Kovtum V, Altman DJ, Lucey DR, Katz SI.
J Invest Dermatol
106:1047-1052
1996年(平成8年)
 
Murine epidermal Langerhans cells do not express the low - affinity receptor for immunoglobulin E, FceRII (CD23).
Hertl M, Asada H, Katz SI.
J Invest Dermatol
106:221-224
1996年(平成8年)
 
Association between serotonin type 2 receptor(HTR2) and bronchial athma in humans.
Mao, X-Q., Morimoto, K., Shirakawa, T., Hopkin, JM., Hashimoto, T., Furuyama, J., Kawai, M., Sasaki, S., Enomoto, T., Yoshikawa, K.
J Med Genet
33:525
1996年(平成8年)
 
The use of cultivated epidermal cell sheets in skin grafting
Kakibuchi, M., Hosokawa, K., Fujikawa, M. and Yoshikawa, K.
J Wound Care
5:448-499
1996年(平成8年)
 
Double-filtration plasmapheresis in the treatment of pemphigus.
Matsui, Y., Higasiyama, M., Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
Japan J Apheresis
15:73-74
1996年(平成8年)
 
Association between genetic variants of mast-cell chymase and eczema
Mao, X.Q., Shirakawa, T., Yoshikawa, T., Yoshikawa, K., Kawai, M., Sasaki, S., Enomoto, T., Hashimoto, T., Furuyama, J. and Morimoto, K.
Lancet
348:581-583
1996年(平成8年)
 
Ribphototherapy, a new photodynamic therapy‥‥an application to a blue nevus‥‥
Sato, K., Sakakibara, N., Minami, H. and Tsuji, T.
Photomedicine and photobiology
18:11-12
1996年(平成8年)
 
踵部熱傷瘢痕部に生じた神経浸潤を伴う有棘細胞癌の1例
仙波 紀子  田所 丈嗣  工藤 芳子  寺師 浩人  倉田荘太郎  板見  智  高安  進
Skin Cancer
11:76-79
1996年(平成8年)
 
皮膚所見から疑う内科疾患 サルコイドーシス
金田 真理
カラーアトラス 皮膚症状からみた内科疾患
34-35
1996年(平成8年)
 
潰瘍治療剤のマウス皮膚熱傷創に対する効果
矢野 健二  細川  亙  垣淵 正男
医学と薬学
35:553-556
1996年(平成8年)
 
Q43 皮膚疾患への臨床応用は?
乾  重樹
「活性酸素Q&A」 谷口直之監修, 藤井順逸・鈴木敬一郎編
105-107
1996年(平成8年)
 
尋常性天疱瘡抗原合成ペプチドを用いた特異的吸着カラムの作製 (1)
橋本 公二  白方 裕司  東山 真里
稀少難治性疾患調査研究班平成7年度研究報告書
263-266
1996年(平成8年)
 
先天性表皮水疱症の病型診断と培養表皮シート移植による治療の研究
橋本 公二  白方 裕司  久保 亮二  長沢 智彦  栗本  巌  松井 喜彦  東山 真里  吉川 邦彦  清水  宏
稀少難治性疾患調査研究班平成7年度研究報告書
89-92
1996年(平成8年)
 
Flat ear の1例
寺師 浩人  倉田荘太郎  松尾 由紀  佐藤 治明  田所 丈嗣
形成外科
39:845-849
1996年(平成8年)
 
一期的乳房再建の適応と術式の選択
矢野 健二  濱路 政靖  西谷 茂樹  細川  亙
形成外科
39:1079-1087
1996年(平成8年)
 
神経浸潤を伴った頭部皮膚有棘細胞癌の1例
佐藤 治明  寺師 浩人  工藤  稔  倉田荘太郎  田所 丈嗣  三浦 芳子  高安  進
形成外科
39:635-639
1996年(平成8年)
 
結節性硬化症において減少が認められた蛋白p40の同定
吉川 邦彦  金田 真理  金田 安史
厚生省特定疾患 神経皮膚症候群調査研究班 神経皮膚症候群分科会 平成8年度研究報告書
32-37
1996年(平成8年)
 
筋皮弁による一期的乳房再建の経験
矢野 健二  濱路 政靖  長岡真希夫  中場 寛行  中室  誠  北川  透  赤松 大樹  西谷 茂樹  細川  亙
国立医療学会誌
50:551-555
1996年(平成8年)
 
特発性陰嚢石灰沈着症の1例
矢野 健二  細川  亙
国立医療学会誌
50:398-401
1996年(平成8年)
 
脱毛症 
板見  智
今日の皮膚疾患治療方針
2:499-501
1996年(平成8年)
 
皮膚症状からみた内科疾患
東山 真里
消化器疾患, 石橋康正・吉川邦彦・玉置邦彦編
108-109
1996年(平成8年)
 
人工皮膚ーこの1年の進歩
東山 真里  吉川 邦彦
人工臓器
25:935-937
1996年(平成8年)
 
Sezary 症候群
安西 三郎   園田 忠重  山本 純子  片桐 一元  板見  智  高安  進  加島 健司
西日本皮膚科
58:245-258
1996年(平成8年)
 
慢性骨髄炎に併発した瘻孔癌
工藤  稔  寺師 浩人  片桐 一元  田所 丈嗣  工藤 芳子  板見  智  高安  進  多田 勝弘
西日本皮膚科
58:55-57
1996年(平成8年)
 
水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症の1例
東山真里  西田健樹  吉川邦彦
第11回角化症研究会記録集
47-48
1996年(平成8年)
 
Gastrin releasing peptide のヒト皮膚における局在と培養下の表皮角化細胞 , 外毛根鞘細胞, 線維芽細胞における増殖促進作用とmRNA の発現
寺師 浩人  倉田荘太郎  田所 丈嗣  佐藤 治明  板見  智
日本形成外科学会会誌
16:373-380
1996年(平成8年)
 
上口唇部基底細胞上皮腫の手術方法の検討
寺師 浩人  倉田荘太郎  橋本 裕之  田所 丈嗣  高安  進
日本形成外科学会会誌
16:381-387
1996年(平成8年)
 
遊離大腿筋膜張筋皮弁による腹壁再建を行なった腹壁破裂の1例
大山 知樹  藤川 昌和  山本  博  升岡  健  安部 嘉男  垣淵 正男
日本形成外科学会会誌
16:648-654
1996年(平成8年)
 
熱傷植皮術における吸収性スキンステイプラーの有用性
橋本 祐之  倉田荘太郎  佐藤 治明  田所 丈嗣  市川 弘城
日本熱傷学会会誌
22:30-37
1996年(平成8年)
 
コリン性蕁麻疹を合併したアトピー性皮膚炎の1例
角辻ほづみ  遠藤  薫  吹角 隆之  足立  準  青木 敏之
日本皮膚アレルギー学会雑誌
4:162-166
1996年(平成8年)
 
プロピオン酸アルクロメタゾンによる接触皮膚炎の1例
駒村 公美  乾  重樹  吉川 邦彦
日本皮膚アレルギー学会雑誌
4:42-46
1996年(平成8年)
 
Cellular basis of induction of contact hypersensitivity and tolerance.
Streilein, J.W., Kurimoto, I., Shimizu, T., Dai, R., Niizeki, H., Bacci, S., Nakamura, T., and Alard, P.
日本皮膚科学会雑誌 
106:1684-1687
1996年(平成8年)
 
Group G streptococcal impetigo in atopic dermatitis -case reports-
Adati, J., Endo, K., Fukuzumi, T., Kojima, M. and Aoki, T.
皮膚
38:581-584
1996年(平成8年)
 
HQDL評価によるアトピー性皮膚炎病勢の把握
角辻ほづみ  遠藤  薫  吹角 隆之  足立  準  青木 敏之
皮膚
38(増18):81-85
1996年(平成8年)
 
アトピー性皮膚炎における症例研究の問題点
佐藤 健二  南  宏典  北島 進司  辻  卓夫
皮膚
38(増18):7-12
1996年(平成8年)
 
アトピー性皮膚炎治療研究における二重盲検試験の問題点と困難
遠藤  薫  角辻ほづみ  吹角 隆之  足立  準  青木 敏之
皮膚
38(増18):17-22
1996年(平成8年)
 
クレアチンキナーゼ (CK) 上昇を伴わない皮膚筋炎の1例
三浦 宏之  松井 喜彦  栗本  巌  東山 真里  吉川 邦彦
皮膚
38:212-216
1996年(平成8年)
 
メルケル細胞癌
小林 美礼  倉知貴志郎  井上千津子
皮膚
38:170-171
1996年(平成8年)
 
広範囲皮膚壊死をきたした先天性プロテインC欠損症 (ホモ接合体型) の1例
土居 敏明 他
皮膚
38:323-329
1996年(平成8年)
 
重症成人型アトピー性皮膚炎患者のステロイド外用剤離脱
南  宏典  佐藤 健二  乾  重樹  前田 知子  田口 博康
皮膚
38:440-447
1996年(平成8年)
 
全消化管にポリポーシスを認め, 大腸癌を合併した Cowden 病の1例
小林 美礼  倉知貴志郎  井上千津子
皮膚
38:243-248
1996年(平成8年)
 
皮膚掻痒症 ( IFN, IL-2)
足立  準  青木 敏之
皮膚科の臨床
38:1255-1258
1996年(平成8年)
 
皮膚線条
駒村 公美
皮膚症状からみた内科疾患
70-71
1996年(平成8年)
 
せつ腫症
乾  重樹
「皮膚症状からみた内科疾患」, 石橋康正・吉川邦彦・玉置邦彦監修
92-93
1996年(平成8年)
 
内的疾患により起こる皮膚所見 感染症
土居 敏明
皮膚症状から見た内科疾患
128-129
1996年(平成8年)
 
アレルギー性薬疹の機序
佐野 栄紀
目でみる薬疹2
 
1996年(平成8年)
 
アトピーと皮膚疾患
足立  準  青木 敏之
臨床科学
32:273-279
1996年(平成8年)
 
Skin bank-細胞バンクシステム
東山 真里  吉川 邦彦
臨床皮膚科
50:181-184
1996年(平成8年)
 
乳房外 Peget 病42例の統計的観察
矢野 健二  細川  亙  垣淵 正男
臨床皮膚科
50:207-210
1996年(平成8年)
 
Vitamin C abrogates the deleterious effects of UVB radiation on cutaneous immunity by a mechanism that does not depend on TNF-alpha.
Nakamura T, Pinnell SR, Darr D, Kurimoto I, Itami S, Yoshikawa K, Streilein JW :
J Invest Dermatol
109:20-24,
1997(平成9年)
 
Validation of short-term skin-sensitizing IgG antibodies to egg in atopic dermatitis by prausnitz-kustner (P-K) and oral P-K tests
Endo, K., Nakagawa, T., Adati, J. and Aoki, T.
Allergology International
46:195-199
1997年(平成9年)
 
Application of Bilayer Artificial Skin to a Defect Following Excisional Biopsy for Malignant Melanomalike Lesion
Hosokawa, K., Yoshitatsu, S., Kakibuchi, M., Nishimoto, S. and Fukuda, K.
Ann Plast Surg
670-671
1997年(平成9年)
 
Defect of the columella with loss of septum and soft palate; A case report
Kamiji, T.
Ann Plast Surg
38:551-552
1997年(平成9年)
 
Extended V-Y flap: patient reports and reconsideration.
Terashi H, Kurata S, Hashimoto H, Tadokoro T, Miura Y, Sato H, Kudo Y, Matsuo Y
Ann Plast Surg
38:147-150
1997年(平成9年)
 
Late Recurrence of Malignant Melanoma and Second Primary Malignant Melanoma: A Report of 3 Patients
Yoshitatsu, S., Hosokawa, K., Kakibuchi, M., Nishimoto, S. and Itami, S.
Ann Plast Surg
38:663-664
1997年(平成9年)
 
Herpetiform pemphigus showing reactivity with pemphigus vulgaris antigen (desmoglein 3)
Kubo, A., Amagai, M., Hashimoto, T., Doi, T., Higashiyama, M. Hashimoto, K. and Yoshikawa, K.
B J Dermatol
137:109-113
1997年(平成9年)
 
Four Japanese patients with cicatrical pemphigoid syowing both IgG and IgA antibodies against the 180kDa bullous pemphigoid antigen
Hashimoto, T., Han-Yaku, H., Higashiyama, M., Hashimoto, K., Iwatuki, K., Kaneko, F., Murakami, H. and Nishikawa, T,
Br J Dermatol
137:305-306
1997年(平成9年)
 
Prevalence of human herpesvirus-8 in skin lesions
Nishomoto, S., Inagi, R., Yamanishi, K., Hosokawa, K., Kakibuchi, M. and Yoshikawa, K.
Br J Dermatol
137:179-184
1997年(平成9年)
 
In vivo expression of IL-4, IL-5, IL-13 and IFN-gamma mRNAs in peripheral blood mononuclear cells and effect of cyclosporin A in a patient with Kimura's disease.
Katagiri K, Itami S, Hatano Y, Yamaguchi T, Takayasu S
Br J Dermatol.
137(6):972-977
1997年(平成9年)
 
Increased levels of IL-13 mRNA, but not IL-4 mRNA, are found in vivo in peripheral blood mononuclear cells (PBMC) of patients with atopic dermatitis (AD)
Katagiri, K., Itami, S., Hatano, Y. and Takayasu, S.
Clin Exp Immunol
108:289-294
1997年(平成9年)
 
A case of contact dermatitis due to impurities of cetyl alcohol
Komamura, H., Doi, T., Inui, S. and Yoshikawa, K.
Contact Dermatitis
36:44-46
1997年(平成9年)
 
Perineural and neural involvement in skin cancers
Terashi, H., Kurata, S., Tadokoro, T., Ishii, Y., sato, H., Kudo, Y., Katagiri, K., Itami, S. and Takayasu, S.
Dermatol Surg.
23(4):259-264,264-5
1997年(平成9年)
 
Contact dermatitis from sodium cromoglicate
Komamura, H., Matsui, Y. and Yoshikawa, K.
Environ Dermatol
4:128-132
1997年(平成9年)
 
Two cases of photocontact dermatitis due to suprofen
Komamura, H., Adachi, J., Tani., M. and Yoshikawa, K.
Environ Dermatol
4:297-303
1997年(平成9年)
 
High and low dose of haptens dictate whether dermal or epidermal antigen-presenting cells promote contact hypersensitivity.
Stefano, B., Alard, P., Dai, R., Nakamura, T. and Streilein, J.W.
Eur J Immunol
27:442-448
1997年(平成9年)
 
Epidermolysis bullosa acquisita exacerbated by systemic estrogen and progesterone treatment and pregnancy
Kubo, A., Hashimoto, K., Inoue, C., Hashimoto, T. and Yoshikawa, K.
J Am Acad Dermatol
36:792-794
1997年(平成9年)
 
Productive infection of dendritic cells by HIV-1 and their ability to capture virus are mediated through separate pathways.
Blauvelt A, Asada H, Saville MW, Klaus-Kovtun V, Altman DJ, Yarchoan R, Katz SI.
J Clin Invest
100:2043-2053
1997年(平成9年)
 
A Case of Paget's Disease of the Vulva Recurring in a Musculocutaneous Flap
Yoshitatsu, S., Hosokawa, K., Nishimoto, S. and Yoshikawa, K.
J Dermatol
24:471-474
1997年(平成9年)
 
A Case of Tuberous Sclerosis with a Giant Angiofibroma
Wataya-Kaneda, M., Yano, K., Hosokawa, K. and Yoshikawa, K.
J Dermatol
24:132-134
1997年(平成9年)
 
OK-432 therapy for recalcitrant wars
Inui, S., Asada, H., Wataya-Kaneda, M., Miyamoto, T., Itami, S. and Yoshikawa, K.
J Dermatol
24(5):301-305
1997年(平成9年)
 
Pilomatricoma with a bullous appearance
Inui S, Kanda R, Hata S
J Dermatol
24:57-59
1997年(平成9年)
 
Cytokine gene expression during the elicitation phase of contact sensitivity: regulation by endogenous IL-4.
Asada H, Linton J, Katz SI.
J Invest Dermatol
108:406-411
1997年(平成9年)
 
Human genital melanocytes as androgen target cells
Tadokoro, T., Itami, S., Hosokawa, K., Terashi, H. and Takayasu, S.
J Invest Dermatol
109:513-517
1997年(平成9年)
 
PCR-PFLP analysis as an aid to genetic counseling of families of Japanese patients with group A xeroderme pigmentosum
Maeda, T., Sato, K., Minami, H., Taguchi, H. and Yoshikawa, K.
J Invest Dermatol
108:306-309
1997年(平成9年)
 
Vitamin C abrogates the deleterious effects of UVB radiation on cutaneous immunity by a machanism that does not depend on TNF-a.
Nakamura, T., Pinnell, S.R., Darr, D., Kurimoto, I., Itami, S., Yoshikawa, K. and Streilein, J.W.
J Invest Dermatol
109:20-24
1997年(平成9年)
 
Free Rectus Abdominis Musculocutaneous Flap for Head and Neck Reconstruction
Nishimoto, S., Kakibuchi, M., Hosokawa, K., Maeda, M., Urakawa, S., Hikasa, H., Tsukino, A. and Maeda, F.
J Reconstr Microsurg
13:171-175
1997年(平成9年)
 
Quantitative Morphorogy of Auerbach's Plexus in Intestinal Wall Undergoing Ischemia
Yono, K., Hosokawa, K. and Hata, Y.
J Reconstr Microsurg
13:297-301
1997年(平成9年)
 
Possible role of coexpression of CD9 with membrane-anchored Heparin-binding EGF-like growth factor and amphiregulin in cultured human keratinocyte growth.
Inui, S., Higashiyama, S., Hashimoto, K., Higashiyama, M., Yoshikawa, K. and Taniguchi N.
Journal of cellular physiology, 1997
171:291-298
1997年(平成9年)
 
Skin grafting on liver
Hosokawa, K., Kakibuchi, M., Yano, K., Ohyama, T., Kamata, S., Usui, N. and Azuma, T.
Plastic and Reconstructive Surgery
99:589-590
1997年(平成9年)
 
Enhancement of DNA repair in human skin cells by thymidine dinucleotides: Evidence for a p53-mediated mammalian SOS response
Eller, M.S., Maeda, T., Magnoni, C., Atwal, D. and Cilchrest, B.
Proc. Natl. Acad. Sci.
94:12627-12632
1997年(平成9年)
 
Tissue specific knock-out of the mouse pig-a gene reveals important roles for GPI-anchored proteins in skin development
Tarutani, M., Itami, S., Okabe, M., Ikawa, M., Tezuka, T., Yoshikawa, K., Kinishita, and Takeda, J.
Proc Natl Acad Sci USA
94:7400-7405
1997年(平成9年)
 
ステロイド外用剤の使い方
足立  準
Progress in Medicine
17:48-51
1997年(平成9年)
 
Adenolymphomas of the Parotid and Neck with a Coexistent Pleomorphic Adenoma. Case Report
Hosokawa, K., Yaoamoto, H. and Kitayoshi, H.
Scand J Reconstr Hand Surg
31:267-269
1997年(平成9年)
 
頭部皮膚悪性腫瘍に対するScalping flap による再建法の方向について
寺師 浩人  倉田荘太郎  田所 丈嗣  三浦 芳子  佐藤 治明  松尾 由紀  高安  進
Skin Cancer
12:112-115
1997年(平成9年)
 
アトピー性皮膚炎におけるダニ除去の効果の判定 (二重盲検試験)
遠藤  薫  吹角 隆之  足立  準  小嶋 益子  青木 敏之
アレルギー
46:1013-1024
1997年(平成9年)
 
3次元実体モデルを用いた高線量率小線源治療計画の開発
井上 俊彦  内田 淳正  三木 恒治  丸野 元彦  服部 賢二  細川  亙
インタ−ビジョン
12:12
1997年(平成9年)
 
毛乳頭細胞に対する男性ホルモンの作用
板見  智
フレグランスジャーナル
25:32-35
1997年(平成9年)
 
潰瘍治療剤のラット抗癌剤漏れ潰瘍に対する効果-ブクラデシンナトリウム軟膏の効果について-
細川  亙  矢野 健二  垣淵 正男  西本  聡  吉龍 澄子  笠井 義男
医学と薬学
37:963-965
1997年(平成9年)
 
犬咬創による幼児涙小管断裂の2症例
松尾 由紀  寺師 浩人  佐藤 治明  田所 丈嗣  倉田荘太郎
形成外科
40:927-930
1997年(平成9年)
 
小児鼻根部に生じた結節性筋膜炎の1例
松尾 由紀  寺師 浩人  田所 丈嗣  倉田荘太郎  高安  進  駒田 信二
形成外科
40:391-394
1997年(平成9年)
 
局所皮弁を用いた脊髄髄膜瘤の2手術例
矢野 健二  松尾 由紀  児玉 安紀  堀田 卓宏  河野 宏明  細川  亙
国立医療学会誌
51:130-133
1997年(平成9年)
 
実地医家のための治療薬 (特集) 抗アレルギー薬の選択と適正使用-他のアレルギー性皮膚疾患 (蕁麻疹, 湿疹, 皮膚炎, 皮膚掻痒症, ケロイド) -
足立  準
治療薬
2:64-66
1997年(平成9年)
 
知覚神経付き腹直筋皮弁と神経吻合による乳房再建
矢野 健二  松尾 由紀  橋本  創  中場 寛行  細川  亙
手術
51:1979-1984
1997年(平成9年)
 
血管腫
細川  亙
小児科
38:773-776
1997年(平成9年)
 
アトピー性皮膚炎の治療;外用療法とスキンケア
足立  準
小児看護
20:1009-1012
1997年(平成9年)
 
人工皮膚−この1年の進歩
細川  亙
人工臓器
26:972-973
1997年(平成9年)
 
ヒト毛乳頭細胞と外毛根鞘細胞の相互作用
板見  智
組織培養工学
23:12-16
1997年(平成9年)
 
眼窩減圧が著効した視神経障害を伴ったバセドウ眼症の一例
柏井  卓  中江  文  中井 國博  矢頃  綾  細川  亙  不二門 尚  多田 尚人  網野 信行
総合臨床
46:2241-2244
1997年(平成9年)
 
かぶれ (接触皮膚炎) の原因
駒村 公美  吉川 邦彦
大阪医学 大阪府医師会医学会雑誌
31:80
1997年(平成9年)
 
低酵素下におけるUVA照射リボフラビン溶液の細胞障害性
南  宏典
大阪大学医学雑誌
49(3):129-133
1997年(平成9年)
 
病理組織標本のダイレクトスキャン法 ―フィルムスキャナーを利用した低倍率画像―
西田健樹  土居 敏明
日皮会誌
107:1805-1807
1997年(平成9年)
 
頭部に生じたExtraskeletal Ewing's Sarcoma の1治験例 (補遺)
伊藤  理  泰  維郎  松田 秀則  古市 浩美  細川  亙
日本形成外科学会雑誌
17:781-787
1997年(平成9年)
 
毛髪とホルモン
板見  智
日本香粧品学会誌
21:214-217
1997年(平成9年)
 
成人型アトピー性皮膚炎とシャンプー-シャンプー洗髪を石けんに替えることの効果-
吹角 隆之  角辻ほづみ  遠藤  薫  足立  準  青木 敏之
日本皮膚アレルギー学会雑誌
5:85-89
1997年(平成9年)
 
教育シンポジウム-毛髪成長の制御機構と脱毛症の治療について-ホルモンを中心に
板見  智
日本皮膚科学会雑誌
107:1711-1713
1997年(平成9年)
 
コリン性蕁麻疹
足立  準
日本臨床皮膚科医学会雑誌
52:106-109
1997年(平成9年)
 
Carcinoma of the Anal Canal(Basaloid type)の1例
後藤 章夫  土居 敏明  細川  亙  吉龍 澄子  大野 正浩  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
39:315-318
1997年(平成9年)
 
顔面の特異な紅斑と下腿の壊疽性膿皮症を合併したBecet病の1例
三浦 宏之  松井 喜彦  栗本  巌  吉川 剛司  東山 真里  後藤 章夫  吉川 邦彦
皮膚
39:76-81
1997年(平成9年)
 
敏感肌用化粧品のパッチテスト成績
駒村 公美  吉川 邦彦  東  禹彦
皮膚
39:101-104
1997年(平成9年)
 
血清アンジオテンシン変換酵素が病勢と連動して変動した汎発性環状肉芽腫の1例
波田野 豊   板見  智
皮膚科の臨床
39:881-884
1997年(平成9年)
 
脱毛症
板見  智
皮膚疾患最新の治療97-98
217
1997年(平成9年)
 
ホモ接合体型家族性高コレステロール血症に伴う結節性黄色腫
磯ノ上正明  吉川 邦彦  山下 静也
皮膚病診療
19:1023-1026
1997年(平成9年)
 
シクロスポリンとメトトレキサートの投与を要した関節症性乾癬の1例
乾  重樹  磯ノ上正明  東山 真里  吉川 邦彦
皮膚臨床
39:1222-1223
1997年(平成9年)
 
乳頭に限局した乳房Paget病の1例
乾  重樹  磯ノ上正明  谷垣 武彦  吉川 邦彦
皮膚臨床
39:696-697
1997年(平成9年)
 
皮膚病変と結節性硬化症
金田 真理  吉川 邦彦
病理と臨床
15:118-123
1997年(平成9年)
 
染色体構造蛋白の免疫染色法シリーズ 最新医学講座 遺伝子診断
金田 真理  金田 安史
臨床検査
41:1173-1178
1997年(平成9年)
 
成人型色素性蕁麻疹の1例
三浦 宏之  谷   守  野瀬 隆夫  田邊  昇  磯ノ上正明  小塚 雄民
臨床皮膚科
51:70-72
1997年(平成9年)
 
UV-induced immunosuppression. Skin diseases after organ transplantation.
Kurimoto I, Streilein JW :
EJD book ser:
29-36,
1998(平成10年)
 
Natural killer cell-derived large granular lymphocyte lymphoma of lung developed in a patient with hypersensitivity to mosquito bites and reactivated Epstein-Barr virus infection.
Mizuki M, Ueda S, Tagawa S, Shibayama H, Nishimori Y, Shibano M, Asada H, Tanaka M, Nagata S, Koudera U, Suzuki K, Machii T, Ohsawa M, Aozasa K, Kitani T, Kanakura Y
Am J Hematol
59:309-315
1998年(平成10年)
 
Breast Reconstruction after Mastectomy without Additional Scarring:Application of Endoscopic Latissimus Dorsi Muscle Harvest
Takeshi Masuoka,Masakazu Fujikawa,Hiroshi Yamamoto,Tomoki Ohyama,Yoshifumi Inoue,Tetsuo Takao and Ko Hosokawa
Ann Plast Surg
40(2):123-127
1998年(平成10年)
 
Endoscope-assisted Transaxillary Removal of Glandular Tissue in Gynecomastia
Tomoki Ohyama,Akiyoshi Takada,Masakazu Fujikawa and Ko Hosokawa
Ann Plast Surg
40(1):62-64
1998年(平成10年)
 
Unilaterally Ruptured Depressor Labii Inferioris Muscle(letter)
Taketsugu Tadokoro,Sotaro Kurata,Hiroto Terashi,Haruaki Sato and Ko Hosokawa
Ann Plast Surg
40(5):568-569 
1998年(平成10年)
 
Avoiding ectropion by using the Mitek Anchor System for flap fixation to the facial bone
Mutsumi O, Haramoto U, Akizuki M, Kurakata M, Ohura N, Ohmori K
Ann Plast Surg.
102(5):1769-1770
1998年(平成10年)
 
LBP-p40 binds DNA tightly through associations with histones H2A, H2B, and H4.
Kinoshita K, Kaneda Y, Sato M, Saeki Y, Wataya-Kaneda M,Hoffmann A, Kaneda Y
BBRC
253:277-282
1998年(平成10年)
 
A novel immediate early response gene, IEX-1, is induced by ultraviolet radiation in human keratinocytes.
Kumar R, Kobayashi T, Warner GM, Wu Y, Salisbury JL, Lingle W, Pittelkow ML.
Biochem Biophys Res Commun
253:336-341
1998年(平成10年)
 
Regulation of a novel immediate early response gene, IEX-1, in keratinocytes by 1α, 25-dihydroxyvitamin D3.
Kobayashi T, Pittelkow MR, Warner GM, Squillace KA, Kumar R.
Biochem Biophys Res Commun
251:868-873
1998年(平成10年)
 
Predominance of type I 5 alpha-reductase in apocrine sweat glands of patients with excessive or abnormal odour derived from apocrine sweat (osmidrosis)
Sato T, Sonoda T, Itami S, Takayasu S
Br J Dermatol
139:806-810
1998年(平成10年)
 
A case of giant axonal neuropathy showing focal aggregation and hypophosphorylation of intermediate filaments.
Mohri I, Taniike M, Yoshikawa H, Higashiyama M, Itami S, Okada S
Brain Dev 1998
20(8):594-7
1998年(平成10年)
 
The induction of apoptosis in heLa cells by the loss of LBP-p40
Kaneda Y, Kaneda Y, Kinishita K, Sato M, Saeki Y, Yamada R, Wataya-Kaneda M,Tanaka K.
Cell death and Differentiation
5:20-28
1998年(平成10年)
 
Immunological study on CD3 defective cutaneous T cell lymphoma cells from a patient with Sezary syndrome.
Sano S, Matsui Y, Itami S, Yoshikawa K
Clin Exp Immunol
113(2):190-197
1998年(平成10年)
 
Evaluation of RU58841 as an anti-androgen in prostate PC3 cells and a topical anti-alopecia agent in the bald scalp of stumptailed macaques
Pan HJ, Wilding G, Uno H, Inui S, Goldsmith L, Messing E, Chang C
Endocrine
9:39-43
1998年(平成10年)
 
Contact cheilitis due to Lithol Rubine BCA
Ando Y, Komamura H, Yoshikawa K.
Environ Dermatol
5:223-227
1998年(平成10年)
 
Sustained transgene expression in vitro and in vivo using an Epstein-Barr virus replicon vector system combined with HVI liposomes.
Saeki Y, Wataya-Kaneda M, Tanaka T, Kaneda Y
Gene Therapy
5:1031-1037
1998年(平成10年)
 
The androgen receptor co-regulator, ARA70
Miyamoto H, Yeh S, Hwang SB, Fujimoto N, Hsiao P, Ting H, Nishimura K, Wang C, Inui S, Uemura H, Chang C
Gronemeyer, Fuhrmann, Parczyk, ed. Molecular Basis of Sex Hormone Receptor Function. Heidelberg: Springer-Verlag
43-51
1998年(平成10年)
 
Induction of peripheral CD8+ T-cell tolerance bycross-presentation of self antigens.
Miller, J.F., C. Kurts, J. Allison, H. Kosaka, F. Carbone, and W.R. Heath.
Immunol Rev
165:267-77
1998年(平成10年)
 
Up-regulation of glucosylceramide synthase expression and activity during human keratinocyte differentiation.
Watanabe R, Wu K, Paul P, Marks DL, Kobayashi T, Pittelkow MR, Pagane RE.
J Biol Chem 
273(16):9651-9655
1998年(平成10年)
 
Un-cross-linked fibrin substrates inhibit keratinocyte spreading and replication: correction with fibronectin and factor XIII cross-linking.
Weiss, E., Yamaguchi, Y., Falabella, A., Tokuda, Y. and Falanga, V.
J Cell Physiol
174:58-65
1998年(平成10年)
 
Candida is not involved in the development of periungual psoriatic lesion.
Miura H, Sano S, Higashiyama M, Itami S, Yoshikawa K
J Dermatol Sci
18(1):64-65
1998年(平成10年)
 
Growth inhibitation of human keratinocytes by a new vitamin D3 analogue in vitro.
Kobayashi T, Hashimoto K,Yoshikawa K.
J Dermatol Sci
16:158-164
1998年(平成10年)
 
Growth stimulation of normal melanocytes and nevocellular nevus by gastrin releasing peptide (GRP)
Terashi H, Itami S, Tadokoro T, Takeyama M, Katagiri K, Takayasu S
J Dermatol Sci
17:93-100
1998年(平成10年)
 
Synchronization of normal human keratinocyte in culture:its application to the analysis of 1,25-dihydroxyvitamin D3 effects on cell cycle.
Kobayashi T, Okumura H, Hashimoto K, Asada H, Inui S, Yoshikawa K.
J Dermatol Sci
17:108-114
1998年(平成10年)
 
Taurin-conjugated ursodeoxycholic acid has a reversible inhibitory effecton human keratinocyte growth.
Yamaguchi Y, Itami S, Nishida K, Ando Y, Okamoto S, Hosokawa K, Yoshikawa K
J Dermatol Sci
18(1):35-42
1998年(平成10年)
 
The peripheral deletion of autoreactive CD8+ T cells induced bycross-presentation of self-antigens involves signaling through CD95 (Fas,Apo-1).
Kurts, C., W.R. Heath, H. Kosaka, J.F. Miller, and F.R. Carbone.
J Exp Med
188(2):415-20
1998年(平成10年)
 
Endrogenous EGF-family growth factors are necessary for the progression from the G1 to S phase in human keratinocytes
Kobayashi T, Hashimoto K, Okumura H, Asada H, Yoshikawa K.
J Invest Dermatol
111:616-620
1998年(平成10年)
 
Stimulation of collagen synthesis by the anabolic steroid stanozolol
Falanga V, Greenberg AS, Zhou L, Ochoa SM, Roberts AB, Falabella A, Yamaguchi Y.
J Invest Dermatol
111(6):1193-1197
1998年(平成10年)
 
Cross-presentation of self antigens to CD8+ T cells: the balance between tolerance and autoimmunity.
Kurts, C., W.R. Heath, F.R. Carbone, H. Kosaka, and J.F. Miller.
Novartis Found Symp 
215:172-81; discussion 181-90
1998年(平成10年)
 
Breast Reconstruction by means of Innervated Rectus Abdominis Myocutaneous Flap
Kenji Yano,Yuki Matsuo and Ko Hosokawa
Plast Reconstr Surg
102(5):1452-1460
1998年(平成10年)
 
Quarter-vermilion flap: A method for symmetric lower lip reconstruction
Haramoto U, Yamada A, Kobayashi S, Ohmori K
Plast Reconstr Surg
101(5) 1334-1337
1998年(平成10年)
 
Semiremote-controllable bone distractor(letter)
Soh Nishimoto,Takashi Kamiji,Ko Hosokawa
Plast Reconstr Surg
101(3):868
1998年(平成10年)
 
Simultaneous Manifestation of Squamous Cell Carcinoma in Identical Twins with Epidermolysis Bullosa
Ko Hosokawa,Sumiko Yoshitatsu,Masao Kakibuchi,Soh Nishimoto,Mari Higashiyama and Kunihiko Yoshikawa
Plast Reconstr Surg
102(2):448-449
1998年(平成10年)
 
A Case of Free Flap Failure and Inter Jugular Vein Occlusion(letter)
Ushio Haramoto,Tomoki Ohyama,Ko Hosokawa and Hidenori Inohara
Plast Reconstr Surg 
102(5):1998:1769-1770
1998年(平成10年)
 
Free flap transfers for the treatment of osteomyelitis of the lower leg
Sekiguchi J, Haramoto U, Kobayashi S, Nomura S
Scand J-Plast Reconstr Hand Surg
32:171-178
1998年(平成10年)
 
増殖因子と癌遺伝子
吉川 邦彦
TEXT皮膚科学, 小川秀興・新村眞人編
248-254
1998年(平成10年)
 
足などの肌荒れで悩む
吉川 邦彦
すこやかファミリー
1998冬号:14-15
1998年(平成10年)
 
目でみる薬疹
吉川 邦彦 監修  小塚 雄民  岡田奈津子  編集
医薬ジャーナル
 
1998年(平成10年)
 
目でみる薬疹[20] (最終回) 各論15 GVHD
土居 敏明
医薬ジャーナル
34(5), 5-9
1998年(平成10年)
 
外科医に必要な内科治療 皮膚疾患の治療
佐野 栄紀  吉川 邦彦
外科治療
78:89-92
1998年(平成10年)
 
創傷治療における最近の話題 新しい外用治療剤
吉川 邦彦
興和医報
41:1-5
1998年(平成10年)
 
小児における臍位置の測定
大山 知樹  高田 章好  細川  亙
形成外科
41(7):655-659
1998年(平成10年)
 
女性化乳房の治療
大山 知樹  細川  亙
形成外科 (増刊号:頸部と 幹の形成外科)
141-148
1998年(平成10年)
 
結節性硬化症で減少している蛋白p40の機能解析−p40とアポトーシス−
吉川 邦彦  金田 真理  金田 安史
厚生省特定疾患 皮膚・結合組織疾患調査研究班 神経皮膚症候群分科会 平成9年度研究報告書
44-48
1998年(平成10年)
 
乾癬 Psoriasis
吉川 邦彦
今日の治療指針 1998年版  日野原重明・阿部正和監修
684-685
1998年(平成10年)
 
皮膚病変から検索する肺疾患
吉川 邦彦
実地医家のための皮膚疾患 春・夏・秋・冬
秋号:5-6
1998年(平成10年)
 
多毛 (毛深くなる), 皮膚病変を読むー全身疾患と皮膚
板見  智
全身疾患と皮膚
131-132
1998年(平成10年)
 
大阪大学医学部皮膚科における帯状疱疹の治療
土居 敏明
帯状疱疹の診断と治療
254-259
1998年(平成10年)
 
過去10年間の大阪府下における皮膚がんの発生状況
富田 智史
大阪大学医学部雑誌
50:73-87
1998年(平成10年)
 
コンディショナルジーンノックアウトを用いたGPI-アンカー型蛋白の角層形成における役割の検討
樽谷 勝仁  板見  智  吉川 邦彦  手塚  正  高木  豊  木下タロウ  竹田 潤二
第12回角化症研究会記録集, 石橋・小川・長島編
34-36
1998年(平成10年)
 
乾癬末梢血・皮疹にはインターフェロン産生性 CD4, CD8 細胞が多い
佐野 栄紀  中村 敏明  板見  智  吉川 邦彦
第12回日本乾癬学会記録集
140-141
1998年(平成10年)
 
掌蹠線維芽細胞によるケラチン9の誘導
山口 裕史  板見  智  樽谷 勝仁  吉川 邦彦
日皮会誌
108(12):1657-1659
1998年(平成10年)
 
単純化学物質と皮膚免疫
浅田 秀夫  Katz SI
日皮会誌
108:1667-1668
1998年(平成10年)
 
皮膚老化を促進する内的因子 (1) ホルモン環境
板見  智
日皮会誌
108:1611-1612
1998年(平成10年)
 
乳癌患者の乳房切除後形成術-腹直筋皮弁による再建手術
細川  亙  垣淵 正男
日本医事新報
3857:33-36
1998年(平成10年)
 
肝硬変に合併した壊死性遊走性紅斑の一例
梅田 二郎  東山 真里  櫻根 純子  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
40:359-364
1998年(平成10年)
 
先天性 Letterer-Siwe 病 (Langerhans cell hystocytosis) の1例
安東 侑美  西田健樹  土居 敏明  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
40:269-273
1998年(平成10年)
 
大阪府下における皮膚がんの発生状況
富田 智史  吉川 邦彦  大湊  茂
皮膚
40:453-459
1998年(平成10年)
 
各論15 GVHD
土居 敏明
目でみる薬疹
106-110
1998年(平成10年)
 
人口真皮を用いて再建した外陰部基底細胞癌の1例
撫養 宗信  滝尻 珍重  中村 雄幸
臨床皮膚科
52:168-170
1998年(平成10年)
 
Tumor necrosis factor-alpha impairs contact hypersensitivity induction after ultraviolet B radiation via TNF-receptor 2 (p75).
Kurimoto I, Streilein JW.
Exp Dermatol. Dec;
8(6):495-500.
1999 (平成11年)
 
Role of CD4+ T cells in immunobiology of orthotopic corneal transplants in mice.
Yamada J, Kurimoto I, Streilein JW:
Invest Ophthalmol Vis Sci
40:2614-21,
1999 (平成11年)
 
Genetic mapping and physical cloning of UVB susceptibility region in mice.
Handel-Fernandez ME, Kurimoto I, Streilein JW, Vincek V:
J Invest Dermatol
113:224-9,
1999 (平成11年)
 
A substance p agonist acts as an adjuvant to promote hapten-specific skin immunity.
Niizeki H, Kurimoto I, Streilein JW:
J Invest Dermatol
112:437-42,
1999 (平成11年)
 
Effect of 12-0-tetradecanoyl-phorbol ester and incisional wouding on neuropsin mRNA and its protein expression in murine skin.
Hikaru Kitayoshi,Naoko Inoue,Katsuki Kuwae,Zu-Lin Chen,Hiroaki SatoTomohiro Ohta,Ko Hosokawa,Satoshi Itami,Kunihiko YoshikawaShigetaka Yoshida,Sadao Shiosaka
Arch Dermatol Res
291:333-338
1999年(平成11年)
 
Different roles of glycosylphosphatidylinositol in various hematopoietic cells as revealed by a mouse model of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria.
Murakami Y, Kinoshita T, Maeda Y, Nakano T, Kosaka H, Takeda J
Blood
94:2963-70
1999年(平成11年)
 
Expression of mRNA for androgen receptor, 5alpha-reductase and 17beta-hydroxysteroid dehydrogenase in human dermal papilla cells.
Y Ando, Y Yamaguchi, K Hamada, K Yoshikawa, S Itami
Br J Dermatol
141(5):840-845
1999年(平成11年)
 
Interleukin 5-inducing activity in the blister fluid of eosinophilicpustular dermatosis.
Sano S, Itami S, Azukizawa H, Araki Y, Higashiyama M, Yoshikawa K
Br J Dermatol
141:154-155
1999年(平成11年)
 
ヒトヘルペスウイルス6の樹状細胞への感染とHIV増殖抑制効果
浅田 秀夫  吉川 邦彦  Katz SI  Blauvelt A
Congress Insights in HERPES
3:08
1999年(平成11年)
 
Viability of isolated single hair follicles preserved at 4 degrees C.
Kurata S, Ezaki T, Itami S, Terashi H, Takayusu S
Dermatol Surg
25:26-29
1999年(平成11年)
 
Keratinocyte-specific ablation ofStat3 exhibits impaired skin remodeling, but does not affect skin morphogenesis.
Sano S, Itami S, Takeda K, Tarutani M, Yamaguchi Y, Miura H, Yoshikawa K, Akira S, Takeda J
EMBO J
18:4657-4668
1999年(平成11年)
 
A case of contact dermatitis due to Curcuma longa (turmeric)
Sakurane J, Komamura H, Isonokami M, Tadokoro T, Nakamura T, Yoshikawa K.
Environmental Dermatology
6(4):237-242
1999年(平成11年)
 
Human Fibroblast growth Factor 10 Expression in Dermal Papilla Cells, Outer Root Sheath Cells and Ketratinocytes.
K.Hamada, K.Ozawa, S.Itami and K.Yoshikawa
Experimental Dermatology
8:347-349
1999年(平成11年)
 
Growth-stimulating effects of tumor necrosis factor-a on simian virus 40-transformed human keratinocytes is linked to phosphorylation of retinoblastoma protein
Kobayashi T, Okumura H, Hashimoto K, Asada H, Yoshikawa K
J. Dermatol. Sci.
22:38-44
1999年(平成11年)
 
Human herpesvirus 6 infects dendritic cells and suppresses human immunodeficiency virus type 1 replication in coinfected cultures
Asada H, Klaus-Kovtun V, Golding H, Katz SI, Blauvelt A
J. Virol.
73:4019-28
1999年(平成11年)
 
Cloning and characterization of androgen receptor coactivator, ARA55, in human prostate
Fujimoto N, Yeh S, Kang HY, Inui S, Chang HC, Mizokami A, Chang C
J Biol Chem
274:8316-8321
1999年(平成11年)
 
Expression of Th1 and Th2 cytokine mRNAs in freshly isolated peripheral blood mononuclear cells of a patient with cutaneous paragonimiasis.
Hatano Y, Katagiri K, Ise T, Yamaguchi T, Itami S, Nawa Y, Takayasu S
J Dermatol Sci
19:144-7
1999年(平成11年)
 
Minoxidil increases 17beta-hydroxysteroid dehydrogenase and 5alpha-reductase activity of cultured human dermal papilla cells from balding scalp.
Sato T, Tadokoro T, Sonoda T, Asada Y, Itami S, Takayasu S
J Dermatol Sci
19:123-125
1999年(平成11年)
 
Induction of TR4 orphan receptor by retinoic acid in human HaCaT keratinocytes.
Inui S, Lee YF, Haake AR, Goldsmith LA, Chang C.
J Invest Dermatol
112:426-431
1999年(平成11年)
 
Regulation of Keratin 9 in Nonpalmoplantar Keratinocytes by Palmoplantar Fibroblasts Through Epithelial-Mesenchymal Interactions.
Yuji Yamaguchi,Satoshi Itami,Masahito Tarutani,Ko Hosokawa,Hiroyuki Miura, Kunihiko Yoshikawa
J Invest Dermatol
112:101-106
1999年(平成11年)
 
Time Trends of Incidence for Cutaneous Melanoma Among the Japanese Population:anAnalysis of Osaka Cancer Registry Date, 1964-95
Hideo Tanaka, Hideaki Tsukuma, Satoshi Tomita, Wakiko Ajiki, Takako Kitagawa, Noriko Kinoshita, Kunihiko Yoshikawa, and Akira Oshima
Journal of Epidemiology
9:S129-35
1999年(平成11年)
 
男性型脱毛症の基礎と臨床
板見  智
Monthly Book of Derma
23:29-33
1999年(平成11年)
 
Limb and skin abnormalities in mice lacking IKKalpha.
Takeda K, Takeuchi O, Tsujimura T, Itami S, Adachi O, Kawai T, Sanjo H, Yoshikawa K, Terada N, Akira S
Science
284:313-316
1999年(平成11年)
 
Effects of androgens on human hair follicles. In: Dyall-Smith D, Marks R (ed). Dermatology at the Millennium.
Itami S
UK: The Parthenon Publishing Group,
694-698.
1999年(平成11年)
 
一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の分子機構
浅田 秀夫
アレルギー科
7:273-277
1999年(平成11年)
 
単純化学物質による皮膚のアレルギー反応
浅田 秀夫
アレルギー科
7:8-14
1999年(平成11年)
 
ヒト毛乳頭細胞におけるandrogen receptor, 5a-reductase and 17b-hydroxysteroid dehydrogenase の発現
板見  智
コスメトロジー研究報告書
7:76-82
1999年(平成11年)
 
糖尿病にはどのような皮膚病変が起こるか―形態から病態生理まで―
土居 敏明  板見  智
プラクティス
16:494-499
1999年(平成11年)
 
結節性硬化症 (TSC1, TSC2)
小野 次郎  金田 真理  樋野 興夫
遺伝制癌の分子医学
127:2369-2375
1999年(平成11年)
 
酒さ様皮膚炎, 口囲皮膚炎
板見  智
今日の治療指針2000
728
1999年(平成11年)
 
好酸球性膿疱性毛嚢炎の1例
撫養 宗信  白濱 茂穂
聖隷三方原病院雑誌
3:37-40
1999年(平成11年)
 
掌蹠線維芽細胞による掌蹠様培養皮膚の作成
山口 裕史  板見  智  樽谷 勝仁  細川  亙  吉川 邦彦
組織培養工学
25(3):16(112)-19(115)
1999年(平成11年)
 
掌蹠繊維芽細胞による掌蹠様培養皮膚の作成
山口 裕史  板見  智  樽谷 勝仁  細川  亙  吉川 邦彦
組織培養工学
25:18-21
1999年(平成11年)
 
【培養皮膚の新たな展開】 掌蹠線維芽細胞による掌蹠様培養皮膚の作成
山口 裕史  板見  智  樽谷 勝仁  細川  亙  吉川 邦彦
組織培養工学
25:112-115
1999年(平成11年)
 
毛の発育制御機構解明における最近の進歩と育毛剤
板見  智
日本化粧品技術者会誌
33:220-228
1999年(平成11年)
 
皮膚の構造・特性と機能および血管の特性
土居 敏明
日本義肢装具学会誌
 
1999年(平成11年)
 
Flashpixを用いた画像データベースの皮膚科診療現場への応用
西田健樹  土居敏明  吉川邦彦  西村喜久男  岡本 泰  高居八一郎
日本皮膚科学会雑誌
109(12):2062-2065
1999年(平成11年)
 
Churg-Strauss症候群の1例
中島 武之  小阪  博  田中 まり  東山 真里  佐野 栄紀  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
41(6):666-669
1999年(平成11年)
 
ブシラミンが奏功した乾癬性関節症の4例
須磨 升美  中村 敏明  佐野  栄  東山 真里  磯ノ上正明  小澤健太郎  稲宮 知美  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
41:156-161
1999年(平成11年)
 
特異な臨床像を呈し, 広範囲な切除を要した基底細胞癌
須磨 升美  猿喰 浩子  井上千津子  細川  亙  渋谷 京子
皮膚
41:3-4
1999年(平成11年)
 
慢性骨髄性白血病患者にみられたhydroxyureaによる足の潰瘍の1例
桜根 純子  浅田 秀夫  田所 丈嗣  磯ノ上正明  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
41:151-155
1999年(平成11年)
 
毛孔性紅色丘疹を呈したGVHD
種村  篤  小阪  博  東山 真里  田所 丈嗣   板見  智  吉川 邦彦
皮膚
41:429-433
1999年(平成11年)
 
顔面浮腫を伴ったゾニサミド (エクセグラン$5001) による膿疱型薬疹の一例
小豆澤宏明  樽谷 勝仁  磯ノ上正明  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
41(2):147-150
1999年(平成11年)
 
慢性骨髄性白血病患者にみられたhydroxyureaによる足の潰瘍の1例
櫻根 純子  浅田 秀夫  他
皮膚
41(2):151-155
1999年(平成11年)
 
トピックスー毛とホルモン8.毛と爪のオフィスダーマトロジー
板見  智
皮膚科診療プラクティス
70-74
1999年(平成11年)
 
多毛症とは?8.毛と爪のオフィスダーマトロジー
板見  智  安東 侑美
皮膚科診療プラクティス
74-77
1999年(平成11年)
 
膿疱性乾癬, 関節症性乾癬
板見  智
皮膚疾患最新の治療
98-99
1999年(平成11年)
 
結節性黄色腫〜cerebrotendinous xanthomatosisの1例〜
小豆澤宏明  吉川 邦彦
皮膚病診療
21(9)
1999年(平成11年)
 
酢酸リュープロレリン皮下注により生じた肉芽腫の2例
撫養 宗信  滝尻 珍重  白濱 茂穂
臨床皮膚科
53:801-803
1999年(平成11年)
 
皮膚老化とホルモン
板見  智
臨床皮膚科
53:50-52
1999年(平成11年)
 
Genetic factors in immunosuppression: precise genetic evidence that polymorphism of TNF-alpha dictates UVB-susceptibility in mice.
Nakamura T, Kurimoto I, Itami S, Yoshikawa K, Streilein JW.
J Dermatol Sci. Mar;23 Suppl 1:
S13-6. Review
2000
 
Studies of delayed systemic effects of ultraviolet B radiation (UVR) on the induction of contact hypersensitivity, 2. Evidence that interleukin-10 from UVR-treated epidermis is the critical mediator.
Kurimoto I, Kitazawa T, Streilein JW.
Immunology. Jan;
99(1):134-40.
2000 (平成12年)
 
Suprathreshold doses of hapten are required to induce both contact hypersensitivity and tolerance.
Kurimoto I, Kitazawa T, Streilein JW.
J Dermatol Sci. Sep;
24(1):48-59.
2000 (平成12年)
 
Maintaining remission of lupus erythematosus profundus (LEP) with cyclosporin A.
Saeki Y, Ohshima S, Kurimoto I, Miura H, Suemura M.
Lupus. ;
9(5):390-2.
2000(平成12年)
 
Characteristics of cutaneous lymphomas in Osaka, Japan (1988-1999) based on the European Organization for Research and Treatment of Cancer classification.
Nagasawa T, Miwa H, Nakatsuka S, Itami S, Yoshikawa K, Aozasa K.
Am J Dermatopathol.
22(6):510-4
2000年(平成12年)
 
Analysis of All Exons of TSC1 and TSC2 Genes for Germline Mutations in Japanese Patients with Tuberous Sclerosis : Report of 10 Mutations
Yamashita,Y.,Ono,J., okada,S., Wataya-Kaneda,M., yoshikawa, K., NishizawaM., Hirayama, Y.,kobayashi,E., Seyama,K. and Hino,O.
American Journal of Medical Genetics
90:123-126
2000年(平成12年)
 
Involvement of insulin-like growth factor-I in psoriasis as a paracrine growth factor: dermal fibroblasts play a regulatory role in developing psoriatic lesions.
Miura H, Sano S, Higashiyama M, Yoshikawa K, Itami S.
Arch Dermatol Res.
292(12):590-7
2000年(平成12年)
 
Lack of co-ordinate expression of the alpha1(I) and alpha1(III) procollagen genes in fibroblast clonal cultures.
Yamaguchi Y, Crane S, Zhou L, Ochoa SM, Falanga V
Br J Dermatol
143:1149-1153
2000年(平成12年)
 
Involvement of keratinocyte activation phase in cutaneous graft healing: comparison of full-thickness and split-thickness skin grafts.
Yamaguchi Y, Hosokawa K, Kawai K, Inoue K, Mizuno K, Takagi S, Ohyama T, Haramoto U, Yoshikawa K, Itami S.
Dermatol Surg.
26(5):463-9
2000年(平成12年)
 
毛乳頭における男性ホルモン作用のメカニズムの研究
乾  重樹  板見  智
FRAGRANCE JOURNAL
2000:02:00
2000年(平成12年)
 
Enhancement of Transgene expression by cotransfection of oriP plasmid with EBNA-1 Expression Vector
Kaned,Y., Saeki,Y., Nakabayashi ,M., Zhou, W. and wataya-Kaneda,M. and Morishita,R.
Human Gene Therapy
11
2000年(平成12年)
 
Transgenic overexpression of human Bcl-2 in islet beta cells inhibits apoptosis but does not prevent autoimmune destruction.
Allison J, Thomas H, Beck D, Brady JL, Lew AM, Elefanty A, Kosaka H, Kay TW, Huang DC, Strasser A
Int Immunol
12(1):9-17
2000年(平成12年)
 
The levels and kinetics of oxygen tension detectable at the surface of human dermal fibroblast cultures.
Tokuda Y, Crane S, Yamaguchi Y, Zhou L, Falanga V
J Cell Physiol
182:414-420
2000年(平成12年)
 
A role for heterologous gap junctions between melanoma and endothelial cells in metastasis.
Ito A, Katoh F, Kataoka TR, Okada M, Tsubota N, Asada H, Yoshikawa K, Maeda S, Kitamura Y, Yamasaki H, Nojima H
J Clin Invest
105:1189-1197
2000年(平成12年)
 
A case of lichen planus-like keratosis: deposition of IgM in the basement membrane zone.
Inui S, Itami S, Kobayashi T, Yoshikawa K.
J Dermatol
27(9):615-7
2000年(平成12年)
 
Double involvement of extramammary Paget's disease in the genitalia and axilla.
Inui S, Fukuhara S, Asada H, Tadokoro T, Yoshikawa K, Itami S
J Dermatol
27(6):409-12
2000年(平成12年)
 
Analysis of T-cell antigen receptor gamma chain gene rearrangement by polymerase chain reaction in combination with denaturing gradient gel electrophoresis in the differential diagnosis of cutaneous T-lymphoproliferative diseases.
Nagasawa T, Nakatsuka S, Miwa H, Kanno H, Itami S, Yoshikawa K, Aozasa K.
J Dermatol.
27(4):238-43
2000年(平成12年)
 
Lack of androgen receptor transcriptional activity in human keratinocytes.
Inui S, Itami S, Pan HJ, Chang C
J Dermatol Sci
23(2):87-92
2000年(平成12年)
 
Conditional gene targeting and its application in the skin.
Takeda, J., Sano, S., Tarutani, M., Umeda, J. and Kondoh, G.
J.Dermatol.Sci.
23(3):147-54
2000年(平成12年)
 
Genetic factors in immunosuppression: precise genetic evidence that polymorphism of TNF-alpha dictates UVB-susceptibility in mice.
Nakamura T, Kurimoto I, Itami S, Yoshikawa K, Streilein JW.
J Dermatol Sci. 23 Suppl
1:S13-6
2000年(平成12年)
 
Impaired responses of peripheral blood mononuclear cells to staphylococcal superantigen in patients with severe atopic dermatitis: a role of T cell apoptosis.
Yoshino T, Asada H, Sano S, Nakamura T, Itami S, Tamura M, Yoshikawa K.
J Invest Dermatol.
114(2):281-8
2000年(平成12年)
 
Annexin VII as a novel marker for invasive phenotype of malignant melanoma.
Kataoka TR, Ito A, Asada H, Watabe K, Nishiyama K, Nakamoto K, Itami S, Yoshikawa K, Ito M, Nojima H, Kitamura Y.
Jpn J Cancer Res.
91(1):75-83
2000年(平成12年)
 
脱毛のメカニズムと治療の進歩
板見  智
Medico
31:11-14
2000年(平成12年)
 
男性型脱毛の臨床と発症機序
乾  重樹  板見  智
Monthly Book Derma デルマ ステロイドホルモンと皮膚疾患
34:7-12 (別冊)
2000年(平成12年)
 
Two distinct signaling pathways in hair cycle induction: Stat3-dependent and -independent pathways.
Sano S, Kira M, Takagi S, Yoshikawa K, Takeda J, Itami S.
Proc Natl Acad Sci U S A.
97(25):13824-9
2000年(平成12年)
 
The use of autologous and bioengineered epidermis to control fibrosis and improve cosmesis.
Yamaguchi Y, Hosokawa K, Sumikawa Y, Kakibuchi M, Yoshikawa K
Wounds
12:68-75
2000年(平成12年)
 
T細胞
浅田 秀夫
アレルギー科
9:228-233
2000年(平成12年)
 
EBウイルスと皮膚リンパ腫
浅田 秀夫
血液・腫瘍科
40:429-436
2000年(平成12年)
 
特異な皮疹を呈した顆粒リンパ球増殖症患者より樹立したEBウイルス感染T細胞株の解析
浅田 秀夫
血液・腫瘍科
41:282-283
2000年(平成12年)
 
にきび, 酒$3003
板見  智
今日の治療指診2001
722
2000年(平成12年)
 
汗疹, 汗腺膿瘍
板見  智
今日の小児治療指診第12版
550
2000年(平成12年)
 
皮膚リンフォーマとEBウイルス
浅田 秀夫
日本医事新報
3964:13-14
2000年(平成12年)
 
臨床医学の展望 皮膚科学 三, 皮膚潰瘍治療の進歩
山口 裕史
日本医事新報
3964:11:00
2000年(平成12年)
 
自己免疫性水疱症の口腔粘膜病変に対するステロイド局所治療
田中 まり  東山 真里  櫻根 純子  板見  智  吉川 邦彦  黒川 信夫  郡  孝子  勝浦 正人  池田 賢二
日本皮膚科学会雑誌
110(9):1403-1410
2000年(平成12年)
 
原発性肢端紅痛症の母娘例
桜根 純子  福原 佐保  佐野 栄紀  田所 丈嗣  浅田 秀夫  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
42(2):162-166
2000年(平成12年)
 
Granular cell tumor の1例
櫻根 純子  荒木 祥子  他
皮膚
42(1):78-80
2000年(平成12年)
 
原発性肢端紅痛症の母娘例
櫻根 純子  福原 佐保  他
皮膚
42(2):162-166
2000年(平成12年)
 
顔面の再発性壊疽性丘疹を伴った大型顆粒リンパ球性白血病患者より樹立したEBウイルス潜伏感染T細胞株の解析
浅田 秀夫
皮膚のリンフォーマ
XIX, 3 - 6
2000年(平成12年)
 
結節性紅斑を伴った再発性多発性軟骨炎の1例
中島 武之  西村 雅恵  宮島  進  岡田奈津子
皮膚科の臨床
Feb-42
2000年(平成12年)
 
ジベルバラ色粃糠疹とヘルペスウイルス
浅田 秀夫
皮膚科診療プラクティス
10:120-121
2000年(平成12年)
 
大阪大学皮膚科における病理組織データベースシステム
西田健樹  土居敏明  吉川邦彦  野村政夫
本皮膚科学会臨時増刊号
110(12):2044-2047
2000年(平成12年)
 
Laugier-Hunziker-Baran症候群の2例
三浦 宏之  小豆澤宏明  板見  智  吉川 邦彦
臨床皮膚科
54(3):250-252
2000年(平成12年)
 
大腸菌による壊死性筋膜炎の1例
中島 武之  宮島  進  前田 知子  岡田奈津子
臨床皮膚科
54(13):1087-1090
2000年(平成12年)
 
白癬
浅田 秀夫
臨床薬物治療学
784-786
2000年(平成12年)
 
Related Articles, Links Abstract Hapten-specific tolerance induced by acute, low-dose ultraviolet B radiation of skin requires mast cell degranulation.
Alard P, Kurimoto I, Niizeki H, Doherty JM, Streilein JW.
Eur J Immunol. Jun;
31(6):1736-46.
2001(平成13年)
 
Polymorphisms in the tumor necrosis factor (TNF) genes are associated with susceptibility to effects of ultraviolet-B radiation on induction of contact hypersensitivity.
Niizeki H, Naruse T, Hecker KH, Taylor JR, Kurimoto I, Shimizu T, Yamasaki Y, Inoko H, Streilein JW.
Tissue Antigens. Dec;
58(6):369-78.
2001(平成13年)
 
Increased expression of a nucleolar nop5/sik family member in metastatic melanoma cells : evidence for its role in nucleolar sizing and function.
Nakamoto K, Ito A, Watabe K, Koma Y, Asada H, Yoshikawa K, Shinomura Y, Matsuzawa Y, Nojima H, Kitamura Y
Am J Pathol
159:1363-74
2001年(平成13年)
 
Epithelial-mesenchymal interactions in wounds: treatment of palmoplantar wounds by nonpalmoplantar pure epidermal sheet grafts.
Yamaguchi Y, Kubo T, Tarutani M, Sano S, Asada H, Kakibuchi M, Hosokawa K, Itami S, Yoshikawa K.
Arch Dermatol.
137(5):621-628
2001年(平成13年)
 
Cells derived from tuberous sclerosis show a prolonged S phase of the cell cycle and increased apoptosis
Mari Wataya-Kaneda, Yasufumi Kaneda, Okio Hino, Hiroyuki Adachi, Youko Hirayama Kuniaki Seyama, Teruhiko Satou, Kunihiko Yoshikawa
Arch Dermatol Res
293:460-469
2001年(平成13年)
 
Cutaneous inflammatory pseudotumour (plasma cell granuloma).
Nakajima T, Sano S, Itami S, Yoshikawa K.
Br J Dermatol.
144(6):1271-1273
2001年(平成13年)
 
Impaired responses of peripheral blood mononuclear cells to T-cell stimulants in alopecia areata patients with a poor response to topical immunotherapy.
Yoshino T, Asada H, Ando Y, Fujii H, Yamaguchi Y, Yoshikawa K, Itami S.
Br J Dermatol.
145(3):415-21
2001年(平成13年)
 
Multiple pilomatrixomata without myotonic dystrophy.
Kubo T, Haramoto U, Nakai K, Takagi S, Yano K, Hosokawa K, Yamaguchi Y, Asada H.
Br J Plast Surg
54(3):278-279
2001年(平成13年)
 
Human Calmodulin-like Protein is an Epithelial-Specific Protein Regulated during Keratinocyte Differentiation.
Michael S Rogers, Teruaki Kobayashi, Mark R Pittelkow, Emanuel E Strehler
Experimental Cell Research.
267(2):216-24
2001年(平成13年)
 
Stat3 in thymic epithelial cells is essential for postnatal maintenance of thymic architecture and thymocyte survival.
Sano S, Takahama Y, Sugawara T, Kosaka H, Itami S, Yoshikawa K, Miyazaki J, van Ewijk W, Takeda J.
Immunity.
15(2):261-273
2001年(平成13年)
 
Cutaneous wound healing: an update.
Yamaguchi Y, Yoshikawa K.
J Dermatol
28(10):521-534
2001年(平成13年)
 
A case of lichenoid purpura possibly caused by diltiazem hydrochloride.
Inui S, Itami S, Yoshikawa K.
J Dermatol.
28(2):100-102.
2001年(平成13年)
 
Churg-Strauss syndrome involving medium-sized arteries.
Inui S, Itami S, Iwai C, Yoshikawa K.
J Dermatol.
28(3):161-164
2001年(平成13年)
 
Potential anti-androgenic activity of roxithromycin in skin.
Inui S, Nakajima T, Fukuzato Y, Fujimoto N, Chang C, Yoshikawa K, Itami S.
J Dermatol Sci.
27(2):147-151
2001年(平成13年)
 
A new IFN-like cytokine, limitin, modulates the immune response without influencing thymocyte development.
Takahashi I, Kosaka H, Oritani K, Heath WR, Ishikawa J, Okajima Y, Ogawa M, Kawamoto S, Yamada M, Azukizawa H, Itami S, Yoshikawa K, Tomiyama Y, Matsuzawa Y.
J Immunol.
167(6):3156-3163
2001年(平成13年)
 
Clonal nature of seborrheic keratosis demonstrated by using the polymorphism of the human androgen receptor locus as a marker.
Nakamura H, Hirota S, Adachi S, Ozaki K, Asada H, Kitamura Y
J Invest Dermatol
116:506-510
2001年(平成13年)
 
Tissue regeneration: hair follicle as a model.
Sano S, Takeda J, Yoshikawa K, Itami S.
J Invest Dermatol Proceedings.
6:43-48
2001年(平成13年)
 
Structure, expression and chromosome mapping of MLZE, a novel gene which is preferentially expressed in metastatic melanoma cells.
Watabe K, Ito A, Asada H, Endo Y, Kobayashi T, Nakamoto K, Itami S, Takao S, Shinomura Y, Aikou T, Yoshikawa K, Matsuzawa Y, Kitamura Y, Nojima H.
Jpn J Cancer Res.
92(2):140-51
2001年(平成13年)
 
FlashPixを用いた画像データベースの皮膚科診療現場への応用
土居敏明  西田健樹
Monthly Book Derma.
47:41-46
2001年(平成13年)
 
遠隔支援システムを用いた皮膚科遠隔医療−NTTパーソナルTV会議システムを中心に−動画と静止画転送を組み合わせた遠隔地診断支援システム−
土居敏明  西田健樹
Monthly Book Derma.
52:38-42
2001年(平成13年)
 
UVB phototherapy for patients with uremic pruritus
Kenji Sato, Maiko Komatani, Mitsuru Kubo, Kunihiko Hashimoto, Masafumi Koga
Photomedicine and Photobiology
23: 75-76
2001年(平成13年)
 
ケラチノサイトの転写因子 ケラチン病
佐野 栄紀
医学のあゆみ
199:712
2001年(平成13年)
 
皮膚科用語辞典 (老人性脂腺増殖症〜ローション剤)
山口 裕史
医薬ジャーナル
254-256
2001年(平成13年)
 
毛包の発生と再生
板見  智
週刊医学のあゆみ
119 (13):1078-1082
2001年(平成13年)
 
EBウイルスと皮膚リンパ腫
浅田 秀夫
西日本皮膚科
63:363-367
2001年(平成13年)
 
結膜病変を生じた尋常性天疱瘡の1例
仲村 雅世  乾  重樹  山口 裕史  小澤健太郎  吉良 正浩  小林 照明  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
43:218-221
2001年(平成13年)
 
粘膜病変を合併した尋常性天疱瘡の1例
仲村 雅世  乾  重樹  山口 裕史  小澤健太郎  吉良 正浩  小林 照明  板見  智  吉川 邦彦
皮膚
43:218-221
2001年(平成13年)
 
炎症型転移性皮膚癌
櫻根 純子  松本 千穂  他
皮膚
43(2):91-92
2001年(平成13年)
 
酒$3003
板見  智
皮膚疾患最新の治療2001-2002
207
2001年(平成13年)
 
毛包とSTAT3
佐野 栄紀
臨皮
55:53:00
2001年(平成13年)
 
乾癬患者友の会の現状
東山 真里  小林  仁
21世紀の乾癬とその治療:手塚 正, 川田 暁 監修
158-165
2002年(平成14年)
 
Inefficient response of T lymphocytes to glycosylphosphatidylinositol anchor-negative cells:implications for paroxysmal nocturnal hemoglobinuria
Yoshiko Murakami, Hiroshi Kosaka, Jun-ichi Nishimura, Kazuhito Ohishi, Masaru Okabe, Junji Takeda and Taroh Kinoshita.  
Blood
100:4116-4122
2002年(平成14年)
 
Giant basal cell carcinoma affecting the lower abdominal, genital and bilateral inguinal regions.
Kikuchi M, Yano K, Kubo T, Hosokawa K, Yamaguchi Y, Itami S.
Br J Plast Surg.
55(5):445
2002年(平成14年)
 
Baseball pitcher's friction dermatitis
S Inui, S Yamamoto, R Ikegami, K Ozawa, S Itami and K Yoshikawa
Contact dermatitis
47(3):176-177
2002年(平成14年)
 
Successful treatment of multiple bursal cysts with systemic‐sclerosis.
Tanemura A, Yamaguchi Y, Kubo T, Yano K, Itami S.
Deramtol Surg
28:1177-1179
2002年(平成14年)
 
A New Tie-over Method Improves Cosmetic Results
Yoshitatsu S, Takagi T
Dermatol Surg
28: 542-545
2002年(平成14年)
 
Gastrin-releasing peptide, a bombesin-like neuropeptide, promotes cutaneous wound healing.
Yamaguchi Y, Hosokawa K, Nakatani Y, Sano S, Yoshikawa K, Itami S.
Dermatol Surg.
28(4):314-319
2002年(平成14年)
 
SCIDマウスを用いた表皮ー真皮相互作用のモデル実験と臨床応用
山口 裕史  板見  智  吉川 邦彦
Dermatology Update
5(2):5
2002年(平成14年)
 
皮膚疾患のモデル動物
乾  重樹  小林 照明  浅田 秀夫  板見  智  吉川 邦彦
Dermatology Update
5(2):1-3
2002年(平成14年)
 
Patch test results in 492 patients suspected cosmetic contact dermatitis(1996-2000)
Taniguchi T, Higashi N, Kume A, Miyamoto T, Suma M, Ogihara S
Environ Dermatol
9:53-62
2002年(平成14年)
 
Androgen-inducible TGF-b1 from balding dermal papilla cells inhibits epithelial cell growth: A clue to understand paradoxical effects of androgen on human hair growth.
Inui S, Fukuzato Y, Nakajima T, Yoshikawa K, Itami S
FASEB J
16:1967-1969
2002年(平成14年)
 
Targeted disruption of LIG-1 gene results in psoriasiform epidermal hyperplasia.
Suzuki Y, Miura H, Tanemura A, Kobayashi K, Kondoh G, Sano S, Ozawa K, Inui S, Nakata A, Takagi T, Tohyama M, Yoshikawa K, Itami S.
FEBS Lett.
521(1-3):67-71
2002年(平成14年)
 
Targeted disruption of LIG-1 gene results in psoriasiform epidermal hyperplasia
Suzuki Y, Miura H, Tanemura A, Kobayashi K, Kondoh G, Sano S, Ozawa K, Inui S, Nakata A, Takagi T, Tohyama M, Yoshikawa K, Itami S
FEBS Letters
521:67-71
2002年(平成14年)
 
Angiosarcoma of the scalp treated with OK-432 and rIL-2.
Miura H, Inui S, Sakai H, Hasebe N, Itami S, Yoshikawa K
Int J Dermatol.
41(5):286-288
2002年(平成14年)
 
Aneurysmal fibrous histiocytoma showing transition from factor XIIIa-positive to -negative
Inui S, Itami S, and Yoshikawa K
J Dermatol
29:744-747
2002年(平成14年)
 
Differential and bi-directional regulation between TR2/TR4 orphan nuclear receptors and a specific ligand mediated-peroxisome proliferator-activated receptor a (PPARa) in human HaCaT keratinocytes
Inui S, Lee YF, Chang E, Shyr CR, Chang C
J Dermatol Sci in press
 
2002年(平成14年)
 
A new IFN-like cytokine, limitin, modulates the immune response without influencing thymocyte development.
Takahashi I, Kosaka H, Oritani K, Heath WR, Ishikawa J, Okajima Y, Ogawa M, Kawamoto S, Yamada M, Azukizawa H, Itami S, Yoshikawa K, Tomiyama Y, Matsuzawa Y.
J Immunol
167(6):3156-3163
2002年(平成14年)
 
ステロイド依存が医療不信に, 成人型アトピーの増加が問題
佐藤 健二
Japan Medicine (新聞), 検証診療ガイドライン第8回 「アトピー性皮膚炎」
7
2002年(平成14年)
 
Androgens and androgen receptor in dermatology. In Chang C ed. Androgen and androgen receptor - Mechanisms, functions, and clinical applications.
Itami S, Inui S, Uno H, Pan Huei-Ju, Chang E, Takayasu S, Ye F, Imamura K, Seki T, Ideta R, Aoki H, Adachi K, Price V, Kurata S, Collins L, Heinlein CA, Chang C:
Kluwer Academic Publishers, Norwell, Massachusetts, USA,
411-476
2002年(平成14年)
 
糖尿病性壊疽・潰瘍
宮島  進
MB Derma
59: 17-23
2002年(平成14年)
 
皮膚科と心理テスト
羽白  誠
MB Derma
58:41-44
2002年(平成14年)
 
Expression of Heparin-binding EGF-like Growth Factor and CD9 in Normal and Psoriatic skin
Mari Higashiyama, Koji Hashimoto, Shigeki Higashiyama, Shigeki Inui, Naoyuki Taniguchi and Kunihiko Yoshikawa.
Medical Journal of Osaka University in pess
 
2002年(平成14年)
 
CDK4 coexpression with Ras generates malignant human epidermal tumorigenesis.
Lazarov M, Kubo Y, Cai T, Dajee M, Tarutani M, Lin Q, Fang M, Tao S, Green CL, Khavari PA.
Nat Med.
8(10):1105-14
2002年(平成14年)
 
SCIDマウスを用いた表皮-真皮相互作用のモデル実験と臨床応用
山口 裕史  板見  智  吉川 邦彦
Nippon Boehringer Ingelheim Medical Information
 
2002年(平成14年)
 
Epidermal Ras blockade demonstrates spatially localized Ras promotion of proliferation and inhibition of differentiation.
Dajee M, Tarutani M, Deng H, Cai T, Khavari PA.
Oncogene 
21(10):1527-38
2002年(平成14年)
 
A case of dermatomyositis associated with pneumomediastinum.
Terao M, Yokomi A, Ozawa K, Inui S, Itami S, Yoshikawa K.
Proceedings: The 12th Japan-Korea Joint Meeting of Dermatology
310-313
2002年(平成14年)
 
Cloning of a novel androgen receptor coactivator, ARA55/Hic-5, and analysis of its possible function in dermal papilla cells.
Inui S, Fujimoto N, Fukuzato Y, Nakajima T, Yoshikawa K, Itami S.
Proceedings: The 12th Japan-Korea Joint Meeting of Dermatology
253-256
2002年(平成14年)
 
接触皮膚炎―小児に見られる接触皮膚炎について―
小阪  博  吉川 邦彦
QUESTIONS & ANSWERS 第34号 小児科診療 Q&A
1258-1259
2002年(平成14年)
 
Stat3 Deficiency in Keratinocytes Leads to Compromised Cell Migration through Hyperphosphorylation of p130Cas
Masahiro Kira, Shigetoshi Sano, Satoshi Takagi, Kunihiko Yoshikawa, Junji Takeda, and Satoshi Itami
The Journal of Biological Chemistry
277:12931-12936
2002年(平成14年)
 
A Synovial Sarcoma beneath the Pectoralis Major Muscle
Toshie Yano, Chizuko Inoue, Kenji Yano
The Journal of Dermatology
29:599-602
2002年(平成14年)
 
The biochemistry of melanogenesis and its regultion by ultraviolet radiation
Taketsugu Tadokoro, Nobuhiko Kobayashi, Janusa Z.Beer, Barbra Z.Amudzka, Kazumasa Wakamatsu, Sharon A.Miller, M.Lynn Lamoreux, Shousuke Ito, Vincent J.Hearing
UV-Induced Melanogenesis (Ortonne, J. P., ed) , Martin Dunitz Publishing, London pp.
67-78, 2002
2002年(平成14年)
 
水疱性皮膚疾患
谷垣 武彦
まいんど
14:18-19
2002年(平成14年)
 
水疱性皮膚疾患
谷垣 武彦
まいんど
14:18-19
2002年(平成14年)
 
乾癬性関節炎 −2001−
谷垣 武彦
リウマチ病セミナー・七川歓次監修, 永井書店
1-8
2002年(平成14年)
 
乾癬性関節炎−2001−
谷垣 武彦
リウマチ病セミナーXIII, 七川歡次監修, 永井書店
1-8
2002年(平成14年)
 
皮膚症状から見た内科疾患 新装版
石橋 康正  吉川 邦彦  玉置 国彦 編
医薬ジャーナル
1-147
2002年(平成14年)
 
植物による光毒性接触皮膚炎
谷   守
医薬ジャーナル
38:5-11
2002年(平成14年)
 
染毛剤による接触皮膚炎
東  禹彦
医薬ジャーナル
38:675-684
2002年(平成14年)
 
連載 化学物質による皮膚障害 (28) 各論 21.眼けんの接触皮膚炎
駒村 公美
医薬ジャーナル
38
2002年(平成14年)
 
腎癌を伴った結節性硬化症(TSC2)の一例
金田 真理  吉岡 俊昭  小野 次朗  樋野 興夫  吉川 邦彦
家族性腫瘍
2(2):45-50
2002年(平成14年)
 
眼窩底骨折, 頬骨骨折に対する結膜瞼板切開;Lateral paracanthal incision法の使用経験
松田  健  垣淵 正男  河合建一郎  倉知貴志郎  田崎 典子  土居 敏明
形成外科
45:945-950
2002年(平成14年)
 
ヒト結節性硬化症TSC1, TSC2,の細胞周期調節のメカニズム
吉川 邦彦  金田 真理  樋野 興夫  足立 浩幸
厚生科学研究費補助金特定疾患対策研究事業・神経皮膚症候群の新しい治療法の開発と治療指針作成に関する研究・平成13年度研究報告
63-70
2002年(平成14年)
 
アトピー性皮膚炎の心身症としての診断・治療ガイドラインの作成
安藤 哲也  羽白  誠  野田 啓史  寺尾  浩ほか
「厚生労働省精神神経疾患委託研究費 心身症としての診断・治療 ガイドライン作成とその実証的研究総括研究報告書(平成11年度〜平成13年度)」
48-53
2002年(平成14年)
 
アトピー性皮膚炎
羽白  誠
「抗不安薬と睡眠薬の使い方」, 上島国利・久保木富房 監修 アルタ出版, 東京
206-209
2002年(平成14年)
 
毛髪・爪の異常一多毛症, 棘状毛貯留症, 毛髪の色の異常, 毛髪奇形
板見  智
今日の皮膚疾患治療指診第3版
656-659
2002年(平成14年)
 
皮膚・軟部組織細菌感染症
佐藤 健二
小児科学, 第2版, 白木和夫, 前川喜平監修, 伊藤克巳, 大関武彦, 岡田伸太郎, 近藤直実, 辻本 徹, 田澤雄作, 田村正徳  埜中征哉, 原田研介, 福島義光編集, 医学書院, 東京
628-632
2002年(平成14年)
 
アトピー性皮膚炎にともなう不安・抑うつ
羽白  誠
「症例に学ぶ身体疾患と不安・抑うつ」, 久保木富房 編, ヴァンメディカル, 東京
105-110
2002年(平成14年)
 
アトピー性皮膚炎
安藤 哲也  野田 啓史  羽白  誠  寺尾  浩
「心身症診断・治療ガイドライン2002」 西間三馨 監修, 協和企画, 東京
125-150
2002年(平成14年)
 
人工皮膚ー最近の進歩ー
田所 丈嗣  細川  亙
人工臓器
31:103-106
2002年(平成14年)
 
毛の分子生物学と関連疾患, 日本皮膚科学会研修委員会編
板見  智
前実績研修講習会テキスト, 日本皮膚科学会
1-15
2002年(平成14年)
 
長年の進行性全身性硬化症 (PSS) の経過中, 消化器症状, 心不全, 腎不全を経て死亡した一例
山本 隆之  内藤 雅文  阿部 泰士  小林  安  岡田奈津子  鈴木 友和
大阪医学
35(3): 21-30
2002年(平成14年)
 
長年のPSSの経過中に, 消化器症状, 心不全, 腎不全を経て死亡した1例 −第5回大阪府医師会勤務医部会CPC報告−
山本 隆之  内藤 雅文  阿部 泰士  小林  晏  岡田奈津子  鈴木 友和
大阪医学
35(3)
2002年(平成14年)
 
皮膚のアレルギー疾患と心身医学−診断とその対応−
羽白  誠
大阪府保険医雑誌
431:59-65
2002年(平成14年)
 
褥瘡の予防について
中村 敏明  荻堂 優子  東山 真里
日生医誌
30:5-10
2002年(平成14年)
 
重症度に大きな違いが見られたHypersnsitivity syndromeの2例
須磨 升美  櫻根 純子  谷口 龍生 久米 昭廣  東  禹彦  藤川 純子  藤山 幹子  橋本 公二
日皮アレルギー
10:51-55
2002年(平成14年)
 
クリニカルパス導入による看護師の意識の経時的変化
原野かおり  泉 かよみ  大石 洋子  佐々木道江  南  宏典
日本クリニカルパス学会誌
4:19-23
2002年(平成14年)
 
生涯教育講座:毛包の細胞生物学と疾患
板見  智
日本皮膚科学会雑誌
112(3):225-231
2002年(平成14年)
 
強皮症に併発した続発性アミロイドーシスの一剖検例
山本 隆之  西村 雅恵  宮島  進  岡田奈津子  内藤 雅文  阿部 泰士  小林  安
日本皮膚科学会雑誌
112(4): 385-391
2002年(平成14年)
 
強皮症に併発した続発性アミロイドーシスの1剖検例
山本 隆之  西村 雅恵  宮島  進  岡田奈津子  内藤 雅文  阿部 泰士  小林  晏
日本皮膚科学会雑誌
112:4,385-391
2002年(平成14年)
 
再発性下腿潰瘍をきたした48XXYY Kleinfelter症候群の一例
野田 泰照  岡  大三  鄭  則秀  高田 晋吾  小出 卓生  宮島  進  岡田奈津子
泌尿紀要
48:17-19
2002年(平成14年)
 
無尿を契機に発見された外陰部Paget病の1例
植村 元秀  向井 雅俊  福原慎一郎  菅野 展史  西村 健作  三好  進 (大阪労災泌尿器科)  谷垣 武彦 (大阪労災皮膚科)  吉田恭太郎  川野  潔 (大阪労災病理)  
泌尿紀要
48:311-314
2002年(平成14年)
 
無尿を契機に発見された外陰部Paget病の1例
植村 元秀  向井 雅俊  福原慎一郎  菅野 展史  西村 健作  三好  進 (泌尿器科)  谷垣 武彦 (皮膚科)  吉田恭太郎  川野  潔 (病理科)
泌尿紀要
48:311-314
2002年(平成14年)
 
「皮膚の科学」 発刊に際して
吉川 邦彦
皮膚の科学
1(1):1
2002年(平成14年)
 
Microcystic adnexal carcinoma の1例
吉良 正浩  田中 まり  山村 弟一
皮膚の科学
1:29-32
2002年(平成14年)
 
アンドロゲンレセプター・コアクティベーターHic-5/ARA55を介した$3002瘡のサイクリックな病態モデルム―ロキシスロマイシンの新しい作用の可能性―
乾  重樹  板見  智  中島 武之  福里 陽子  吉川 邦彦
皮膚の科学
増-1:19-22
2002年(平成14年)
 
乾癬様症状を呈した第2期梅毒
西野  洋  伊藤 由佳  宮島  進  岡田奈津子
皮膚の科学
1(4):259-260
2002年(平成14年)
 
腱鞘巨細胞腫
足立  準  庄田裕紀子  羽白  誠
皮膚の科学
1:89-90
2002年(平成14年)
 
腱鞘巨細胞腫
足立  準  庄田裕紀子  羽白  誠
皮膚の科学
1:89-90
2002年(平成14年)
 
出生直後から観察したincontinentia pigmentiの1例
大黒奈津子  樋口 昌則  宮川 幸子
皮膚の科学
3:190-193
2002年(平成14年)
 
アトピー性皮膚炎患者のストレスと掻破行動
羽白  誠
皮膚の科学
1,Suppl.2:19-22
2002年(平成14年)
 
上口唇に生じた巨大皮膚混合腫瘍
矢野登志恵  大前あゆみ  井上千津子  矢野 健二
皮膚の科学
1:87-88
2002年(平成14年)
 
経口避妊薬により生じたと思われる脱毛症の1例
後藤奈保子 (堺市)  調  裕次 (NTT西日本大阪病院)
皮膚の科学
1(6)400-403
2002年(平成14年)
 
Basal cell carcinoma と trichoblastoma を合併したorganoid nevusの1例
稲宮 知美  岩井 千華  松本 千穂  大和谷淑子  政田 佳子  伊藤 裕啓
皮膚の科学
1(3)
2002年(平成14年)
 
真皮網状層の付属器周囲のリンパ球浸潤を認めた線状苔癬の1例−線状扁平苔癬との鑑別を中心として−
田崎 典子  大畑 千佳  小塚 雄民
皮膚の科学
1(2):97-100
2002年(平成14年)
 
畳による接触性皮膚炎の一例
池上 隆太  園田 早苗
皮膚の科学
1(5):315-317
2002年(平成14年)
 
血管病変2;アナフィラクトイド紫斑
土居 敏明
皮膚科エキスパートナーシング (瀧川雅浩編), 南江堂, 東京
175-176
2002年(平成14年)
 
血管病変1;紫斑
土居 敏明
皮膚科エキスパートナーシング (瀧川雅浩編), 南江堂, 東京1
72-174
2002年(平成14年)
 
黒色菌糸症の1例
後藤 章夫  木村 雅友
皮膚科の臨床
44:811-813
2002年(平成14年)
 
下肢に生じたStewart-Treves症候群の1剖検例
松岡  縁  中井 菜美  多田 正憲  浅井 光子  小牟田 清 (呼吸器科) 西村理恵子  辻本 正彦 (臨床病理科)
皮膚科の臨床
44:679-682
2002年(平成14年)
 
インターネットを利用した皮膚疾患患者会の運営
東山真里  西田健樹  吉川邦彦
皮膚科診療プラクティス
14:229-230
2002年(平成14年)
 
糖尿病性潰瘍
土居 敏明
皮膚疾患診療実践ガイド (宮地良樹編), 第1版, 文光堂, 東京
336-337
2002年(平成14年)
 
皮膚紅痛症, 肢端紫藍症
土居 敏明
皮膚疾患診療実践ガイド (宮地良樹編) 第1版, 文光堂, 東京
334-335
2002年(平成14年)
 
Mondor病
土居 敏明
皮膚疾患診療実践ガイド (宮地良樹編) 第1版, 文光堂, 東京
338
2002年(平成14年)
 
外耳道白癬
東  禹彦
皮膚病診療
24:139-140
2002年(平成14年)
 
Spitz母斑
中井 菜美  松岡  縁  多田 正憲
皮膚病診療
24:43-46
2002年(平成14年)
 
下腹部に生じた蜂窩織炎
大前あゆみ  矢野登志恵  井上千津子
皮膚病診療
24:369-372
2002年(平成14年)
 
高脂血症治療薬 (スタチン) と帯状疱疹
寺尾 美香 (NTT西日本大阪病院)
皮膚病診療
Vol.25, No.1 (2003) 115-116
2002年(平成14年)
 
下腹部に生じた蜂窩織炎
大前あゆみ  矢野登志恵 井上千津子
皮膚病診療
24(4)
2002年(平成14年)
 
プロピルチオウラシルによるANCA関連血管炎
山本 志織  板見  智  吉川 邦彦
皮膚病診療
25(2)
2002年(平成14年)
 
日焼けとビタミン
吉川 邦彦
武田薬報
2:13-16
2002年(平成14年)
 
シェーグレン症候群合併線維筋痛症患者における薬物過敏と皮膚
調  裕次  山本 隆之  森田 博子  高木 圭一 (NTT西日本大阪病院)
平成13年度特定疾患調査研究結果報告書
 
2002年(平成14年)
 
$3002瘡と男性ホルモン:ロキシスロマイシンの抗男性ホルモンとしての可能性
板見  智
薬理と臨床l
12(3):159-168
2002年(平成14年)
 
乾癬患者友の会の現状
東山 真里  吉川 邦彦
臨床皮膚科
56(5):151-153
2002年(平成14年)
 
体幹に大型の環状紅斑を呈したサルコイドーシスの1例
岩井 千華  乾  重樹  中島 武之  小阪  博  板見  智  吉川 邦彦
臨床皮膚科
56:438-440
2002年(平成14年)
 
再発性多発性軟骨炎, 骨髄異形成症候群に合併したSweet病の一例
山本 隆之  宮島  進  伊藤 由佳  岡田奈津子
臨床皮膚科
56: 929-932
2002年(平成14年)
 
歯科治療後に生じた感染症心内膜炎の1例
足立  準  庄田裕紀子  羽白  誠
臨床皮膚科
56:41-43
2002年(平成14年)
 
ステロイド外用剤が著効したblastomycosis-like pyodermaの1例
足立  準  毛利 有希  庄田裕紀子  羽白  誠
臨床皮膚科
56:144-147
2002年(平成14年)
 
広範囲に皮下硬結を呈した皮下型サルコイドーシスの1例
中井 菜美  松岡  縁  多田 正憲
臨床皮膚科
56:1076-1078
2002年(平成14年)
 
血小板増加を伴う関節症性乾癬のメソトレキセートによる1治療例
矢野登志恵
臨床皮膚科
56:179-182
2002年(平成14年)
 
再発性多発性軟骨炎, 骨髄胃形成症候群に合併したSweet病の1例
山本 隆之  宮島  進  伊藤 由佳  岡田奈津子
臨床皮膚科
56:11,929-932
2002年(平成14年)
 
ストレスと皮膚病
羽白  誠
臨牀看護
28:389-393
2002年(平成14年)
 
Reconstituted 3-dimensional human skin as an in vitro model for studies of pigmentation.Evaluation of provocation test monitering palmoplantar temperature with the use of thermography for diagnosis of focal tonsillar infection in palmoplantar pustulosis.
Yoon TJ, Lei TC, Yamaguchi Y, Batzer J, Wolber R, Hearing VJ.
Anal Biochem
318(2):260-269.
2003
 
CD4+ T lymphocyte-induced Epstein-Barr virus reactivation in a patient with severe hypersensitivity to mosquito bites and Epstein-Barr virus infected NK cell lymphocytosis.
Asada H, Miyagawa S, Sumikawa Y, Yamaguchi Y, Itami S, Suguri S, Harada M, Tokura Y, Ishihara S, Ohshima S, Yoshikawa K.
Arch Dermatol
139(12): 1601-1607.
2003
 
CD4+ T lymphocyte-induced Epstein-Barr virus reactivation in a patient with severe hypersensitivity to mosquito bites and Epstein-Barr virus infected NK cell lymphocytosis.
Asada H, Miyagawa S, Sumikawa Y, Yamaguchi Y, Itami S, Suguri S, Harada M, Tokura Y, Ishihara S, Ohshima S, Yoshikawa K.
Arch Dermatol
 
2003
 
The regulation of melanin formation.
Watabe H, Valencia JC, Yamaguchi Y, Hearing VJ.
Clin J Dermatol
32(12):S2-S8.
2003
 
Contact dermatitis due to alkyldiaminoethylglycine hydrochloride.
S Inui, H Ito, J Sakurane, S Itami, and K. Yoshikawa
Contact Dermatitis
in press.
2003
 
Contact dermatitis due to alkyldiaminoethylglycine hydrochloride.
S Inui, H Ito, J Sakurane, S Itami, and K. Yoshikawa
Contact Dermatitis
in press
2003
 
Contact dermatitis due to alkyldiaminoethylglycine hydrochloride.
S Inui, H Ito, J Sakurane, S Itami, and K. Yoshikawa
Contact Dermatitis
in press
2003
 
Induction of T-cell-mediated skin disease specific for antigen transgenically expressed in keratinocytes.
Azukizawa H, Kosaka H, Sano S, Heath WR, Takahashi I, Gao XH, Sumikawa Y, Okabe M, Yoshikawa K, Itami S.
European Journal of Immunology
33(7):1879-88,
2003
 
Vesiculo-bullous dermatomyositis with panniculitis without muscle disease.
Nakamori A, Yamaguchi Y, Kurimoto I, Kira M, Kosaka H, Itami S, Yoshikawa K.
J Am Acad Dermatol
 
2003
 
Melkersson-Rosenthal Syndrome Caused by Saprodontia: A Case Report
Taketsugu Tadokoro, Kentaro Ozawa, Yumi Muso, Haruyasu Ito, Satoshi Itami, Kunihiko Yoshikawa
J Dermatol
30:679-682
2003
 
Differential and bi-directional regulation between TR2/TR4 orphan nuclear receptors and a specific ligand mediated-peroxisome proliferator-activated receptor a (PPARa) in human HaCaT keratinocytes
Inui S, Lee YF, Chang E, Shyr CR, Chang C
J Dermatol Sci
31:65-71.
2003
 
Differential and bi-directional regulation between TR2/TR4 orphan nuclear receptors and a specific ligand mediated-peroxisome proliferator-activated receptor a (PPARa) in human HaCaT keratinocytes.
Inui S, Lee YF, Chang E, Shyr CR, Chang C.
J Dermatol Sci
31:65-71
2003
 
Monitoring Palmoplantar Temperature with the Use of Thermography for Diagnosis of Focal Tonsillar Infection in Palmoplantar Pustulosis.
Asada H, Miyagawa S, Tamura M, Azukizawa H, Tanemura A, Yamaguchi Y, Sumikawa Y, Itami S, Kubo T, Yoshikawa K.
J Dermatol Sci
(in press)
2003
 
Evaluation of provocation test monitering palmoplantar temperature with the use of thermography for diagnosis of focal tonsillar infection in palmoplantar pustulosis.
Asada H, Miyagawa S, Tamura M, Azukizawa H, Tanemura A, Yamaguchi Y, Sumikawa Y, Itami S, Kubo T, Yoshikawa K.
J Dermatol Sci
 
2003
 
Neutralization of hepatocyte growth factor leads to retarded cutaneous wound healing associated with decreased neovascularization and granulation tissue formation.
Yoshida S, Yamaguchi Y, Itami S, Yoshikawa K, Tabata Y, Matsumoto K, Nakamura T.
J Invest Dermatol
120(2):335-343.
2003
 
Evaluation of provocation test monitering palmoplantar temperature with the use of thermography for diagnosis of focal tonsillar infection in palmoplantar pustulosis.
Asada H, Miyagawa S, Tamura M, Azukizawa H, Tanemura A, Yamaguchi Y, Sumikawa Y, Itami S, Kubo T, Yoshikawa K.
Journal of Dermatological Science
32(2):105-113.
2003
 
Evaluation of provocation test monitoring palmoplantar temperature with the use of thermography for diagnosis of focal tonsillar infection in palmoplantar pustulosis
Asada H, Miyagawa S, Tamura M, Azukizawa H, Tanemura A, Yamaguchi Y, Sumikawa Y, Itami S, Kubo T, Yoshikawa K.
Journal of Dermatological Science
32(2):105-13,
2003
 
Evaluation of provocation test monitoring palmoplantar temperature with the use of thermography for diagnosis of focal tonsillar infection in palmoplantar pustulosis
Asada H, Miyagawa S, Tamura M, Azukizawa H, Tanemura A, Yamaguchi Y, Sumikawa Y, Itami S, Kubo T, Yoshikawa K.
Journal of Dermatological Science
32(2):105-13,
2003
 
The role of tuberous sclerosis gene products, tumerin and hamartin, in cell cycle regulation and cell proriferation
Mari Wataya-Kaneda,Kunihiko Yoshikawa and Satoshi Itami
Resent Res.Devel.Biophys.Biochem. (Research Signpost)
703-710
2003
 
Lipomatous Apocrine Mixed Tumor of the Skin
Chika Ohata, Masato Hanada
The American Journal of Dermatopathology
25: 138-141
2003
 
外用化膿性疾患用薬
小澤健太郎、吉川邦彦
外科治療
88:3.374-377
2003
 
脱毛症一特に円形脱毛症
板見 智
今日の治療指診2003
816-817
2003
 
酒さ様皮膚炎
板見 智
新村真人、瀧川雅浩編皮膚疾患最新の治療2002-2003 
南江堂
2003
 
Ras蛋白質の表皮における増殖促進、分化抑制効果はRafのシグナル伝達経路を介している
樽谷勝仁、板見智、吉川邦彦、PA Khavari
第18回角化症研究会記録集
35-38
2003
 
脱毛症の最新情報
板見 智
日本医師会雑誌
(印刷中)
2003
 
脱毛症の最新情報
板見 智
日本医師会雑誌
129: 1431-1434
2003
 
がん抑制遺伝子PTENと皮膚疾患
32. 井上多恵、真鍋求- 板見智、佐々木雄彦、仲野徹、鈴木聡
日本皮膚科学会雑誌
113: 1641-1650
2003
 
男性型脱毛の病態と治療
31. 乾 重樹、板見 智
日本美容皮膚科学会雑誌
13: 77-88
2003
 
酒さ様皮膚炎
板見 智
皮膚疾患最新の治療2003-2004
206
2003
 
Modulation of T-cell functions by laser-surgery in patients with allergic rhinitis.
Mori K, Tamura M, Kawamoto M, Shikina T, Asada H, Itami S, Kurane I Kubo T.
Acta Otolaryngol
123(6): 704-708
2003.
 
CD4+ T lymphocyte-induced Epstein-Barr virus reactivation in a patient with severe hypersensitivity to mosquito bites and Epstein-Barr virus infected NK cell lymphocytosis.
Asada H, Miyagawa S, Sumikawa Y, Yamaguchi Y, Itami S, Suguri S, Harada M, Tokura Y, Ohshima S, Yoshikawa K.
Arch Dermatol
139: 1601-1607
2003.
 
Keratinocyte-specific Pten deficiency in mice results in epidermal hyperplasia, accelerated hair follicle morphogenesis and tumor formation.
Suzuki A, Itami S, Ohishi M, Hamada K, Inoue T, Komazawa N, Senoo H, Sasaki T, Takeda J, Manabe M, Mak TW, Nakano T.
Cancer Res
63(3):674-681,
2003.
 
Keratinocyte-specific Pten deficiency in mice results in epidermal hyperplasia, accelerated hair follicle morphogenesis and tumor formation.
Suzuki A, Itami S, Ohishi M, Hamada K, Inoue T, Komazawa N, Senoo H, Sasaki T, Takeda J, Manabe M, Mak TW, Nakano T.
Cancer Res
63(3):674-681
2003.
 
Contact dermatitis due to alkyldiaminoethylglycine hydrochloride.
Ito H, Inui S, Sakurane J, Itami S, Yoshikawa K.
Contact Dermatitis
48(4): 233-234
2003.
 
Nevus lipomatosus cutaneous superficialis of the clitoris.
Hattori R, Kubo T, Yano K, Tanemura A, Yamaguchi Y, Itami S, Hosokawa K.
Dermatol Surg
29(10): 1071-1072
2003.
 
男性型脱毛の発症メカニズム
乾 重樹、板見 智
FRAGRANCE JOURNAL
31: 9-14
2003.
 
Treatment of facial lesion of cutaneous plasmacytosis with tacrolimus ointment.
14. Miura H, Itami S, Yoshikawa K.
J Am Acad Dermatol
49(6): 1195-6119
2003.
 
Mice with defects in HB-EGF ectodomain shedding show severe developmental abnormalities
Yamazaki S, Iwamoto R, Seki K, Asakura M, Takashima S, Yamazaki A, Kimura R, Mizushima H, Moribe H, Higashiyama S, Endoh M, Kaneda Y, Takagi S, Itami S, Takeda N, Yamada G, Mekada E.
J Cell Biol
163: 469-475
2003.
 
Alteration of the 4-sphingenine scaffolds of ceramides in keratinocyte-specific Arnt-deficient mice affects skin barrier function
Takagi S, Tojo H, Tomita S, Sano S, Itami S, Hara M, Inoue S, Horie K, Kondoh G, Hosokawa K, Gonzalez FJ, Takeda J.
J Clin Invest
112(9): 1372-1382
2003.
 
Evaluation of Provocation test monitoring palmoplantar temperature with the use of thermography for diagnosis of focal tonsillar infection in palmoplantar pustulosis.
Asada H, Miyagawa S, Tamura M, Azukizawa H, Tanemura A, Yamaguchi Y, Sumikawa Y, Itami S, Kubo T, Yoshikawa K.
J Dermatol Sci
32(2): 105-113
2003.
 
Neutralization of hepatocyte growth factor leads to retarded cutaneous wound healing associated with decreased neovascularization and granulation tissue formation.
Yoshida S, Yamaguchi Y, Itami S, Yoshikawa K, Tabata Y, Matsumoto K, Nakamura T.
J Invest Dermatol.
120(2): 335-343,
2003.
 
Identification of androgen-inducible TGF-b_ derived from dermal papilla cells as a key mediator in androgenetic alopecia.
Inui S, Fukuzato Y, Nakajima T, Yoshikawa K, Itami S
J Invest Dermatol Symp Proc
8(1): 69-71,
2003.
 
Successful treatment of primary erythromelalgia with cyclosporin A: a case with complete remission
Sano S, Itami S, Yoshikawa K.
New Engl. J. Med.
349(8): 816-817
2003.
 
Chapter 46: Skin grafting: surgical technique. In: Falabella A, Kirsner RS, eds. Wound healing: science and practice. 1st ed.
Yamaguchi Y, Itami S, Yoshikawa K.
New York, NY Marcel Decker
 
2003
 
第22章 皮膚科疾患
25. 板見 智、乾 重樹
ハイリスク産科学シリーズ2、改訂 合併症妊娠村田雄二編
メディカ出版 441-454
2003.
 
結節性硬化症(TSC1)の1例
金田真理、今井克美、平山祐子、樋野興夫、板見 智、吉川邦彦
家族制腫瘍
3:48-51
2003.
 
毛髪の疾患一総論
板見 智
最新皮膚科学大系第17巻 玉置邦彦、飯塚一、清水宏、富田靖、宮地良樹、橋本公二、古江増隆編
中山書店、2-14
2003.
 
毛髪の疾患一男性型脱毛症
24. 乾 重樹、板見 智
最新皮膚科学大系第17巻玉置邦彦、飯塚一、清水宏、富田靖、宮地良樹、橋本公二、古江増隆編
中山書店、15-20
2003.
 
脱毛症一特に円形脱毛症
22. 板見 智
山口徹、北原光夫編今日の治療指診2003
医学書院 816
2003.
 
皮膚の解剖と整理・付属器
板見 智、乾 重樹
石川治、宮地良樹編 図解皮膚科学テキスト
中外医学社 10-13
2003.
 
尋常性ざ瘡
板見 智
大関武彦、古川漸、横田俊一郎編今日の小児治療指診第13版
医学書院、572-573
2003.
 
脱毛症ム毛成長の調節メカニズムとその異常
30. 板見 智
大阪皮膚科医会会報
5:2-50
2003.
 
毛周期の制御分子
板見 智
日本皮膚科学会雑誌
113: 1923-1926
2003.
 
特異な臨床像を呈し、著名な好酸球浸潤を認めた汎発性皮膚カンジダ症の1例
今中愛子、乾 重樹、伊藤晴康、樽谷勝仁、吉良正浩、佐野栄紀、板見 智、吉川邦彦
皮膚科の臨床
45:1005-1006
2003.
 
プロピオチオウラシルによるANCA関連血管炎
山本志織、板見 智、吉川邦彦
皮膚病診療 
25:197-200
2003.
 
抗加齢療法のめざすもー男性型脱毛症
板見 智
臨床と研究
80:1813-1817
2003.
 
The role of tuberous sclerosis gene products, tuberin and hamartin, in cell cycle regulation and cell proliferation.
Wataya-Kaneda M, Yoshikawa K, Itami S
In Recent Research Developments in Biophysics and Biochemistry. Recent Res. Devel. Biophys. Biochem.
3: 703-710
2003.
 
Vesiculobullous dermatomyositis with panniculitis without muscle disease.
Nakamori A, Yamaguchi Y, Kurimoto I, Kira M, Kosaka H, Itami S, Yoshikawa K.
J Am Acad Dermatol. Dec;
49(6):1136-9.
2003(平成15年)
 
Contact dermatitis due to alkyldiaminoethylglycine hydrochloride.
S Inui, H Ito, J Sakurane, S Itami, and K. Yoshikawa
Contact Dermatitis in press
 
2003年(平成15年)
 
Differential and bi-directional regulation between TR2/TR4 orphan nuclear receptors and a specific ligand mediated-peroxisome proliferator-activated receptor a (PPARa) in human HaCaT keratinocytes.
Inui S, Lee YF, Chang E, Shyr CR, Chang C.
J Dermatol Sci
31:65-71
2003年(平成15年)
 
Rapid compensation for glycosylphosphatidylinositol anchor deficient・keratinocytes after birth: visualization of・glycosylphosphatidylinositol-anchored proteins in situ.
Gao XH, Kondoh G, Tarutani M, Hara M, Inoue S, Nakanishi T, Okabe M, Yamaguchi Y, Yoshikawa K, Itami S, Takeda J.
J Invest Dermatol
118(6):998-1002
2003年(平成15年)
 
UV-induced DNA damage and melanin content in human skin differing in racial/ethnic origin.
Taketsugu Tadokoro, Nobuhiko Kobayashi, Barbara Z. Zmudzka, Shosuke Ito, Kazumasa Wakamatsu, Yuji Yamaguchi, Katalin S. Korossy, Sharon A. Miller,
Janusz Z. Beer and Vincent J. Hearing.FASEBJ
17(9):1177-9
2003年(平成15年)
 
徹底した脱ステロイド 中止後数か月で軽快
佐藤 健二
Japan Medicine (新聞) 私の工夫−診療へのヒント−第12回
7
2003年(平成15年)
 
The Inhibitory Effect of Androgen and Sex Hormone-Bindeng Globulin on the Inttracellular cAMP Level and Tyrosinase Activity of Normal Human Melanocytes.
T Tadokoro, F Rouzaud,V J Hearing,K Yoshikawa and S Itami
Pigment Cell Res
16:190-197
2003年(平成15年)
 
In vivo cooperation between Bcl-xL and the phosphoinositide 3-kinase-Akt signaling pathway for the protection of epidermal keratinocytes from apoptosis
JIRO UMEDA, SHIGETOSHI SANO, KAZUHIKO KOGAWA, NOBORU MOTOYAMA, KUNIHIKO YOSHIKAWA, SATOSHI ITAMI, GEN KONDOH, TAKESHI WATANABE, AND JUNJI TAKEDA
The FASEB Journal
17:610-620
2003年(平成15年)
 
Chapter 46: Skin grafting: surgical technique.
Yamaguchi Y, Itami S, Yoshikawa K.
Wound healing (textbook)
 
2003年(平成15年)
 
結節性硬化症(TSC1)の一例
金田真理 今井克美 平山榕子 樋野輿夫 板見 智 吉川邦彦
家族性腫瘍
第3巻第一号
2003年(平成15年)
 
結節性硬化症
金田 真理
最新皮膚科学体系
11巻
2003年(平成15年)
 
アトピー性皮膚炎 こころのケア
羽白  誠
綜合臨牀
52:480-482
2003年(平成15年)
 
糖尿病性足病変患者の生命予後−自験例140例の臨床像と予後因子の統計的検討−
宮島  進  西野  洋  澤田 由佳  岡田奈津子  松下 哲也
日本皮膚科学会雑誌
113(2):135-144
2003年(平成15年)
 
緑膿菌性毛包炎の4例
荒木 祥子  猿喰 浩子  井上千津子
皮膚の科学
1:404-407
2003年(平成15年)
 
成人型アトピー性皮膚炎患者における高ナトリウム血症下での抗利尿ホルモン異常高値
佐藤 健二  駒谷麻衣子  橋本久仁彦  古賀 正史
皮膚科の臨床
44: 1547-1551
2003年(平成15年)
 
突発難聴を含む多彩な症状を呈した伝染性紅斑の家族例
矢野登志恵  大前あゆみ  井上千津子
皮膚科の臨床
45:379-381
2003年(平成15年)
 
経過中著明な伝導障害を合併したサルコイドーシスの一例
宮島  進  西野  洋  伊藤 由佳  岡田奈津子
皮膚科の臨床印刷中
2003年(平成15年)
 
インターネットを利用した皮膚疾患患者会の運営
東山真里  西田健樹  吉川邦彦
皮膚科診療プラクティス
14巻
2003年(平成15年)
 
病理組織データベース
西田健樹
皮膚科診療プラクティス
14巻
2003年(平成15年)
 
壊疸性濃皮症
池上 隆太  撫養 宗信 (東大阪市立総合病院皮膚科)  園田 早苗 (市立池田病院皮膚科)
皮膚病診療
25(4):439-442
2003年(平成15年)
 
ムチランス型の関節炎を呈した乾癬性関節炎の1例
谷垣 武彦
臨床皮膚科
57
2003年(平成15年)
 
蜂窩織炎を併発し急速に多発した尋常性膿瘡の1例
山本 隆之  森田 博子  梅田 二郎  調  裕次
臨床皮膚科
平成15年8月掲載予定
2003年(平成15年)
 
高カルシウム血症をきたした頬部有棘細胞癌
澤田 由佳  西野  洋  宮島  進  岡田奈津子
臨床皮膚科印刷中
 
2003年(平成15年)